2010年06月10日

ガマズミ属たち

オオデマリ、テマリカンボク、ガマズミ、ヤブデマリなど、庭中を真っ白に染め
て咲き誇るガマズミ属を。

「オオデマリ」〈大手毬/別名テマリバナ)
「ケナシヤブデマリ(ヒロハヤブデマリ)」の近縁の園芸種ではないかと
いわれている。
オオデマリ

オオデマリ
場所取りで困っているけれど、この季節はやはり豪快に咲く姿を見るのも
楽しい。

豪快といえば、この木。
「テマリカンボク」(手毬肝木)
日本原産で、装飾花が手毬のように集まって咲くのでテマリカンボクの名
がある。
テマリはオオデマリよりもずっと大きい。
テマリカンボク
この咲き方はどうでしょう。
テマリカンボク
「重すぎて、もうたまらん」と悲鳴を上げているような。
多分今頃は真っ白になっているでしょうね。
テマリカンボク
右奥に見えるのが上記のオオデマリ。

このテマリカンボクの脇にもスモークツリーが一株あり、これが切っても
切っても激しく伸びる困りもの。
「何とかしなさいよ!」といわれてもね、私は途方に暮れている。

じつはこのエリアにはもう一種仲間の木があった。
「西洋テマリカンボク」(西洋手毬肝木・洋種カンボク/別名スノーボール)
オオデマリよりも葉や花が少し小型。
樹姿がすっきりしているので大好き。
カミキリムシに食害されて枯れてしまったが小さな挿し木が三本、何とか
根付いて成長中。
花咲く日を楽しみにしている。

ガマズミは幾らでも増える難儀な木。
秋の実の美しさと、鳥たちが喜ぶので置いてあるけれど、何本もは不要だと
なるべく切るようにしている。
ガマズミ

ガマズミは切るのにどうして「ヤブデマリ」は大事にするのと聞かれると
困るけれど。。。(笑)
ヤブデマリ
小さな両性花の周りを5裂した装飾花が囲む。
まるで真っ白な蝶が木を覆っているような雰囲気でしょ。
ヤブデマリ

ログから眺めると...。
白いのがヤブデマリ

そういえば風鈴ガマズミを撮るのを忘れていた。
最近撮り忘れが多いなぁ。
posted by けい at 09:59| 奈良 | Comment(4) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山の緑に白は、フレッシュで素敵♪
オオデマリもテマリカンボクも迫力があるけれど、背景に溶け込んで見えます。

↓いかにも山の生活。イイなぁ。
干物を作ったり、お洗濯も山ですると楽しそう。
でも、草刈りは大変ですね。
霧が出ると、深山幽谷の趣き。
写真からもひんやりする空気が伝わってきます。

Posted by モモカナール at 2010年06月10日 11:43
☆モモカナールさん、こんにちは。

白い花って緑に映えるわよね。
それぞれがもうかなり大きいですから、迫力ありますよ。
つい切るのが惜しくてね、切りそびれてはエライことになって
慌てるのよ。(笑)

ヒモノはいずれアマゴや岩魚が目標だけれど、干物にするほど
釣れるなんて甘い考えでしょうね。
でも、釣らなきゃならないという意識を植え付けておかなきゃ。(笑)

洗濯は水道代を気にしなくてもいいから余計に楽しいのかも。
その代わり、雨が降った土砂が流れたとメンテナンスは自分に掛かって
きますけど。

朝晩は寒いのに、草はイッチョマエに伸びるのよね。
草引きも一日ならこなせるけど、連日となると憂鬱になってきます。
飽き性なのかな。
Posted by けい at 2010年06月10日 14:10
こんばんは
山の庭ならではの贅沢ですね。
どの花も素敵です。
オオデマリは大きくなりすぎて
切り詰めたらみっともなくなってしまい
とうとう抜いてしまいました。
でも白い花は大好きです。
場所があれば何でも植えて
おきたいですね。
ガマズミは小鳥さんのプレゼントが
今年咲いていました。
今日アンさんとスパちゃんを送りだしました。
明日の午前中に着くそうです。
お手数ですが出迎えてください。
箱ばかりが大きいですが
中は15センチサイズです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年06月10日 19:09
☆まぁにゃさん、こんばんは。

ご心配、ご迷惑をお掛けいたしました。
思いがけない予定変更で、kiiさんが心からのお詫びを申しております。

オオデマリって大きくなるんですよね。
吃驚しました。
今畳6枚分ぐらい占領していますよ。
邪魔で、私もブツブツ切り詰めています。
Posted by けい at 2010年06月16日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック