2010年10月14日

なめこが出てきたよ

ブナハリタケの収穫期は短かった。
寂しいな、他のきのこはどうかなとkiiさんは頻繁にホダ木場を覗きに
行くが、あんまり覗き込むと遠慮して出て来にくかったりして。。。

そんな風に待ちかねていたのだが、「出てるよ、出てるよ!」と嬉しそう
に駆け込んできた。
今度はなめこですって。
見に行こうよと連れて行かれて・・・よほど嬉しいのね。
この奥がホダ木置き場
鹿避けネットを張り巡らせたこの奥がホダ木置き場。

ホダ木置き場
ナメコは右側が一昨年の植菌で、左手前が昨年。
左はポツポツと出ているが、一昨年のものが気配がないのが気にかかる。
勿論、今年の植菌分にはまったく気配なし。
しいたけもやはりこの秋はまだ無理のようだ。
三年目でようやくだったぶなはりたけの例もあるし、気長に待とう。

可愛いでしょ!
ナメコ

行儀よく並んで行進しているみたい。
ナメコ
小振りなものは収穫しない。
食べ応えがないし、それに少し大きめのほうが美味しい気がする。

本日の収穫。
ナメコ
白ネギと豆腐たっぷりのナメコ鍋にした。


庭には赤や白、茶色、黒っぽいのといろいろなきのこが出てくる。
でも恐いから、これは食べれるよと言われたものでも食べない。
目の前で食して見せてくれたら安心なんだけれど、みんな“言うだけ”
なんだだもの。

思い切って食べてみたら食材が一気に増えるとは思うけれど、あいにく
その勇気は持ち合わせていない。

もう黄色の粉は落ちているけれど、コガネタケだよね。
これも食味は落ちるが食べられるそうな。でも食べたことは無い。
キノコ

キノコ

これはスギヒラタケ。
杉や松の倒木や古株に群生する白色の美しいキノコ。
うちは以前は杉林だったから、この手のキノコが多く発生する。
スギヒラタケ?
昔は食べられるキノコに入っていたけれど、腎機能障害を持つ人が摂取して
急性脳症を発症する事例が相次いだために、最近は毒性があるキノコとして
扱われている。
歯ざわりが良く、味は淡白でくせがなく美味しそうなのだ。。。
でも、食べませんけどね。
posted by けい at 19:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にかわいい〜〜
キノコはファンタジーの世界の住人ですよね
童話のイラストに必ず登場するかわいらしさですね
自然界にはおいしい野生のキノコがたくさんあるみたいですが、ここ2〜3日、毒キノコを一本シメジと間違えて売られていた、ってニュースがにぎわしてますね。
おばあちゃんも、一本シメジはうまいキノコだけど、間違えたら怖い、ってよく言ってました。
アミタケ、アカタケなら、間違えないって、よく採ってきてました。
いまは誰も山へ行かないけどね。
Posted by ann at 2010年10月15日 06:29
お早うござます
いのししの大暴れに大被害を受けましたが、
今度はうれしいブログですね
そう出ているかなと見に行って、はじめて見つけたときの喜び
kiiさんの声も弾みますね
お行儀良く並んで生えるのですね。
取る時の感触はお野菜を抜く時の感触とは又違いますね。
手にいっぱいのきのこの匂いですね。

私の畑にも突然きのこが現れます。
食べられそうなのもありますが、怖いです
触るのも怖いので見てるだけです。

私の食べているきのこは工場のようなところでビンで育っているあれです。

こんな自然の中で育ったきのこはさぞかし美味しいだろうなと
山の生活にあこがれています
Posted by sakko at 2010年10月15日 06:50
天然のナメコは大きいですね。
私も茸は覚えられません。
というか覚えようとしていません。
なので
山で見つけても横目で眺めるだけです。
でも
茸自慢のブログを見ると来年こそ
覚えようと思いました。
指をくわえているのは、もう嫌ですから。
Posted by ゼンチ at 2010年10月15日 19:09
☆annさん、こんばんは。

ネメコの行進、オイッチニ、オイッチニ。。。(笑)
つい釣られそうな気がするわ。

ここ数日、いろいろと毒キノコのニュースを聞きますね。
今年はきのこが豊作らしいですけど、毒キノコもそうなんですってね。
しかも夏物と秋物が同時になって、ますます紛らわしくなっているの
だとか。
野生のきのこはわかっているもの以外は食べられませんね。
Posted by けい at 2010年10月15日 19:52
☆sakkoさん、こんばんは。

いのししは相変わらずなんですけど、もう諦めの境地になってます。
切り替えが早いでしょ。
実のところは負け惜しみが大きいですけど。。。(笑)

植菌のときのしんどさがあるから、愛しさも増すんでしょうね。
丸太を搬入するときのきつかったのを補って余りある嬉しさです。
まぁ、kiiさんのほうが入れ込んでいますけどね。

野生の物は恐くて食べられません。
戴いたきのこでも、一度軽い中毒症状を起こしたことがあります。
以来石橋を叩いて、叩きすぎて落っことしてます。
Posted by けい at 2010年10月15日 19:59
☆ゼンチさん、こんばんは。

きのこって難しいですよね。。。
毒々しいのが危ないのかと思っていたら、地味なものでも毒キノコが
いろいろあるんですものね。

難しいから、食べられるというものでもなかなか手を出すことが出来ません。
目の前でこれは絶対大丈夫と食べてくださって、4時間ぐらいしてから
いただきたいです。(笑)

ゼンチさんのブログにも、これから先、きのこがいろいろ登場しそうですね。
北海道はきのこの宝庫でしょう?
羨ましいです。
Posted by けい at 2010年10月15日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック