2010年07月15日

床板張りフィニッシュへ

私は山暮らし、kiiさんは山と町を行ったり来たり。。。そんな生活が
続いている。
草引きをしたいと思えど雨ばかり。それも激しい土砂降りばかり。
土砂降り
雨は激しく降ると白いのだと、改めて知った。

ログ前の池に打ち付けるような雨が。
ログ前の小池

道路の向こうのいつもは静かなせせらぎも、ゴウゴウと音を立てている。
道路の向こうの小さな渓流
4日間雨に降り込められて、私はほとんど仕事が出来なかった。

山暮らしの日のkiiさんはとにかく走っている。
床板張りの残り部分、これはログ室内南側。
床板張りログ南側

南側部分完成。
床板張りログ南側完成

毎度おなじみの荷物の移動。
本はジャンル別に仕分けしてあったが、数度の移動で何が何だが判らなく
なってしまった。
チェストがやっと所定の場所に納まった。
チェスト
チェスト右側の壁面はまだ仕上がっていない。

床板張りログ北側。
いよいよ難関。
床板張りログ北側
今まで利用してきた階段をまだ暫時外せないから頭を捻った様子。
床板張りログ北側
浮かし階段でクリアーする。

床板張りログ北側も完成
床板張りログ北側完成。やっとフィニッシュ、オメデトウ!!

軽く乾杯して次なる作業へと進むkiiさん。
ロフトの吹き抜け部分が開口しはじめた。
まずは階段部分から。
階段部分が開口

ロフトから見るとこんな感じ。
奥の空間が階段部分。
ロフトから階段部分を見る
仮の階段から本階段へ、素人にとってはいよいよ最大の難関、回り階段を
如何に上手く作り上げられるか。
乞う、ご期待!!
ラベル:床板 階段 大雨
posted by けい at 20:44| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りなさい
野迫川は土砂降りだったのですか
こちらは今年は追いかけるような白い雨はありません。
強い雨の様子が画面から感じられます。
kiiさんの仕事は順調?に進んでいますね。
あまりにスケールが大きすぎて
見当がつきません。
仕上がりを見せてもらえるのを楽しみにしています。
時間に追われていますが、あまり無理しないでくださいね。
早く梅雨が明けるといいですね。
でもますます忙しくなる・・・
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年07月15日 21:12
梅雨の雨とは思われない降り方ですね。
kiiさん頑張っておられますね。
外は雨でも内仕事で、どんどん出来上がってきましたね。
次は難しい回り階段ですね。
UP,期待しています。

今日は雨上りに裏の花畑の草を引いていて
薄暗くなりかけた頃、コロと畑に行ったのですが
囲いは破られてなさそうなのですか
トウモロコシの実がなくなっています。
皮を剥いて食べた形跡がありませんが、
草を踏みつけたあとがあります。
アライグマがもって帰って食べた?
人間ではないのは確かなのですが・・・・
モグラが自分の穴に運んだ?
これも変ですね。明日、詳しく調べようと思っています。

Posted by sakko at 2010年07月16日 01:12
☆まぁにゃさん、おはようございます。

ずっと激しい雨で、カビが生えそうですよ。(笑)
気象情報で土砂崩れの危険が。。。と野迫川村が出てきたぐらい。
少しでも晴れ間を見ては外仕事をしようと思うのですが、すぐに雨。
山の雨はこの時期でも冷たいです。
お陰で喉の古傷が疼いてます。

kiiさんは頑張っているでしょう?
追われる内部仕事が満載で息つく暇なく走っています。
階段から書棚作りまで、一気に進めたいようですが、電動工具を多く
使うものですからハラハラ。
道具の音を聞く度に「怪我をしないで!」と叫んでます。
Posted by けい at 2010年07月16日 04:07
☆sakkoさん、おはようございます。

周辺では土砂崩れの危険性も出ているらしく、電気や土木関係の
見回りの車が頻繁に走っていました。
しかし凄い雨で、外になどまったく出られない状況で、どうして
大阪に帰ると晴れるのかなぁ。
精進が悪い?
仕方なく監督&助手をしながらkiiさんのお尻を叩いてます。(笑)

トウモロコシですか。
やっぱり何ものかが来るんですねぇ。
動物の足跡?
人でないのがまだ気分的には救われますけど、それでも悔しいですね。
うちのジャガイモもアライグマかなと思っているのですが。
Posted by けい at 2010年07月16日 04:15
かなりの大雨だったのでは?
山間部だと、山の斜面が崩れて通行止めになるのでは・・・
という心配もありますよね。
そういう問題も起こらなかったようで、なによりでした。
こちらも、月曜からずっと雨か曇天で、
ドクダミやらスギナやら乾かしているのに、カラリと仕上がらず
どうもスッキリしません。
今日、やっと晴れて、これで梅雨明けかな・・・?と期待しているのですが。

そんな湿度100パーセントの中、床張り作業、お疲れ様でした。
次は、回り階段ですか?
回り階段・・・。
もしかして、踊り場がある、あれでしょうか???
すごい。
Posted by ちほあるいははるの at 2010年07月16日 20:38
☆ちほあるいははるのさん、こんばんは。

少しぐらいの雨なら未練も起きますけど、土砂降りだと諦めが
ついてしまって・・・。
天気には勝てませんね。
お陰で晴れると作業がてんこ盛りで待ってます。

地盤が緩んでいるところが多いですから、山間部はいろいろ
心配ですよね。
うちは硬いらしくてその点は安心なのですが、裏山は鹿や
カモシカ、イノシシに走り回られた後遺症でかなり崩れて
いるところもあり、気にかかっています。

>回り階段
階段の一部分の段板が扇のように放射状になっているのが
回り階段で、踊り場があるのは屈折階段と呼ぶらしいです。
場所の関係で回り階段しか取れなかったのですけど、kiiさん
はかなり難儀してますよ。
Posted by けい at 2010年07月19日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック