2010年07月23日

山アジサイ(2)

平地はカンカン照りの猛暑日が続いているが、ほぼ一ヶ月遅れの山の気候
は今がアジサイの旬。
でも、世間の流れからすると季節遅れの感は否めない。。。。。

これらは、ほとんどがログ前のエリアに植えられている。
「イヨシロ」(伊予白)
伊予白
少し大きくなってきたせいか、白の鮮やかさが際立っていた気がする。

「イヨノユウダチ」(伊予の夕立)
伊予の夕立

「イヨニシキ」(伊予錦)
伊予錦

アジサイはどれも好きなのだけれど、それでも好きと大好きが微妙に分かれ
るのは、花たちに申し訳ない気がするが仕方がない。
以下の5種は、その大好きのグループに入る...。
「ミサトザクラ」(美里桜)
美里桜

「イウチガスリ」 (井内絣)
井内絣

「ミカワチドリ」(三河千鳥)
三河千鳥

「シチヘンゲ」(七変化)
七変化

「シコウバイ」(紫紅梅)
紫紅梅

これも切っては挿しの組で、今やシチダンカに次いで二番目に多くなって
しまった。
「キヨスミサワ」(清澄沢)
清澄沢
「考えて植えなさいよ!」「ヘヘヘ」

クレナイ(紅)
クレナイ(紅)
冬に桜を一株伐採したが、その恩恵を一番に受けているのがこのクレナイ。
日照が良くなって、紅がいっそう鮮やかになった。

早いか遅いかの違いはあっても、それなりに成長している山アジサイたち
だが、どうにも気難しいのがこの二種。
「マイコ」(舞妓)
舞妓
「ツルギノマイ」(剣の舞)
剣の舞
弱々しくて相変わらず小さい。
それがこれらの特性だとしたら、地植えは誤ったのかも。

そういえば「エゾアジサイ」(蝦夷紫陽花)を見逃していた。
まだ大丈夫かなぁ。
posted by けい at 05:49| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆ヤマアジサイなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
山アジサイ (1)と(2)ですごい種類ですね。
名前がわかっているのもすごいです。
こんなにあるほかにまだこれから
アジサイが出てくるのですものね。
山肌一面のアジサイなんて素敵ですよね。
まだまだ野迫川の全貌がつかみ切れていないまぁにゃです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年07月23日 21:29
☆まぁにゃさん、こんばんは。

山アジサイ、じつはまだあるのですが、撮れていなかったり、
見逃したり...。
住まないと落ち着いて鑑賞もできませんね。 

一時はアジサイだらけにしたいと思ったものですが、でも
アジサイはもうこのぐらいでいいかな、なんて。
旬以外は寂しいですものね。
Posted by けい at 2010年07月28日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック