2010年12月19日

氷は2センチ

見回り点検と飲料水を汲むためだけの慌しい野迫川行きだった。
行ったと思ったらもう帰る時間だなんて、なんとあずましくないこと。。。

庭の木々はすっかり葉を落としていた。
裸木の庭
厚い落ち葉を踏みながら歩くこの時期の庭巡りは寒いけれど楽しい。
カサコソとお供付き。
鳥たちの姿もよく見える。

一面の銀世界を予想していたのだが、期待が外れてがっくり。
イノシシがひっくり返した無残な姿も、雪の下に隠れてしまえば見なくて
済むから。
甘い考えを笑うように、ほらね、弱点を突いてやってくれるじゃないの。
やってくれるね。

雪は無かったが池や水溜りにも氷が張っていた。

発泡スチロールの中の氷。
氷1

氷2
午前10時半でこれだから、朝晩は相当冷え込んでいるのだろう。。。
posted by けい at 19:12| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この間、高野山の初雪のニュースを見ながら
野迫川も積もっているかなと思っていましたが
まだでしたか。
でも2cmの厚さの氷ってすごいですね。
今朝は冷え込んで我が家の花畑も
−3.5度でした。
室温は6.9度でした。寒かったですぅ。



Posted by sakko at 2010年12月19日 19:30
雪は嫌なものも隠してくれますから好きです。
草刈りが出来なくてイライラしていた所も雪がかぶってホッとしました。
断熱用の発泡スチロールも蓋をしなければ役に立たないのですね。
2センチの氷も何日かかけて出来たのかもしれませんね。
−10℃なら一晩で凍ります。
例年はこの時期は雪の中なんですか?
Posted by ゼンチ at 2010年12月19日 20:04
こんばんは
分厚い氷ですね。
ずいぶん冷え込んだのでしょうね。
ネットを外したのはだれでしょう。
突き破ったという感じではありませんね。
これから冷え込みがきつくなるでしょうから
植物には雪があった方がやさしいでしょうね。
車の運転さえなければ雪はいいですね。
大人になって雪に対する思いは複雑です。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年12月19日 20:27
☆sakkoさん、おはようございます。

雪は降ったらしく、日陰には雪の残骸らしきものもちらりと残っていました。融けてしまったのでしょうが、雪の遅いのはありがたいです。

氷は融けかけて融け切らないうちにまた凍結し、それを繰り返しているのだ
と思いますが、分厚いので吃驚しました。

バテバテながら、あとひとふんばりしなくっちゃ。。。
Posted by けい at 2010年12月21日 07:19
☆ゼンチさん、おはようございます。

11月から雪が降るときもありました。
12月の雪というのも珍しくはないのですが、今年はまだうっすら程度の
様子です。
雪が降ると見たくないものを隠してくれるので平和な気持ちになりますよね。
今年は特にそんな気分です。

そちらはもう解けない雪ですね。。。

まだマイナス10℃にはなっていないはずですから、何日かかけて出来た氷
だと思います。
マイナス15℃が一週間続いたときもありますから、温暖化は確実に進んで
いるのでしょうね。
Posted by けい at 2010年12月21日 07:25
☆まぁにゃさん、おはようございます。

子供の頃は雪を楽しむ気持ちしかなかったのですが、
大人になると複雑ですよね。
野迫川に住まいを定めるまでは、冬場の雪や氷とは無縁の
街の暮らしでしたから、再び雪のある場所で生活することには
戸惑いもありましたが、季節のメリハリだけはガッツリと充分に
あります。

でもね、昔のように、一晩でアイスキャンドルを作ることが出来る寒さ、
というのが最近は少ないのです。
温暖化は確実に忍び寄っているのですね。
Posted by けい at 2010年12月21日 07:33
2cmの氷ですか。
私、そんな厚い氷って、見たことが無いですよ。
ずっと積雪の無い土地で生きてきたので
恥ずかしながら、車のタイヤにチェーンは巻けないし、
そもそも雪道の運転が、・・・多分、出来ません。やったことないのです。
週末に里山へ通う時も、朝「山道が凍ってたらどうしよう」と
かなりビビリながら行きます。
めったに無いのですけどね。山間部とはいえ、道が凍ってるなんて。
ひとくちに「山間部」「中山間地」と言っても
しかも、同じ西日本でも、野迫川とこちらでは全然環境が違いますね。
寒干し大根とか、美味しくできそうだなぁ・・・
なんて、そちらの良いところが次々と頭に浮かびます。

・・・同じなのは、猟期なのにイノシシが我がもの顔で出没してるってことでしょうか。
もう、最近は、人身事故ならぬイノシシ身事故が怖いです。
けいさん達も、気をつけてくださいね。
Posted by ちほあるいははるの at 2010年12月21日 20:18
野迫川はもう、すっかり冬景色ですね。
東京に着いたら、まだ街路樹のイチョウが盛りでびっくり。
銀世界は素敵だけれど、やっぱり暖かいのが一番だなーとしみじみ。
今日は、18度もあるんですもの。

挿し木の確率、8割はずいぶんイイですね。
そのまま葉っぱが腐葉土になってくれる環境は本当に素晴らしい。

こちらでも袋詰めした公園の落ち葉を配布してくれる日があって人気なのですが、やはり殺虫剤も使っているだろうし、山のものとは違うからちょっとどうかなと思ったりします。

あーあ、屋上が枯葉だらけヨ。
これから掃除しなきゃ。
ウチではゴミにしかならないのよね。。。トホホ
Posted by モモカナール at 2010年12月22日 13:14
☆ちほあるいははるのさん、こんばんは。

PCの調子が悪いのかネットの不具合か、2日間悩みました。
カメレスをご容赦。。。

私は北海道生まれの北海道育ちなので寒さも凍りも雪もヘッチャラ
なんですけど、やはり特異な気候なんでしょうね。。。

車のタイヤにチェーン。。。
フフフ、じつは私も巻けません。kiiさんにお任せなんです。
美味しい魚料理を食べられないのと、雪道が困るから先に逝かないでね、
と申し渡してあります。(笑)

寒干し大根は勿論ですけど、凍り豆腐も超が付くぐらい美味しく
出来ますよ。。。
それほど関西にしては寒いです。

多忙で山行きの間隔が空いていますが、イノシシたちがどんな横暴ぶり
か・・・想像したくありません。
Posted by けい at 2010年12月24日 20:26
☆モモカナールさん、こんばんは。

帰国されたのですね。
お帰りなさい!!

エ〜〜ッ、イチョウがまだ残っているのですか!?
もう、吃驚!!

多忙な12月を過ごしていて、kiiさんは「てっぱん」の
広島行きですし、山に帰るのがままならずです。。。
今頃、広島焼きを食べているんだろうな、何回食べたんだろう
と思うと、おのれ!!と思うぐらい悔しいわ!
食べ物にはいたく執着があるものですから。。。(笑)

>袋詰めした公園の落ち葉を配布してくれる日があって
エ〜ッ、そんな日があるんですね。エコで歓迎される企画ですよね。
屋上の枯葉はもっと安心印、すごくいい肥料になると思うけれど。
Posted by けい at 2010年12月24日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック