2010年03月25日

きのこ植菌最終章

今年はどうも春の訪れが早いような気がする。
気持ちを急かされるように植菌に精出してきた。
今春の植菌はこれで最終になる。
続けてもう一度、と言われても断固パスしたいぐらい、この最終章がまた
きつかった!
前回残したたった一本なのに、これが言うことを聞いてくれなくて、参った
のなんの。
植菌一日目1

今回の強い味方は手回しウィンチ。
前回の電動ウィンチは60キロまでだったが、これはかなり大丈夫。
・・・のはずだった。
植菌一日目2
それが、支柱の短管が曲がってしまうほどの生木の重さだった。
今回は私を案じながらkiiさんが川原で走り回り、ウィンチも動かしてだった
から、さぞきつかったことだろう。
私は上で丸太を誘導してロープから外す。
道具が力仕事の大方をしてくれるとは言え、これも体力の要る作業である。
この日は敷地内に運び込むだけで、二人ともヘロヘロになってしまった。
植菌一日目3

二日目(土)は午後から剣呑な天気予報。
なんとかそれまでに植菌を片付けたいと、朝食もそこそこで外に飛び出す。
植菌場までホダ木を運び入れる。
植菌場
元口が30センチもある生木だもの、重いはずだよね。
元口30センチ
これが一番てこずったホダ木。

今日の予定はひらたけとなめこ。
種駒
早く、早く・・・。
ひらたけ完了
ヒラタケ完了。

「風がでてきたね」「昼ごはんを遅らせてやってしまおうよ」

ガンバ、ガンバ、急げ、急げ!
なめこも完了
なめこも完了。

覆いを被せて、周囲を囲んで、たっぷりの水を撒いた頃には風がかなりきつく
なってきた。
嵐の前になんとか植菌最終章が完了したのである。
お疲れ様!!
posted by けい at 09:00| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
この1本からこんなにたくさんの
ホダ木が取れたのですか?
たった二人でずいぶんな仕事量でしたね。
立派なホダ木ですから良いキノコが出るでしょうね。
昨秋はけいさんの美味しそうなキノコに
触発されて休日ごとにキノコを買いに出かけていました。
そろそろシイタケの肉厚なのが出てきそうですね。
最近、けいさんのナメコみたいに大きく育てたものが
スーパーに出てきています。
美味しさがわかって商品化されたのでしょうか。
夏に川遊びしたり、蛍を楽しむ川ですよね。
きれいな流れがそばにあっていいですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年03月25日 19:44
雨が続いていますね。明日はやっと晴れそうですが寒くなるという予報です。

えらい力仕事ですね。
幹の太さから見て凄く重いだろうなと思います。
今の私には写真を見ているだけで膝が痛くなりそうです。

けいさんはどうもならなかったですか。
生木ってほんとに重いですね。
それも坂道を持ち運んで、それから植菌ですものね。

ガンバ、ガンバ、急げ、急げ・・・・
東南の方から風に乗って聞こえて来ていましたよ
あれはけいさんの声だったのですね。
Posted by sakko at 2010年03月26日 00:25
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

4枚目の写真が今回の木の分なんです。
前回の上に積み上げて、今は寝かせてあります。
一ヶ月ほどしたらホダ木場までまた運び上げるのですけど、
それがおおごとです。
きのこも住まうようになれば安定して収穫できるのでしょうが、
週末だけではかなり無理がありますね。

この川、この辺りはほどよい水量に見えるでしょう?
今日アップしますけど、うちの前は少しきついかも。
上流に別荘地がありますから、見えないものも流れていますけど、
数が少ないですから、汚れも違いますよね。
Posted by けい at 2010年03月26日 06:07
☆sakkoさん、おはようございます。

村の知人の奥方たちや、別荘地の女性たちもこんなことは
しませんね。
「こんなこと自分でできるやろ?」と思うようなことでも
してません。
だからか、」私は「異常や」とか「妖怪だ」と思われてますよ。(笑)
華奢じゃこんなことはやれませんよね。
お陰さまで、腕っ節は相当強くなりましたけど、力こぶを
自慢には出来ませんね。

きのこの植菌が済んでホッとしています。
今年は2000個と少なかったですし、このぐらいの量が
一番楽かも。
さて春本番前の苗木の移植作業が待ってます。
ブルーベリーにスモモ、梅、ラズベリーやグスベリ、椿や
いろいろ。
できればこの週末には片付けたいものですが。
Posted by けい at 2010年03月26日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック