2010年12月12日

街ではゴミ、山では宝物

街では嫌われてゴミ扱いの落ち葉だが、山の庭では貴重品。
これがあるから、肥料を撒かなくてもうまく育ってくれるのだと思う。

落ち葉

木々はすっかり葉を落として、裸木ばかりが目立つ極めて見通しのよい庭に
なってしまった。
これから春までは、丸見えのせいかなんとも落ち着かない山の日々を送る
ことになるが、これで敷地が道路から高くなければもっと晒されている感が
することだろう。

田舎探しを続けていたときに、絶対に譲れない条件が四つあった。
太陽を受け北風を遮る土地であること、道路面よりは上の土地であること、
集落や別荘地とは少し距離を置くこと、季節のメリハリがしっかりしている
こと。
この時季になるといつも思うのだ。
季節のメリハリはしっかりありすぎる。
いろんなこともあるけれど、でもやっぱり此処でよかったと。。。

午前十時、まだ氷は解けない。
雨だれを受ける桶の張った氷
雨だれを受けている桶だから底面は汚れているけれど。
指でツンツン押してもびくともしない厚さ。。。

ふと目を転じると、日陰の朴の葉は霜で覆われていた。
朴の葉に霜
ラベル:落ち葉
posted by けい at 09:00| 奈良 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そーだよね〜〜〜
うちの畑は山からちょっと離れてるので、山の道の路肩に降り積もった落ち葉を、まさに今、集めてきましたよ。
雨にぬれていて、すっごく重かった〜〜〜。
もー腰ぬけるかと思った〜〜〜。

へえ〜、kiiさんのふるさととかじゃなくて、二人で探した土地なんですね。
別荘地から離れているていうのがイイですよね。
そのぶん水道を自力でひくとか、大変なことはあったでしょうね。
Posted by ann at 2010年12月12日 12:27
こんにちは
今日はとても暖かです。
落ち葉は宝物です。
今は手に入らないので(入れようとしない?)
腐葉土を買って使っていますが
年間にするとかなりの金額になります。
でもその腐葉土でモグラを飼っているような
気もしています。
ところでけいさん今はどちらに?
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年12月12日 15:38
落ち葉は山にしておくのですか?
間に動物の糞をサンドイッチすれば最高の堆肥になりますね。
別荘状態のログハウスでは生き物は飼えないですものねえ。
野迫川に住み始めたら家畜を飼う予定ですか?
Posted by ゼンチ at 2010年12月12日 17:17
けいさんこんばんは。
自然の林は何年も落ち葉が重なって下から次第に微生物たちが分解して土にかえっていきますよね。
その上を歩くときの靴底の感触も落ち葉のにおいも大好きです。
誰も肥料を与えない山で植物たちは元気に育っていくのをみてあんなふうにできたらと思うけど自分の庭ではなかなかむずかしいです。
けいさんのところでは実践できそうですね。
そちらもかなり冷え込んできましたか、土が凍りつく前にやらなければと思うことがいっぱいなのに進みません^^;
Posted by ミント at 2010年12月12日 21:28
☆annさん、おはようございます。

そうか、annさんのあの落ち葉は山から集めてきていたのですね。
それも大変ですよね。
野迫川でも路肩に溜まっている落ち葉を見ると、融雪剤が散布され
ないうちに集めてきたいなぁと思うわ。
まだ欲しいもの。。。(笑)

いろいろあって大変ですけどね。
なにもかも自分にかかってくるから。。。
でもまぁ、昔の人はそんな風にして生きてきたもので、逞しさも
次元が違うとつくづく思います。
Posted by けい at 2010年12月13日 06:55
☆まぁにゃさん、おはようございます。

日曜日は穏やかないい一日でしたね。
12月は例年kiiさんの一人旅も多いんですけど、やはり私は
あまり山には行けないかも。。。
大阪暮らしが多くなるとうんざりしてきます。
写真をきちんと撮ってきてねと厳命しているんですけど。(笑)

落ち葉って街ではほんとうに嫌われもので、ゴミ扱いでしょ。
勿体ないなぁと眺めています。
アスファルトの上に落ちた落ち葉は濡れると危ないから、仕方が
ないんでしょうが。。。
大体がアスファルトが良くないのですよね。
Posted by けい at 2010年12月13日 07:01
☆ゼンチさん、おはようございます。

落ち葉は落ちたまま放りっぱなしなんです。
適度に分解していい土になっていきます。
ここは私の育樹エリアでもありまして。。。

いずれ完全移住するようになれば犬は飼いたい、というより
絶対に必要でしょうね。
山羊も飼いたいと思っているのですが、どうしたら手に入る
のでしょうね。
ルートを探しておかなくては。
Posted by けい at 2010年12月13日 07:06
☆ミントさん、おはようございます。

そう、そう、そうなんです!!
一般栽培ではなく、有機栽培でもなく、じつは自然栽培を目指して
いるつもり。。。
自然のまま手を掛けないこの場所の土が一番良いのが不思議で、
ずっと観察してきましたが、ますます自然栽培への思いを強くして
います。
私の大胆挿し木法が成功する確率は此処がやはり一番高いんですよ。
何も手を掛けないのですけど、土が良くなっているのでしょうね。

時間は掛かりますが、微生物の偉大なる力です!!

12月は相変わらずの多忙で山は放りっぱなし、1〜2月は雪が降って
何も出来ず。。。
それをいいことにだんだんズボラになってます。(笑)
もっともイノシシに徹底抗戦を挑まれているもので、今は手を掛ける
甲斐もなし、なんですけど。
Posted by けい at 2010年12月13日 07:18
今日は近畿全域に雨マークです。
気温も下がるそうです。
暖かな初冬と思っていましたが
野迫川の分厚い氷ですね。

落ち葉の絨毯、我が家の柿やポポー、梅は
この落ち葉と草とが肥料です。
この温かい落ち葉の下であの「ダイコンサルハムシ」が越冬するそうです
我が家の野菜はこの「ダイコンサルハムシ」のために穴だらけなんですが
果樹のために辛抱です。

道より高い位置に家、いいですね。
我が家は村の一番端っこ、堤防が高いのです
窓はれんじがあってそんなに見透かされないと思うのですが
夜は窓を閉めています

今年もあと少し
寒さも本格的に、いよいよ・・・・ですね
Posted by sakko at 2010年12月13日 07:40
☆sakkoさん、おはようございます。

落ち葉の恩恵で、sakko果樹園の果樹はみんな元気なのですね。
我が家でも落ち葉の敷き積もらない敷地上段は、やはり土がなかなか
良くなりません。

「ダイコンサルハムシ」の被害って相当ですよね。
人間はおこぼれを戴いているような。。。
でも安心印が一番ですね。

道より高いから何とか丸見えのスッポンポンでも目線が届かないで
いるのですけど、敷地内道路を歩く不便さを考えると、家はもう少し、
せめて20メートルは手前に建てたら楽だったと思います。
後の祭り。。。です。
Posted by けい at 2010年12月14日 06:46
けいさま
山も枯れはがビッシリの季節を迎えていますね。
枯れはは大切な肥料になりますね
我家も今年は狭いながら庭の枯れはを全部集めて隅っこに
糠と交互に埋めてみました。来年の肥料に期待してみます。
今年も年末が目の前に控えています。何かと忙しく
なりますね。新しいお住まいで日の出を向かえ新年をお迎えですね
良いお年になりますように祈ります。
Posted by hana at 2010年12月15日 20:22
☆hanaさん、おはようございます。

北海道は雪がかなり降っているようですね。
寒さも厳しいようで、気をつけてくださいね。

枯葉のお陰で無肥料栽培が可能なのはありがたいです。
微生物の力って凄いなとつくづく思います。

糠とのサンドイッチは分解が早まるそうですね。
まだそこまではしたことがないのですが、効果は大きいのだと
聞きました。
いいのが出来るといいですね。
また拝見させてください!!
Posted by けい at 2010年12月16日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック