2010年11月29日

お茶の花と野草茶

お茶の木は花期が長いことにかけてはナンバー1なのではないかと思う。
次々と、ほんとうによく咲く。
花が少ない時期だから、ぽっこりした蕾も清楚な花もほんとうに愛しく
思える。

茶の木

茶の木

茶の木
前身が田んぼだったお陰で、そこら中にお茶の木が生えてくる。
寄せてまとめて茶畑にすることも考えたが、好きで生えてくるものを
やたら移すのも可哀相だとそのままにしておいたら、あちこちに点在
することになってしまった。
管理が厄介になっている。

茶の木はせっかくあるものの、今までは天ぷらぐらいにしか利用していな
かった。
お茶は作り方が難しいと聞いているので手を出しかねていたのだ。

近年、野草茶の出来があまりよくない。
次のシーズンが来ても余っていて、仕方なく堆肥の中に撒いたなどという
こともあったのはそう以前のことでもないが、最近は肝心のお茶用の野草が
採れ難くなっている。
愛飲しているスギナ、ドクダミ、桑。。。
底が見えた野草茶
ドクダミ(右)はこの入れ物に二つ、桑(左)は一個半。
12月を待たずにもうほとんど使い切り、底が見えてきた。
次のシーズンまで、いったいどうする??

無農薬安心印のお茶が飲みたくて作り始めた野草茶だったが、量が足りない
のでは新たに何か開拓しなければならない。
思いつくのは柿の葉茶や枇杷茶、そして茶の木。
来年は茶の木のお茶、そう、ほんまもんのお茶にも挑戦してみよう!!
緑茶は難しそうだから、まずは簡単そうな製法で。
冬の間にアンテナを張り巡らせて、しっかり知識を蓄えておこう。。。
posted by けい at 20:20| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
お茶の花 清楚で可愛いです。
たぶん3枚目の写真からパッと出されたら
さざんかと間違うかも・・・
蕾もぽっこりと可愛いですね。
ぜったいお茶にして飲んでください。
けい流お茶製法も会得して
教えてくださいね。
考えてみれば
お茶もお味噌もお豆腐も
コンニャクや酒まんじゅうも
手作りしているのを見て育ったのですよね。
今だったら絶対教えてもらうのに
ちょうど時代がそういうものから逆行
していく時代でしたね。
何も覚えないで来てしまいました。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年11月29日 20:55
☆まぁにゃさん、こんばんは。

そうですよね、知らずに見ると山茶花と間違うかも。。。
上の二枚は同じ株なのですが、三枚目は株が違うんです。
葉のギザもきついですね。

お茶の花ってほんとうに可愛いですよね。
ポッコリしていて、見ていると優しい気持ちになって自然に
ニコッとしてきません??
変かしら、私。。。(笑)

昔は出来合いの物を買うというのは余程のときで、素材自体も
手作りが多かった気がします。
またそれが当たり前の時代でしたよね。
高度成長期というのはそういうものを否定する時代でしたものね。
今なら、母を煩わせるぐらいにしつこく教えてもらったのでしょうが、
その期が熟したときには母は居らず、ほんとうに残念です。

お茶ね、野草茶が一年間もたなくて、何とかしなくてはと思っています。
お茶には相当の農薬を使用していると聞きましたし、直接口に入れる
ものだけに、なんとか安心印で作ってみたいです。
上手くいくといいのですけど。。。
Posted by けい at 2010年11月29日 21:34
お茶の木は我が家も2箇所に生えています。
小鳥さんが運んできたものです。
何でも作るsakkoですが、お茶は難しそうとそのままにしています。
初夏のどくだみ茶は毎年少しですが作って飲んでいます。
柿の葉のお茶もいいようですね。
それも渋柿がいいそうですね。
柿の葉の茶は新葉を一度蒸してから乾燥させるのですか。
今年は渋柿が不作で徒長枝が沢山伸びています。
春の新芽が出るまでそのままにしておいて、
無農薬の柿の葉でお茶を作ってみようかな
けいさんのブログを読みながら、春を思っています

枇杷の木が伸びすぎて実に袋をかけ難くなったので
夏にばっさり切ってしまいました。
花は少ないのですが葉がこんもり茂るほど脇枝が出て困っています
あの葉がお茶になるのですか
枇杷茶の作り方教えてください
葉は焼酎に漬け込んだことがあります。

Posted by sakko at 2010年11月30日 06:45
わぁ、可愛い花ですね。
椿に似てますね。
花の大きさは、そんなに大きくないのかな。
花持ちがイイのは、最高だワ。


DASH村で、9月に紅茶やウーロン茶を作っているの見ました。
6月には茶摘みと煎茶作りを放送したみたいですけど、けいさんどちらかご覧になった?

揉み上げがすごく大変そうでした。
男の人でも汗だくになってました(汗)

でもお二人なら、知恵と力と野生の勘があるから、大丈夫だと思います。
私も将来、是非やってみたいな。お先に挑戦してみて。

( ^^) _旦~~ ~~旦_(^^ )

一応参考に貼っておきますね。http://www.ntv.co.jp/dash/village/index.html
(左側の欄の農作物をクリック。そして茶畑をクリックです。)


私も、以前平翠軒で買ったドクダミ主体の健康茶、こちらに持ってきて飲んでいるんですヨ。
初めて飲んだ時、こりゃ、ムリと思って放っておいたんですけれど、気管にも良いと書かれていたので、再挑戦。
でも、慣れると美味しく感じて嵌ってしまうから、不思議〜。
もう、賞味期限は過ぎちゃってるんですけど、こっちも無くなりそうで、そうなると心細い限りです。
私も戻ったら、また取り寄せてしまうかも。
Posted by モモカナール at 2010年11月30日 08:34
☆sakkoさん、こんにちは。

お茶って難しそうですよね!!
sakkoさんならご存知かもと期待していたのですけど。。。
残念!!

ドクダミ、桑、スギナ、もうぜんぜん足りないんです。
年々少なくなっている気がします。

私は、柿の葉は蒸して陰干しにしてカラカラに乾燥させます。
そうそう、渋柿がいいそうですよ。
邪魔なところに生えている渋柿もそれで抜けないんです。
我が家の渋柿はお茶と化粧水用です♪

枇杷は生でも使えるように書いてある本もあります。
刻んで煮出すそうな。。。
私は陰干しして、やはりパリパリにしてから使います。

今まで柿や枇杷は楽しむだけに少し作ったことがあるだけ
なのですが、これからはいろいろ作らないと賄えません。

野迫川では枇杷が育ちませんので、柿とお茶の木を重点的に
使おうと思っています。
Posted by けい at 2010年11月30日 16:36
☆モモカナールさん、こんにちは。

DASH村って見たことがないんです。
URL、教えてくださってありがとう!!
参考になります。
来年は何とか茶の木相手に初挑戦しますよ!!
本は数冊集めてあるので、冬の間にkiiさんにしっかり読んで
おいて貰わなきゃ。。。
揉むのが大変だとは聞いているので、お任せするわねと言ってある
んですけど。(笑)

野草茶に慣れたら、自然な味わいが捨てがたくなるでしょう?
おまけに身体にもいいし。。。
コーヒーがぶ飲み派の私ですけど、少し改めなきゃと思うわ。

お茶の木は実生苗を寄せ集めて、管理しやすくしたほうがいいかもですね。
Posted by けい at 2010年11月30日 16:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック