2010年05月18日

ホダ木本伏せと山庭の様子

少し間隔が空いての野迫川入りは、到着して吃驚した。

山庭は木々もすっかり芽吹き、緑も濃くてしかも草だらけ。
前回とのなんという変わりようだろう。
緑も濃くて
これで草刈り&草引きという作業がまた増えるわけだ。
今年は、いや今年もかな、手抜きに徹することにしよう。

草の繁茂に驚く反面、まだ山桜が咲いているのだから、ほんと、妙な気候だ。
これが周辺では一番遅い桜になった。
山桜

側溝に土砂や草を放り込んであったという、例の事件。
側溝
綺麗に片付いていた。
これが当たり前なんだと思うけれど。
土砂を防止するために鉄板を敷くなどの処置をお願いしてあるが、なんとか
実現させていただきたいものだ。

霧の朝
霧の朝
こんな朝でも鳥たちは賑やかだ。
そうそう、ヤマガラの雛たちはもう巣立ち、巣箱はヒッソリとしていた。

今回は重労働が待っていた。
キノコのホダ木を仮伏せ場から本伏せ場まで移動させること。
重いホダ木を担いで、山道を登るつらさよ。
美味しい二年後の秋を夢見なければ、ちょっとできない仕事である。
ホダ木の本伏せ2

ホダ木の本伏せ3
暑い、きつい、しんどい・・・。
美味しい秋より、今は束の間の休息が欲しい!!
仕残しの作業を抱えているのは厭だけれど、ヘロヘロになってしまい、クリ
タケ分は次回に回して作業を強制終了させた。


このところの気温の乱高下は身体に堪えますね。
posted by けい at 16:55| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
側溝きれいになっていて良かったですね。
後はふたをしてもらえれば安心ですね。
ホダ木たいへんでしたね。
まぁにゃ子供のころに運んだ経験があるのですが
重くて大変でした。
薪と違った重さで苦労したのを覚えています。
あの頃はシイタケだけでした。
ヒラタケも作っていたようですが
どうしていたのか記憶にありません。
秋にはきのこ三昧の日々が待っていますよ。
頑張ったけいさんへのご褒美ですね。
このところの暑さはしんどいですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年05月18日 20:01
暖かくなると今度は草に悩まされますね。
山桜はまだ咲いているのですね。
さすが、野迫川村・・・。

気になっていたのですが
側溝綺麗になっていますね。
よかったです。

ヤマガラの雛は巣立って後は静か・・・・
もう初夏になりつつありますね。

ホダ木の移動、写真を見ていてしんどさが伝わってきます。
2年先が楽しみですね

今日は雨になりそうですね。
Posted by sakko at 2010年05月19日 06:46
緑豊かなログの風景、いいなあ〜〜
ホント、ナチュラルライフですね、雑草との戦いは大変だけど。
鹿よけのネットとかも。
椎茸の作業は大変なんですね、私ももらって食べるばかりじゃなく、手伝わないとなあ〜〜。
今はじーちゃん元気で一人でやってくれてるけど、そのうち私の番も回ってくるんだろうな〜。
Posted by ann at 2010年05月19日 07:16
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

側溝、お陰さまでよかったです♪
山際の部分だけ、蓋をしてもらえると、土砂が崩れこまなくて
助かるのですけど...。

きのこっって春はいろいろ作業がありますね。
美味しい秋は只では手に入らないということなんでしょうね。
ホダ木は薪のようには乾燥させませんし、重いですよね。
おまけに太いでしょ。
半端ではない重量にヘロヘロになりました。
毎年少しずつ追加していかなくてはと思っているのですが、
だんだん重荷になってきます。
Posted by けい at 2010年05月19日 08:54
☆sakkoさん、おはようございます。

最近は集中力に欠けてきて、いかに手抜きをするかばかり
考えています。(笑)
手が回りません。
仮払い機を多用しなくてはいけないかなとも思います。

側溝ね、掃除って普通はこうですよね。
ほんとうにダラね、と呆れました。

ヤマガラは孵っていたことに気付いたのが遅かったので、
そろそろ巣立ちかもとは思っていましたが、もう少し
楽しみたかった気もします。
巣箱を掃除するときに巣の形態を見るのが楽しみです。
今回は如何に外から解り難く作ってあるのか...。(笑)

きのこ、まだクリタケが残っているんですけど、暑くなると
閉口ですね。
Posted by けい at 2010年05月19日 09:03
☆annさん、おはようございます。

そうそう、annさん、お手本が身近にあるんですもの。
ご多忙でしょうけど、手ほどきを受けておけるかないかで、
ずいぶん違うと思います。
実際にお手伝いできる場があるのは羨ましいですよ。
私たちは見真似すらなくて、本を見ながら試行錯誤でしょ。
つまづくことが多すぎてね、無駄なこともたくさんしている
と思うわ。
Posted by けい at 2010年05月19日 09:11
けいさん、こんにちは!
そちらではまだ山桜が咲いているのですね!
わが家の桜もやっと満開になりました。
シイタケのホダ木の本伏せ・・・ようやくその言葉の意味がわかるようになりました!
私もついにシイタケの菌をホダ木に打ち込んでみたのですよ、まだ仮伏せです。
最初はお試しなので、ほんの3本ですけれど(笑)
来年から本格的にやってみます。
なめこやヒラタケなんかも育てられたらいいな。
けいさんのようにはやくなりたいです。
↓ヤマガラちゃんも元気に巣立ったのですね!
良かった、ホッと一安心ですね。
そして鹿にはビックリ!
スズランを食べるのですねー、恐るべし!!
Posted by みる at 2010年05月19日 15:51
☆みるさん、こんにちは。

ようやく十勝も春本番ですね♪
気持ちが弾むでしょう!?
野迫川はひと足お先に雑草の季節がやってきました。

きのこね、美味しい秋を体験するための厳しい試練です。(笑)
美味しいものはじっとしていても手に入らない。
というのを実践しているんですよね。
これかなり負け惜しみですよ。

北海道の鹿はスズランを食べるのかどうか、今はそれがかなり
気になっています。
毒、ですよねぇ。
Posted by けい at 2010年05月20日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック