2010年07月06日

蛍、オオルリ、モリアオガエル

雨が一休みした夜、蛍を探してそぞろ歩く。
我が家の前は、まだチラリと飛び出したところだった。

灯りを消した車がソロリソロリと近づいてくるので、「何ものぞ!」と身構えたら
村の知人夫婦。
蛍の様子はどうかと出てきたらしい。

同じく町から野迫川に通っていた十数年来の友人の所が、車で数分のところ
にあり、川の出合いになっているせいか、いつもそこは蛍がたくさん舞う。
友人夫婦は留守だが、そこまで行こうということになった。
群れ飛ぶ蛍に大きな歓声を上げる!!
(小さく点々としか写っていないけれど)
蛍の川
最近は夫人が調子を崩されていてあまりお目にかかれないのだが、逢えば
酒を酌み交わして話に花が咲き、ほんとうにいい連れなのだ。
彼女が元気だった頃は此処でオンザロック片手に蛍を楽しんだものだった。
元気になられるのを心から願っている。

ホタルブクロ
ホタルブクロに蛍を放して。。。
蛍の光
けい@イラチは、今回はゆっくりじっくり写真を撮る根気に欠けていた。

スイカズラが咲きホタルブクロが花開く時期に蛍は舞いはじめる。
スイカズラのいい香りが漂う中をそぞろ歩くひと時の、なんと満ち足りた
気分であることか。
スイカズラ

朝のコーヒータイムのガラス越し。
庭を飛び回るオオルリさんの姿はボケてしまった。
オオルリ

ログ前の小さな池が過剰になると、一番下段の何故か水が抜けない溜まり
に、数年前からモリアオガエルが移動する。
今回も卵塊が一つ。
此処は小さい溜まりだから、いつもせいぜい一つか二つ。
うまみがないのかイモリ(アカハラ)も近寄らないという安全地帯。
モリアオガエルの卵塊
傍らの山桜やウワミズザクラの枝でモリアオガエルが鳴いている。
草を引きながら思う。
頭の上で蛙の声がするって、ほんと変な気分だわ!
posted by けい at 18:45| 奈良 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が里山も、季節になると蛍が舞うらしいのですが
日中に作業して夕方帰る
というパターンなので、いまだに蛍の舞を見たことがありません。
また、見たとしても、車で帰らなきゃならないから、お酒を楽しみながら・・・
というのは無理ですねぇ。
やはり、家がある人の特権ですね。なんともウラヤマシイ。

オオルリが飛び回り、ホタルが舞う。
野迫川も、夏の始まりですね。
こちらでは、田んぼの畦を歩くと、トノサマガエルがピョンピョン田んぼに逃げ込む季節となりました。
足元から逃げるカエルは我慢できるけど、
頭の上で鳴くカエルは・・・
(基本的にカエルは一番の苦手なので)多分、頭の上に落ちてくるのでは
とビビッてしまい
そそくさと逃げてしまうでしょう。私が。
Posted by ちほあるいははるの at 2010年07月06日 20:46
こんばんは
今年もホタルブクロ入り蛍ですね。
素敵です。
このアイデアいただきます。
明日のウォーキングはホタルブクロと
カメラ持参で出かけます。
今白花は咲き終わってしまいましたが
ピンクもOKですよね。
スイカズラ今ですか
大好きです。
オオルリさんきれいですね。
モリアオガエルと両方とも
テレビの世界です。
頭上から降ってくるのは
蝉の声ならぬカエルの声ですか
不思議な世界ですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年07月06日 20:51
☆ちほあるいははるのさん、こんばんは。

蛍が舞う時間は、いつもですともう沈没しているのですが、
一晩ぐらいは蛍も愛でなくてはと半分眠りながら。。。(笑)
今週末ぐらいがうちの辺りは旬かもです。

夜がゆっくり出来ないとせっかくの蛍も楽しめませんよね。
ちほさんの所も飛ぶということですのに、残念ですね。

オオルリに蛍、もうすぐヒグラシが賑やかになります。
朝はオオルリとヒグラシに起こされるようになりますけど、
そういうときが一番幸せを感じます。

カエルって普通は足元に居るでしょう?
モリアオさんは樹上が住処なんですから、鳴き声が降って
くるというのは妙な具合です。
私はカエルよりヘビのほうが苦手かな。
Posted by けい at 2010年07月06日 23:11
☆まぁにゃさん、こんばんは。

今年は白も紅花も試そうと思っていたのですが、どうも雑草と一緒に
抜きすぎたらしくって...。(笑)
紅花の蛍入りはどんな雰囲気になるか、是非撮ってくださいね。
楽しみにしています。

決まったように蛍の舞う頃になると香りが漂い出すのですから、
不思議ですよね。
私もスイカズラは大好きなんです。
今年はうまく撮れていません。
撮れていないといえばオオルリはメチャボケでお恥ずかしい。
ゆっくり粘れないから最近こんなのばかりです。(笑)
Posted by けい at 2010年07月06日 23:17
一寸蛍を見に行く・・・・・
いいですねぇ
我が田原本町にはもうそんなところはありません。
遠い昔の物語ですよ。
ほうき草をもって、蛍を取りに行ったこと
かすかな記憶があります。
その川で蜆を取った事も・・・・
こんなに汚してしまった野や川を、元の戻して
子供たちに受け継がすことは出来ないのでしょうか
まだまだ昔のままの自然が残っている野迫川、いいところですね。
Posted by sakko at 2010年07月07日 21:13
☆sakkoさん、こんばんは。

蛍って郷愁がありますよね。
ほうき草をもって、蛍を取りにという体験はないのですが、
亡母の昔語りには蛍が登場しましたから、私にも郷愁です。
蜆も、ですか!?
今では考えられないですよね。

蛍は今週末がうちの前は旬かなぁ・・・。
もう少しの時間は楽しめるかもです。
Posted by けい at 2010年07月10日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック