2010年05月25日

ツツジが花盛り

シロヤシオ(ゴヨウツツジ)、モチツツジ、ヤマツツジなど。

ツツジは自生種以外は無いし、皐月にいたっては皆無の山の庭である。
皐月は嫌いではないが、手入れが難しいという先入観から入り込めない。
要するに臆病...。

「シロヤシオ」(別名ゴヨウツツジ)
「花芽が付いていないね。咲かない気なんだ...」と厭言を言っていたら。
シロヤシオ
萼片にある緑色の斑点がステキでしょ。
シロヤシオ
「少しでも咲いておかないと、ここの庭主は短気で困るのよね...」と言った
か言わないか...。

「モチツツジ」(餅躑躅/別名イワツツジ)
山道を走ると少しずつ時期をずらしてツツジが咲いていて、その美しさに
ハッとさせられる。
少し前まではミツバツツジだったが、今はモチツツジ。
モチツツジ
新芽や萼、花柄に粘りがあるところから名がある。
個体によって花色には濃淡がある。

モチツツジ

モチツツジ
このつつじの色が昨年は出ず、ほとんどが淡かったのを思い出す。

「ツツジ白花」
ツツジ白花

ツツジ白花
品種は不明。

「ヤマツツジ」は今年どの株もご機嫌ななめ。
ヤマツツジ
三株が枯れてしまった。

そういえばヒカゲツツジも今年は弱っていて、花を見ることができなかった。
posted by けい at 20:29| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
今回の気圧の変動は
頭痛でなく睡魔になっています。
こんなこと初めてで少々戸惑っています。
ツツジ 自生種でもたくさん種類があるのですね。
モチツツジはきっと我が家の花弁が裂けたのと同じタイプ
なのでしょうね。
シロヤシオやムラサキヤシオは枯れてしまいましたが
少し標高が足りないせいかと考えています。
ツツジの花など美味しいでしょうが
シカさんは食べないのですね。
自生のものはあきてしまったのかな?
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年05月25日 22:08
☆ねねまぁにゃさん、こんにちは。

ずっと蹴られていて書き込みができませんでした。

鹿ね、ホント、不思議です。
自生種はあまり食べてないですよね。
縄張り宣言、通り道の目印?でボキボキ折られているけれど、
食べられてはいないんです。
カミキリムシも持ち込んだ木に多く棲みつくみたいですし。
自生種主体にすればいいのかもしれないけれど、それでは
庭としては寂しいものがあって。。。
奥山では自生種を食害していることを考えると、園芸種を優先
するけれど、なければ自生種にも食指を伸ばすということでしょうか。

自生としてはツツジとクロモジが一番多いんですよ。
ツツジはミツバツツジとモチツツジが多いかな。
ネバネバするのでモチツツジは苦手だったのですが、
最近は可愛いなと思うようになりました。
花弁が細く裂けたあの品種は珍しいですよね。
見たことが無かったです。
シロヤシオも少しずつやっと咲くようになりましたが、
アカヤシオというのもとても綺麗ですよね。
まだ見たことがないんです。
ムラサキヤシオも拝見したかったです。
Posted by けい at 2010年05月26日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック