2010年09月20日

ジャケットの力

レーザーディスクも数回に分けて山の家に移動させている。

家庭での映画鑑賞は早やDVDからブルーレイに移行しているらしいが、
DVDの前、ビデオからDVDまでの間にLDがあったことはご存じない方も
多いかもしれない。
最先端機器との掛け声はアッという間に小さくなり、すぐにDVDに席捲され
てしまったが。。。
DVDはコンパクトで場所をとらない、手軽だし扱いも楽だ。
それに引き換えLDはレコードの大きさがあり、しかも重い。
ただジャケットはLDのほうが数段いい。
DVDは小さいから迫力に欠けるし、この味気なさはどうだろう。

「風と共に去りぬ」
風と共に去りぬ

LDのジャケットってすごくいいと思わない??
「ベンハー」
ベン・ハー

「戦争と平和」これは勿論、5枚組のソビエト版。
戦争と平和

場所取りや邪魔者だと心では罵りつつ、ジャケットが惜しくて捨てられない。
もう25年は経つだろうか、ハードも健在だしね。
ハードが傷むまでは置いておきたいと言いながら、このままずっと持っている
ことになるのだろう。
でね、普段見ているのはDVDという矛盾。(笑)
LDは「さぁ、映画を観よう!!」と少し改まった気分になったものだが、DVD
にはそれはないわね。
というのは私だけの感慨かな。

ジェームス・ディーンの三作
ジェームス・ディーン

大好きな「赤毛のアン」
赤毛のアン

kiiさんとの初デートはこの映画だった。
マッケンナの黄金
秋も深まったら、ホットウィスキーでも飲みながら、久しぶりにLDで観よう
かな。
posted by けい at 20:00| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
LDはオトンも家庭に持ち込みませんでした。
まぁにゃがお店を手伝い始めた頃はもう展示会で
ちょっと場所ふさぎに使う程度でした。
けいさんの所で見せてもらってそうなのか〜と言う感じです。
電化製品の進歩はすごいですね。
先取りしていた人たちはそれなりに
皆さんひどい目に遭っているのでは・・・
まぁにゃは機械のことはよくわかりませんが
部品保存も製造停止から8年まで
ワープロなどもインクの供給不能や修理不能がありました。
残念ですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年09月20日 22:41
☆ねねまぁにゃさんへ。

映画が好きだったものですから、LDが出たときは嬉しかったです。
手軽に映画を楽しめるし、映像は綺麗で・・・。
でも束の間の命でしたね。

日本はサイクルが短すぎる気がしません??
大事に使うという精神からはズレていますよね。
海外との意識の違いを大きく感じます。

「先取りは高価でしかも短命なものもあり」
LDで痛い思いをしたものですから、それ以後の電化製品は
とことん躊躇してそれでもなお勇気がなくて買えません。(笑)
我が家はPC以外はかなりレトロですよ。
Posted by けい at 2010年09月21日 06:37
kiiさん、本当に大活躍!
本棚の横に大きな窓ができて、一層心地良い空間になりましたね。

LDは持ってなかったけれど、きっとLPがCDになったような味気無さかな?
LPはよくジャケ買いして飾ったりしてましたもの。
CDの方が場所を取らなくてイイ事はイイんですんけど…。

私もこれらの作品はずいぶんと観ましたヨ。
特に、「風と共に去りぬ」が好き♪
アシュレーより、断然レット・バトラー派でした!
ヴィヴィアン・リーの美しく力強い姿も強く心に残っているワ。

土地への執着も、幼心に強く刻み付けられたみたいで、

「家族に二度とひもじい思いをさせません。生き抜いてみせます。たとえ盗みをし、人を殺してでも。神よ誓います。二度と餓えに泣きません!」

土地の事を考えるたびに、スカーレットの言葉を思い出すの。

まぁ、盗んだり人を殺してまで欲しくはないですけどね…^^;
でも、これからの時代、何があるかわからないし、自給自足とまではいかなくても、どこか田舎にけいさんのように、いろいろな植物が育てられる土地が欲しいなぁ!


LDとDVDと両方持っているのですね。
これからも、ずっと次々買い換えなきゃならないのかしら。
ブルーレイがいくら良くても、もう、DVDで終わりにして欲しいんですけどねぇ。。。
Posted by モモカナール at 2010年09月21日 20:53
☆モモカナールさん、おはようございます。

LDは時代の先端を行くなんてね、嘘ばっかり。(笑)
今はもうブルーレイの時代とかですけど、DVDをあれほど普及させて
おいてね、梯子を外された心境だわ。

そうそう、LPがCDになった感じですよね。
味気ないですものね。
LPもまだ60枚ぐらいは持ってますよ。
いつか聞けるようになったらいいなぁと思って。

LDは一時は200枚ぐらいはあったのですが、処分して半分ぐらいに
減らしました。
DVDで持っているのは特に置いておきたいというものだけで、それほど
買っていません。
今はレンタルも安いですしね。
山では簡単にレンタル店へも行けないですけど。。。

「風と共に去りぬ」
フフフ、アシュレーは優柔不断の優男のイメージがあってね、私も勿論
バトラー派です。

最後には土地。。。というのはほんとうによく判ります。
飢えから救ってくれるのは土地ですものね。
ただ、広大さが違うけれど。
Posted by けい at 2010年09月22日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック