2010年03月23日

旬のクリスマスローズ1

山の庭ではクリスマスローズがやっと旬を迎えたところ。
地味で目立たない一角が、この時期だけは賑やか。
オリエンタリス系は土地や気候によく合っているのか、すくすく育っているが、
他の品種はイマイチ今年の咲きがよくない。

まずは山の庭のクリスマスローズの親たちから。
親たち

親株1

親株2

親株3
この株は元気がなくて花立ちがとても悪かったのが心配。
今年は種子を持たせないようにしてみよう。

実生苗も次々と咲き出している。
クリスマスローズ1

クリスマスローズ2

クリスマスローズ3

クリスマスローズ4

クリスマスローズ5
親に似た子ばかりだけれど、少しずつ個性を主張しているようで微笑ましい。

ひ弱な花茎をやっと一本伸ばした子たちもたくさん。
初めて花をつけた株
兄さん姉さんたちに混ざって必死に背伸びをしている姿が愛しくて、
「頑張ってね!」と声を掛けたくなる。
成長して大株になった君たちを、早く見たいと思う。
posted by けい at 11:36| 奈良 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
林の中のクリスマスローズ
理想的な環境ですね。
けいさんのところは赤系、紫系が多いいのでしょうか
これに原種もあるのでしたよね。
ステルニーは寒さに弱かったようで
上部が花を付けたまま枯れてしまいました。
花を付け出した子の下にまた新しい芽が
ずっと続いて行くクリスマスローズエリアで
来年が楽しみですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年03月23日 21:51
こんばんは
見事なクリスマスローズの林ですね。
今年咲きだした子のそばに
また小さい苗ができていて来年が
そしてさ来年が楽しみですね。
原種もいろいろありましたね。
白系は少ないですか
赤系と紫系の子供たちが
たくさん育っていますね。
我が家も今年初めて新芽が出てきました。
育ってくれるのを楽しみにしています。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年03月23日 22:44
連休は野迫川でお過ごしでしたか。
クリスマスローズ、沢山咲きましたね。
花が開いてから散るまで長い間花を見られますね。

私も昨年からクリスマスローズの仲間入りをしまいしたが、
俯き加減に咲くので、撮影が難しいですね。

種でも増えるのですか。
交配して親と違った花も咲くのでしょうか。
Posted by sakko at 2010年03月24日 01:29
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

昨夜は素直に表示してくれなかったのでしょうか?
申し訳ありません。
夜間になるとSeesaaは時々、重いことがありますね。
ブログもいろいろなところがありますけど、一長一短ですよね。

原種系は4種ほどあるんですけど、ねねまぁにゃさんのところと
同じくで、イマイチよくないんです。
白はもっとあったように思っていたのですが、こうして咲いてみると
少ないですねぇ。
赤系が多すぎるので、白を増やさないといけませんね。
Posted by けい at 2010年03月24日 07:14
☆sakkoさん、おはようございます。

4日間、野迫川でした。
お陰で山では体調がよかったのですが、街に帰るとゴホンゴホン
です。

自家交配種はやはり親の影響をかなり受けていて、親に似ない子は
なかなか育たないようです。
新品種を作り出す人は、違う系統との交配を繰り返して、長い辛抱
の時期を経ているのでしょうね。
私は辛抱強くないですから、「なんだ、親に似た子か・・・」
の口なんです。(笑)
Posted by けい at 2010年03月24日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック