2010年10月27日

ミコシグサ

「けいさん、“祭りだ、ワッショイ”になってるよ!」

最近、庭巡りはkiiさんのほうが熱心。
「椿が一輪咲いてたけど知ってた?」「マンサクの黄葉が始まったね」
「白い大きなオキザリス・・・だっけか、一輪咲いてたよ」
速報は常にkiiさんから入る。。。
まったくの植物音痴だった人がずいぶん成長したものだ。

「ゲンノショウコ」(現の証拠)の秋の姿。
ミコシグサ
種をつけた様子がお神輿の屋根に似ていることから、別名がミコシグサ。
我が家では“祭りだ、ワッショイ”が通称名になっている。
見ていると、心も身体も、ワッショイ、ワッショイと浮き立つような気が
してこない??

ミコシグサ
今のところ桑、ドクダミ、スギナ、ヨモギ以外には薬用として利用して
いないが、ゲンノショウコは民間薬として昔から使われている優れもの
なのだとか。
花の愛らしさとこの秋の姿が見たくて、はびこるに任せている。
posted by けい at 17:30| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲンノショウコはおなか痛に効くとかゆーてたね〜ホンマかな?
これだけペンペン実が割れてるってことは、種もどっさり飛ばしてるってことですね。
ゲンノショウコとゲラニウム、よく似てるよね?
ゲラニウムもこんなに種を飛ばして自分で増えたらいいのにい〜〜
私のゲラニウムはちっとも増えないの
クリタケ、すごいね〜
今年はキノコ類が豊作だとニュースで言ってるから、けいさんのキノコ畑も大豊作なんでしょうね
私もマツタケ一本もらったよ
Posted by ann at 2010年10月27日 18:23
ほんとにお神輿がいっぱいで
わっしょいわっしょいやっていますね。
けいさんに教えてもらうまで
ゲンノショウコの種に興味はなっかったのですよ。
いまでは1本残しています。
写真にするとほんとに可愛いですね。
ゲンノショウコは下痢止めにも便通にも
効果があるいう人がいますね。
ヨモギと合わせてお風呂に入れると湯ざめ効果もあるとか・・・
ためしたことはありませんが
例の中学の時の薬草集めには入っていました。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年10月27日 20:30
☆annさん、こんばんは。

ゲンノショウコってとても効くそうですね!!
私はまだ試したことがないのですけど、薬草図鑑にはセンブリと共に
イチオシで載ってますもの。
あちこちゲンノショウコだらけなのよ。
薬用でも使おうかな。

ゲンノショウコとゲラニウム、ほんとよく似てますね。
ゲラニウムのほうが繊細な感じがしません?

キノコは自然界は豊作ですけど、植菌はさほどじゃないんです。
昨年はしょぼかったですけど、同じぐらいかも。
ただ種類が二種増えているからその分楽しみも少し長いかな。

マツタケ、香りも味もやっぱり王様だと思うわよね。
Posted by けい at 2010年10月27日 21:23
☆まぁにゃさん、こんばんは。

海外へ行くと水に当たるというでしょ、娘には梅のエキスを持たせ
たものですが、ゲンノショウコも必須だったと思うわ。

ヨモギと合わせてお風呂に入れると湯ざめ効果もある?
それは是非試してみなくては。。。
真冬のお風呂の最高の入浴剤ですね。
採集はもう遅いのかしら?

秋のゲンノショウコを見ていると、ワッショイ、ワッショイで
ついお尻が浮いてきそうです。(笑)

まぁにゃさんの野草との関わりは年季が入ってますものね。
うちは下の孫ちゃんが植物に興味を持ち出したようです。
植物図鑑を贈らなくては。。。と嬉しいです。
Posted by けい at 2010年10月27日 21:30
ゲンノショウコの種、一度見てみたいです。
お祭りだ〜〜ワッショイワッショイと聞こえてきそうです。
大和川の土手にも生えていると思うのですが
見つかりません。
堤防の改修工事で新しい土が運ばれて
ススキやくずなどで覆われています

急に寒くなりましたね。
今週の野迫川はもう冬、でしょうね。


Posted by sakko at 2010年10月28日 06:27
☆sakkoさん、おはようございます。

多分sakkoさんの辺りにはたくさんあったのでしょうね。
自然豊かなところなのに。。。
都市化していく間に消えてしまった植物って多いですものね。
来年は“祭りだ、ワッショイ”を見ていただけるようにしましょう。
これを見ていると身体が揺れてくるような気がするんです。
お神輿のあとを追っかけしたい私たちですものね。(笑)

寒くなりましたね。極端すぎる。。。
煮込み料理ばかりが目に浮かんできます。
さて今日は何の鍋にしようかな。。。
Posted by けい at 2010年10月28日 06:53
ゲンノウショウコの実も黄色くなったころに触ると弾けるので
子供の頃は面白がって飛ばしていましたね。
最近はこんなに間近で見たことはありませんでした。
なるほど神輿の屋根にソックリですね。
うちの周りのワッショイは草刈り機で刈り飛ばしてしまった
ようです。
Posted by ゼンチ at 2010年10月28日 15:55
☆ゼンチさん、こんばんは。

ゲンノウショウコ、ゼンチさんの見られるのも白花でした??
関西に来て吃驚したのは、ゲンノショウコが紅花だったことです。
「こわい」や「ばくる」で悩んだことを別にすれば...。(笑)

秋のこの姿にはつい浮かれてしまうんです。
賑やかなことは苦手ですけど、お祭りだけは別でして。
刈られてしまうのはちょっと残念ですよね。
Posted by けい at 2010年10月28日 21:09
ゲンノショウコは白い花しか見たことありませんよ。
北海道では普通の日本の植物図鑑は役に立ちません。
というより
見たことがない植物の方が多いので北海道にもあるものだと
感違いしてしまいます。
北海道では
手袋は「はく」し、ゴミは「なげる」ですしね(笑
Posted by ゼンチ at 2010年10月29日 12:18
☆ゼンチさん、こんにちは。

ゲンノショウコ、やはり白花でしたか。
普通の植物図鑑のほかに北海道の植物図鑑も持っているんですよ。
十勝に住んでいたころは、植物にはまだ大して興味を持っていなかった
ので、貴重な体験を逃してしまったことが残念です。

言葉。。。
中学、高校時代の友人と話をすると時々混乱しますよ。(笑)
Posted by けい at 2010年10月30日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック