2010年04月02日

花見は梅で

町は桜が盛りで、この週末は花見で賑わいそうだが、山の庭ではようやく梅が
一部を残して満開になった。
桜の下で宴ができるのはまだ先のことになる。

「白加賀」
昨年、雪折れの杉に押し倒された株以外は、三株ともとても元気がいい。
白加賀

白加賀

「豊後」
淡いピンクが可愛いくて好きだけれど、今年はかなり白っぽい気がする。
豊後
思うようには、なかなか大きくならない。

「藤五郎」
勢いが良くなってきたので楽しみだが、花が小振りということは実も小さめ??
藤五郎

藤五郎
どんどん大きくなぁれ!!

八つ房はまだこんな様子。
八つ房

青軸や藤田梅、鶯宿など咲かない梅もあるが、それでも苗木自体はしっかり
としてきたので楽しみである。
小梅が一本倒れたし・・・と呟いたら、「今年は南高梅を植えたし、全部で
15株あるでしょ? 梅はもう要らないと思うよ」と釘を刺された。
ウ〜〜ン、見透かされていたか。
posted by けい at 08:00| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん、こんにちは!
ああっ、そうですよね、野迫川はまだ梅の花・・・ですよね!
良かった、やっぱり野迫川は寒いです(笑)。
東京ではよくやく桜が満開になりました。
昨日はやっと少し暖かくなりましたが、風が急に強くなって。
十勝では梅も桜も5月。
今年は2回桜が見れるので楽しみです。
梅は花もきれいだし、実もいろいろ使えて楽しいですよね。
私も去年梅の苗木を1本植えました。
今年はもっとたくさん植えなきゃ。
15本くらいじゃまだまだ欲しくなりますよね!(笑)
Posted by みる at 2010年04月02日 10:22
☆みるさん、こんにちは。

ご心配なく。
北海道よりは少しだけ先行してますが、どちらかといえば
お仲間ですから。(笑)

東京でお花見して、十勝に帰ってまたお花見で、二度
楽しめるのも一緒ですね。
梅は花期が長いから、桜が咲く頃にまだ残っていて、桃も
その頃なので、桜・梅・桃の開花が見られるのは寒い地方
ならでは特権ですよね。
なんだか、慰めあっている気がしません??(笑)

梅は少し弱っているものもあって、交代していきたいのですが、
確かに15株も大きくなったら難儀はするかも。
紅花が欲しいし・・・。
白はこっそり挿し木しておこう。
昨年の白加賀の挿し木が鹿に蹴飛ばされて頼りないのよね。
何かいい方法を考えなくては...。
Posted by けい at 2010年04月02日 16:19
こんばんは
15本くらいと15本もじゃずいぶん違いますね。
広いところだとその感覚ですか
梅と言っても花も実もそれぞれが違いますから
確かに増えれば増えるほどほしくなる気持ちもわかります。
可愛い花ですしね。

転勤の季節ですね。

優秀な人材ほど若いうちに
動かされると聞いています。

小さい人たちには過酷ですが
きっと得るものも大きいはずです。

けいさんの遺伝子を継ぐお子たちですもの
面白がって乗り越えると第3者は考えます。

あまり心配なさりませんように
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年04月02日 20:46
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

ありがとうございます。
面白がって乗り越えてくれるとほんとうに幸せ。
その言葉に慰められて、少しホッとしています。

梅、kiiさんは恐々としているようですよ。
「増やされたらかなわん」と思っているのでしょうが、
私のことですからkiiさんには内緒にして、きっと
増やしますよね。(笑)
紅色の花が少ないので、多分その傾向で密かにね...。
Posted by けい at 2010年04月02日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック