2010年04月20日

桜・思川

待ち遠しかった思川の開花。
これは連れ合い殿の一番お気に入りの桜。
どれも好きだけれど、飛び抜けて好きなのがこの桜なのだとか。
思川

思川
「思川」の名は栃木県小山市の修道院の下を流れる思川から。
小山市の市花にもなっている。

十月桜と八重の江戸彼岸系の雑種か?といわれる種の選抜だそうだが、
両者は縁戚関係にあるというのが頷けるほど似ている。
思川

でも、思川は十月桜よりもずっと華麗な雰囲気。
10omoigawa02a.jpg

思川
八重咲きだが軽やかで、あるときは清楚に、あるときは華やかに...。

思川
天候や眺める側の気持ちによっても違うのだとは思うが、これほど表情の
異なる桜があるだろうか?

このひと株でどれほどの大場を占領していることか。
横にあって思川とせめぎ合いをしていたソメイヨシノを伐採したお陰で、
ノビノビといっそう大きくなることだろう。

幹も太くなって・・・と手のひらを当てながらふと足元を見て驚いた。
思川

なんと、可愛いこと♪
思川
ラベル: 思川
posted by けい at 15:12| 奈良 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆サクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きれいな桜ですね。
色がすこし濃いように見えます。
桜は満開の染井吉野もヨシ、枝に少しだけ咲いた十月桜もヨシ、古い大木の枝垂桜もヨシ。
そういえば私が植えた平安しだれ桜は、染井吉野とそっくりな花で、イマイチでした。
おじいちゃんのしだれ桜は色も濃く、少し早咲きで、それはキレイなんだけど。
Posted by ann at 2010年04月20日 16:17
こんにちは
根もとの桜健気ですね。
てんこ盛りの桜もいいですが
こういうのも可愛いですね。
けいさんの思川桜は天に向かって
のびのびと大きくなっているようですね。
きれいな花色の桜であでやかさと
清楚さを併せ持っているようですね。
桜はこちらと同じくらいの開花なのでしょうか。
今日の雨で山桜も散り始めています。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年04月20日 17:02
☆annさん、こんばんは

桜は、いや、植物はどれも個性的で美しいですよね♪
私が吟味して植えたものを、kiiさんはいつの間にか
自分の大好きにしてしまってね、それで私は少し引いて
しまいます。(笑)

思川は最初の蕾の段階でとっても濃いんです。
こんなんあり?というぐらい。
咲き進むと薄くなるのです。
だからいろんな変化が楽しめるのでしょうね。

おじいちゃまのしだれ桜、写真はないのでしょうか??
見たいなぁ。
Posted by けい at 2010年04月20日 20:18
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは

思川の樹冠は今ね、16畳はあるのではないかしら。
南側がソメイヨシノで押さえられていたから、これからもっと
広がるでしょうね。
ある程度まで伸びたら樹冠が広がるというから、想像するのが
恐いです。

根元の花、こんなのでよくまぁ咲くのですよね。
吃驚しました。

山桜は満開でしょうか?
野迫川ももう咲き出していますが、うちの向かいの山の桜が
周囲では最終になります。
いつ頃になるかな。
私の種まきの目安なんです。
その頃になるとカッコウの声も聞こえて、懐かしいです。
Posted by けい at 2010年04月20日 20:28
こんばんは
野迫川倶楽部の歴史を飾る名木になりそうですね。
芽吹いた幼葉が緑色をしているのが、いっそう桜色を引き立たせます。
こちらでは、特に八重系の桜が育ちません。
Posted by 南 常雄 at 2010年04月20日 22:52
野迫川は今まさに桜のシーズンですね。
桜は「ソメイヨシノ」と思っていたsakkoですが、
(実はこんなに色々な種類が有ることを知らなかったのですぅ)
今頃になって、ソメイヨシノも桜の一種だと気付きました。
桜=ソメイヨシノだったsakkoが目覚めました。

それぞれの桜にそれぞれの名前、風情ありですね。

思川その生い立ちもいいですね。
沢山の写真、どれもきれいです。
この桜が似合う
野迫川村に思いを馳せています。

太い幹に直接咲いた花を「花かんざし」というそうですが
このかんざしはちょっと下過ぎますね。
一番下の写真の2輪の花、可愛いですぅ。
Posted by sakko at 2010年04月21日 06:55
☆南さん、こんにちは

南さんも葉が緑のほうがお好みでしょうか?
私は断然緑派なんです。
白花の桜の緑葉など、もううっとりで...。(笑)
花の美しさが引き立ちますよね!!

ありがとうございます。
思川と共にある野迫川倶楽部、ほんとう、その通りですね。
Posted by けい at 2010年04月21日 16:08
☆sakkoさん、こんにちは。

桜花は清楚なものから豪華絢爛まで、いろんな種類がありますね。
植えたい桜はまだありますがでも場所の関係で数が限られるから、
そうなるとやはり思川が好きです。
あとは大島桜も...。

今頃の桜というのは関西ではあまり無いでしょう?
向かいの山の山桜がうちの周囲では一番遅い桜です。
勿論、まだ咲いていませんが。

「花かんざし」という言葉もステキですね。
根元の花を見て、小さくて可愛いのに吃驚しました。
Posted by けい at 2010年04月21日 16:18
こんばんは。はじめまして。
「思川−自然散歩−」に、コメント有難うございます。
思川、知る限りでは、全国に10数河川有ります(有りました)。
私の散歩している思川は、栃木県のほぼ中央を南流している河川です。
ご指摘の思川桜(オモイガワザクラ)、命名の基となった河川です。

奈良県で田舎暮らしをされているのですね。
羨ましいです。
私もログハウスとまでは、行かなくても小さな山小屋を造るのが夢でした。
思川の上流に建設場所は確保したのですが、草刈りに行く程度です。
病気になって早期退職、夢は実現しないでしょう。

拙いブログですが、お時間が有りましたら、また、遊びに来て下さい。
私のブログは、「とぶとぶ日記」が基本です。
また、「思川−自然写真館−」も有ります。
内容は、みな同じです。

Posted by おもいがわ at 2010年10月13日 19:56
☆おもいがわさん、おはようございます。

大好きな桜「思川」
その命名の基になった思川をフィールドにして素敵な写真を
たくさん撮られていますね。
ワクワクしながら拝見しています。

雑木が育つと蝶が増え、蝶が増えると鳥たちが多くなりました。
オオルリの声もまだ聞こえます。
鳥が多くなってから蝶は減りましたが、これは自然の摂理ですね。

コメント、嬉しかったです。
ありがとうございました!!
Posted by けい at 2010年10月14日 07:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック