2010年03月25日

洗面所の床を作る

雨が降っても出来ることがあるのは、いいことなのかそれとも・・・。
本でも読んで或いは映画でも観て、少しゆっくりしたいと思いながら、根が
貧乏性なのでつい動いてしまう。
屋根があるということはありがたいことです。
開拓三期ぐらいまでは雨が降ったらお手上げ、なす術なく空を見上げていた
ものだった。

洗面所の床作りはゴソゴソと時間を作っては続いていた。
これはkiiさんが傷だらけの携帯で撮ったひどい画像だが。
基礎部分
基礎の上に大引を乗せる。

下張りと仕上げ張り
大引の上に38ミリ厚のコンテナ材を下張りし、その上にもう一枚仕上げ張り
をするのはリビングキッチンの仕様と同じ。

洗面所の床張りが完成。
床張り完了
浴室入り口前の床を一部欠いてあるのは、この部分をタイル或いは石の
仕上げにして、防湿防腐を図ろうという意図である。

次週は左部分(浴室)内部の道具類を全部引き出し、浴室に土間コンクリート
を打つ。
そして、浴室と洗面所を納屋ができるまでの器械道具類収納に利用しようと
いうのである。
移動が大変だけれど、今のところこれがベストだと思うし、仕方がない。


洗面所の床が出来上がって一番嬉しいのが、流し台下部に置いてあった、
溶接機、発電機、電動ろくろや各種電動工具類を運べたこと。
流し台下

鍋やボウル、ザルや各種調理器具を仕舞える場所がやっと出来たのだ。
フルオープンの流し台下部は使い勝手がいい!!
扉は不要としたけれど、さてカーテンが必要か、当分このままで使おうか。
流し台下
まずは叩き台として置いてみたけれど、kiiさんが釣りに行っている間中、
あっちへ動かしこっちへやりを繰り返し、まだまだ継続中である。
アイデアがいろいろ生まれてきて、それが進化するのがじつに面白い!!
このときが、一番楽しいんだものね...。
ラベル:洗面所 流し台
posted by けい at 21:00| 奈良 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カーテンをつけてもしゃれてるけれど・・・目隠ししちゃうと、多少雑多でもいいか、ってなるので、お片づけ上手な人はこのままでも大丈夫よね。
私は・・・絶対目隠しが必要だけど(苦笑)
調理器具の置き場所は、一度決めたらなかなか動かせないものだけど、最初のうちはあちこちをのぞいて「どこにしまったっけ」ってなりますよね?
Posted by ann at 2010年03月26日 06:35
☆annさん、おはようございます

私も片付けは下手なんですけど、このままですと使い勝手が
いいですねぇ。
どこに何があるか、一目瞭然だもの。
今はあちこちへ移動させながらなので、ウロウロしてますけど、
それぞれが落ち着くところへ落ち着いたら、スッキリになるかな。
でね、結局このまま使っていたりして...。(笑)

棚は有り合わせのとりあえずの物なんですけど、そのうちきちんと
作るつもり。
誰が?って、私はannさんみたいに器用に作れないので、誰かさんが。(笑)
Posted by けい at 2010年03月26日 08:38
冷たい雨の日の作業。
屋根のある場所とはいえ、手足が冷えたでしょうね。お疲れ様でした。
フルオープンの流し下が、なんとも懐かしいです。
システムキッチンが我が国に流行る以前は、こういうスタイルの流し下が多かったですよね。
農家だった父の実家も、確かそうだったし、初期のサザエさんちも、そうだったような記憶が・・・。
ひんぱんに出し入れする物が多いのなら、フルオープンのまま、レトロな感じがいいなぁ〜〜〜って思いますが、
ホコリが入っちゃうかしら。
むむむ。考えどころですね。

ところで、前の記事のキノコの植菌。
根元の方の、太いほだ木を運ぶのは、ホント、泣きますね。
ヒラタケのコマの袋の絵が、笑えました。「これ、ヒラタケやないや〜〜〜ん」って。
それに、キノコの笠が、キラリと光ってるのも、なんだか可笑しくて楽しいですね。
Posted by ちほあるいははるの at 2010年03月26日 19:57
こんばんは
流し台下 使い勝手が良さそうです。
まぁにゃには理想です。
いちいち扉を開けたり閉めたりが苦手です。
それでついつい籠にポイポイと
(片づけが苦手ということなのですが)
お皿などもお料理屋さんみたいに
(今は許可されないそうですが)
棚にオープンで並べておけたらと
考えていました。
まぁにゃの片づけ下手を見抜かれて
すべて却下されてしまいました。
とりあえず扉で隠してしまおうというわけで
見に来た友いわくものが多すぎる
それももっとも自覚はしています。
シンプルが1番、でもあれもこれも捨てられない
使わないものは捨てる、そして買わない
わかっていてもできないことってありますよね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年03月26日 20:23
お早うございます
今朝はマイナスのおんどです。
えらい霜でした。
いつも、野迫川はもっと寒いだろうなと思います。

室内の作業は寒くてもはかどっていますね。
道具の移動が大変ですね。

台所を改善してからもう5年ですが
時々探し物のとき古い台所の時、置いていた場所が
浮かんできます。 いまだに探し物が多いsakkoです

お鍋やお皿の定位置を決めるのは楽しいですね。
あっちへ置いたりこっちへ置いてみたり
時間が幾ら有っても足りないくらいですね。
「見える収納」いいですね。
Posted by sakko at 2010年03月27日 07:17
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

自分で作る台所はとにかくフルオープンに・・・と考えてました。
何処に何があるか、把握できますものね。
片付けベタなんですけど、オープンですと定期的に片付けなきゃ
ならないから、かえっていいかも、なんて。
今のところは・・・使い勝手はいいですねぇ。
流し台下も化粧のタイルを張ろうかと思っていたんですが、まぁいいか!!
でね、ほんとレトロですね。(笑)

ヒラタケの絵ね、あれ椎茸の流用ですよね。
傘のキラリには私も笑いました♪
ホダ木の太いのは重いから参りますよね。
平坦な場所ではないので掛かる重さも半端ではなくて、腰が痛くて痛くて。
長らくおばぁさん歩きをしてました。
Posted by けい at 2010年03月30日 09:45
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

カメレスでごめんなさい。

使い勝手、ほんとうにいいんですよ!
もっとも、いろいろ動かして「ああでもない、こうでもない」
を繰り返してますけど。(笑)
扉は要らないなぁ・・・とつくづく。
私の場合、片付けは苦手というより嫌いかもしれません。
でね、オープンですと片付けなければ仕方がないところもあり、
それで片付ける気になる。
そういうわけで、食器棚以外はフルオープン仕様になってしまいました。
扉があると逆に何でも入れて何でも溜め込む傾向があるんですもの。
アッ、こんなものまであったんだ・・・なんて吃驚します。(笑)

台所って物が多いですよね。
それも女性にとっては楽しみの一つですし。
Posted by けい at 2010年03月30日 09:53
☆sakkoさん、おはようございます。

野迫川も寒かったですよ。
じつは・・・雪も降りました。(笑)

台所の使い勝手がよくなると、嬉しいですよね!!
フルオープンは最初はどうかなと思ったのですが、今は
正解だったかなと思います。
死蔵物を作らない意識を向上させるのには役立ちそうです。
必要なものしかなければ、後に残されたものが始末に難儀
しることも少なくなりますし。
そういえば、クローゼットの中身も何とかしなくては...。
Posted by けい at 2010年03月30日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック