2010年09月01日

いろいろありの田舎暮らし

最近、諸々の雑用は当然の如く私の係りになっている。
まぁ草引きよりは好きなんだけれど。

ヤマガラの巣箱を解体・掃除する。
ヤマガラの巣1
へぇ〜っ、こんな風に作っているんだ。
巣作りは昨年よりもかなり進化している。

右側が入口付近。
中が見え難いように小高く盛り上げて土手を作り、一段下げて親が止まる所?
その一番奥に堀り込んだように雛を育てる場所を作っている。
ヤマガラの巣2
昨年は容易に見ることができた雛たちだったが、今年はなかなか気付かな
かった筈だ。
しかし、賢いものだね。

野迫川は雨がほとんど降っていない。
庭の植物は枯れこむものも多いが、一番悲惨だったのは茗荷畑。
枯れ込む茗荷畑
鹿に食べられた後に回復しかけたが、この渇水で収穫を見ずに枯れ始めた。

ギボウシ類も原種系の一部を除いてこんな様子である。
もちろん花は咲きそうにない。
ギボウシも哀れ

ブルーベリーの収穫も始まったが、暑いせいかカメムシが異常に多く、シワ
シワに吸われてしまうものが多い。
ブルーベリー
いろいろと受難の長い夏だった。
いや、まだ暑さは居座っているから受難は現在形である。

ブルーベリーを食べに来るヒヨドリ軍団をやっと撃退したと思ったら、摘んで
いる私の耳になにやら不気味な音が聞こえる。
目を凝らすけれどなにも見当たらない。
バサッ、ククク。。。
動かずに暫しじっとしてみる。

なんとなんと、上から来るヒヨは撃退したものの、網を潜り抜けてくるキジバト
には気付かなかったものね。
一羽を追ったら網の裾をコロンと潜り、妙に名残惜しそうによたよたと逃げて
いく。
その様子は憎めない可愛さ。
仕切りなおして摘み始めたら、また妙な音が。。。
振り返り振り返りしていた理由がわかった。
もう一羽が残っていたのだ。
その愛情深さに感心してしまった。
勿論その子もコロンと潜り身の術で見事網の外へ。

ログハウスの屋根裏を走る野ネズミの音が時々する。
何処から入ったものか見当がつかず、不思議に思っていたら。。。
野菜を洗っている足元がぐっしょり濡れてきたから吃驚した。
棚などを退けてみると、なんと排水ホースを齧っているから仰天。
吃驚仰天
手のひらにちょこんと乗るほど小さいから、僅かな隙間を作りさえすれば
簡単に侵入できるものらしい。
入ろうと思えば何としてでも入る、一番弱いところを見つけるその執念に
は脱帽だわ。
今頃ログ内を運動場にしていたりして。。。。。
posted by けい at 18:45| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むに〜〜!ヤマガラの空の巣、カワイイ〜〜
ふかふかの苔のお布団で子育てするのね〜、巣箱の手前に高い土手を築いて、奥にたまごを生むなんて、頭いいね〜
人間のそばで営巣すると蛇とかの攻撃から守られるけれど、人間そのものも信用してないのね
エライなあ〜〜

今年もブルーベリーの季節がきましたね
鳩もヒヨドリも狙ってるんですね、ネットにもぐりこんで、けいさんがどっかいってしまうまで潜んでいるつもりだったのかな
私の畑のトマトのネットには、こないだセキレイも入ってましたよ
ネットにひっかかって怪我しないか、心配してたけど、隙間からするりと逃げて、器用なものね。
Posted by ann at 2010年09月01日 19:19
こんばんは
ヤマガラのベットはふわふわですね。
すごい作りに感心しています。
もちろん解説がすばらしいからでもあります。
BBをキジバトさんも食べているなんて・・・
ヒヨは器用に隙間をくぐりぬけていますが
キジバトさんまでとは、敵が多いですね。
干害がひどかったのですね。
ギボウシは種類によって日陰向きのものと
日向に強いものがあるようですね。
何も考えずに植えたので
葉やけがひどいものがあります。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年09月01日 21:46
ヤマガラの巣、中で部屋が分かれているのですね。
育児室が一番奥なのですね。

我が家の茗荷、あの大雨の梅雨に背丈以上に伸びて
柿の枝を隠すほどになっていましたが、
今は半分枯れかかっています。
大きく伸びた分水も沢山ほしいのでしょうね。

ブルーベリーはいろいろなものに狙われているのですね。
カメムシが一番困りますね
でも、ヒヨドリも群れて来ると手に負えませんね。
キジバトはほとんど2羽ずつですね。
おしどり夫婦といいますが、キジバト夫婦も仲良しなんですね。
キジバトは肉食で虫を取ってくれると思っていましたが
マメやムカゴも取るらしいですね。
ブルーベリーも好きなのかしら?
たった一羽で何時も来ていた「キバちゃん」何か悪いことをしていたのかな?

野鼠まで・・・・けいさんの仕事は尽きませんね。

BB美味しいジャムになりました。

Posted by sakko at 2010年09月02日 00:48
☆annさん、おはようございます。

ブルーベリーは今年は不作です。
暑さでカメムシの大量発生もありますし、いろいろ受難の植物たちです。

annさんのところでは引っかかった鳥たちは「あそこは危ないぞ〜」と
学習しています??
ヒヨドリは頭が悪いのか いじましいのか、学習能力に欠けているんじゃ
ないかと思うわ。

ヤマガラの巣ね、昨年とは形態がまるっきり違うのよ。
昨年は巣箱の穴から黄色い口が丸見えだったもの。
考えるものですね。
能力は大分高いと思うわ。
しかし、安心できるかできないか、人も見分けて欲しいものです。
心優しい家主としましては。。。
Posted by けい at 2010年09月02日 06:19
☆まぁにゃさん、おはようございます。

よく考えて作っていますよね。
昨年よりも大幅に進化しているところが凄いと思います。
キジバトが来ているとはぜんぜん気付かなかったから、吃驚しました。
ほんとうに上手なのよ。
コロン、コロンと寝技ですり抜けるんですもの。
そのユーモラスな姿につい笑ってしまいます。

ギボウシも茗荷もひどいでしょう?
ギボウシは原種系は強いのですが、斑入りは大方こんな風になってます。
雨が欲しいです。
Posted by けい at 2010年09月02日 06:26
☆sakkoさん、おはようございます。

巣箱の中が進化しているのはたいしたものだと感心しています。
分室なんて、普通は考えませんよね。

今年は育ちの悪いものが多いですね。
晩霜、寒波、長雨、渇水、早くこの夏が終わって欲しいですが、
まだお日様マークがベタベタ付いてますね。

ブルーベリー、今まではこんなにカメムシが多くなかったんですよ。
今年は大量に発生しているみたいです。
先手必勝なんですけど留守にしているとそれも叶いません。
気になっています。

キジバトってとっても仲良しですよね。
必ず二羽で睦まじくしていますものね。
野菜やイチゴの目を食べていたのは彼らだったのではないかと、
推測しています。

野鼠対策は頭痛の種ですね。
Posted by けい at 2010年09月02日 06:35
フカフカのベッド、丁寧に作られていますね。
ぐうたらな私みたいな鳥だったら、来年も利用しようと思っている気がするけど、巣箱は毎年、解体して作り直すものなの?

カメムシは今年、全国的に大発生していて、梨農家が泣いているそうです。
今年のウチのブルーベリーの収穫は、たったの10粒でした(涙)

鹿の被害がなくなったら、こんどは渇水に野鼠。
電線とか水道管とか齧られるのは、一番困るなぁ!

野鼠はフランスの庭にもいて、小さくて顔が愛らしいです。
今のところ、大した悪さはしてないので、放っていますが、
時々、屋根を走り回って起こされちゃうのよねぇ。


Posted by モモカナール at 2010年09月02日 14:17
☆モモカナールさん、こんばんは。

私みたいなぐうたらな鳥だったら、どんな巣を作るのだろうと
想像していました。
そこのところは安易に妥協して、かなりいい加減なんだろうなぁ。

巣箱は綺麗に掃除しておくんです。
いかにもおニューですよ、お入りくださいなという感じで。。。(笑)

カメムシ、多いですよ!!
今まであまり見かけなかった緑色のカメムシが多いんです。
果汁を吸う奴です。(憎たらしい!!)

BB、10粒って、エ〜〜ッ!!
暑かったせいでしょうか?
うちも今年はかなり収穫減になってますけど。

野ネズミってつぶらな瞳が愛くるしいですよね。
齧って悪さはするのですけど、あまり憎めない。(笑)
でも電線を齧られるのだけは困るから何とかしなくっちゃ。
Posted by けい at 2010年09月02日 20:15
秋に、腰の高さくらいにまで伸びたシダやカヤの斜面を草刈りしていると
必ず中から小鳥の巣が、1〜2個転がり出て来ます。
もちろん、使用済みの巣なのですが、
綺麗に丸〜〜〜く草を編んで作ってあり、毎度のことながら「上手に作るもんやなぁ」と感心してしまいます。
このヤマガラの巣も、苦心と苦労の作!といった感じですね。
小さな体の小さなくちばしで、これだけの草(コケかしら?)を運ぶのに
どれくらい時間がかかったのかなぁ。
それにしても、こんなに分厚いベッドを作っているとは。
驚きました。

ミョウガ畑。
本当ですね。枯れて来てる・・・。
こちらでは、月曜日に夕立で大雨が降りましたが、これって1ヶ月ぶりの雨です!
・・・で、その後は、またちっとも降る気配は無く・・・。
降ってるところでは、「もういらん」ってくらい降るのに・・・。
本当に、ため息しかでない、最近の雨の降り方ですよね。
Posted by ちほあるいははるの at 2010年09月02日 20:18
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

楽しいですよね、営巣の名残りを見るのって。
庭で草引きをしていると鶯の巣をよく見かけます。
上手く作ってあるものと、かなりダダクサなものと・・・。
ウグイスの中にもキッチリしたのと、私みたいにいい加減なのも
いるのかと、可笑しいです。

他にも掛けてあるのにこの巣箱が一番お気に入りのようで、毎年
数羽で攻防戦をしています。
何処がいいのか。。。
ログの屋根下なのがいいのでしょうか?
そうそう、これ大方が苔なんです。

雨降らずもここまでくると流石に雨乞いをしたい心境。
一度や二度の雨では潤いそうにありませんが、枯れ地の雨という
のも表土を剥がすし恐いです。
Posted by けい at 2010年09月03日 06:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック