2011年01月11日

凍てつく紀和トンネル

県境の短いトンネルは氷道だった。

「今ツルッと滑った気がする。。。」「そんなことないよ」
「いや、気がする!」

紀和トンネル2

今回は道中の買い物の都合で、国道168号線(通称イロハ街道、但し二人の
間でのみ通用する呼称)から野迫川入りせず、和歌山県側の富貴から入った。
県境には手掘りのような、短くて狭い「紀和トンネル」がある。
先の会話はそこを通行中のもの。

紀和トンネル1

「ほら、こんなに厚く凍ってるじゃないの!!」
「だって4WDのスタッドレスだよ。滑ってないもん。信用してよ」
「絶対に信用できない、恐かったんだからね!!」

紀和トンネル3
しかし、ゾッとする。
こんなのが落ちてきたら凶器だね。

でも、幾ら寒いといっても暖冬傾向の昨今はこの程度まで。
私たちが週末開拓を始めた頃はもっと凄かったのだ。
幾つも続く急坂とこのトンネルの凍てつきに閉口して、冬場はこの道を使わ
ないと決めていたぐらいに。


山の家は。。。
融けるどころかまた降り積もり、すっかり雪と氷の中。
解けるどころか。。。
7日の朝は村内の穏やかな場所でも−10℃を記録したそうな。
そこよりも寒い我が家は、多分−12〜13℃だったろう。
上等の凍み豆腐ができただろうに居合わせなかったのが残念だと、地団太を
踏む食い気旺盛な私である。
すっかり冷え切っていたログは、夜更けてもなかなか暖まらなかった。
posted by けい at 18:45| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お化け屋敷の入口かと…。
すれ違いの出来ない昔からのトンネルなんですね。
壁や天井から浸み出した水が凍っているんだあ。
私も冬には通らない道がありますよ。
遠回りしても走りたくない恐ろしい道です。
長い坂がスケートリンクのようになるんですよ。
命がけです。
Posted by ゼンチ at 2011年01月11日 20:10
こんばんは
すごい氷柱ですね。
子供の頃はこんなのが
屋根からさがたものですが
最近は屋根の作りが変わったせいも
あるのでしょうが
見かけなくなりました。
壁面も凍っていますね
ツルツルで通りたくない道ですね。
野迫川には雪がたくさんありますね。
冷たい風にさらされるよりこのほうが植物には
やさしいですね。
こちらも今朝は氷点下5度でした。
日中も5度と冷え込んでいました。
今の室温が8度です。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年01月11日 20:33
氷のトンネル、恐いですね。
大きいかまくらかと思いました。
「滑っているに1票」
雪がたくさん残っているんですね。
冬は部屋が直ぐに暖まらないから大変ですね。
しっかり着込んで、ご自愛ください。
Posted by 南 常雄 at 2011年01月11日 23:25
☆ゼンチさん、おはようございます。

お化け屋敷の入口・・・そうでしょ?
夕刻に通過するのは不気味な雰囲気でキライです。

年末からこの道を通るのは敬遠していたのですが、除雪して
あったので大丈夫かと。
やっぱり恐かったです。

>長い坂がスケートリンク
これ、判ります。。。
昔、狩勝で坂道が登れなくなって恐い思いをしたことがあります。
それ以来氷や雪にはかなり神経質になってます。
Posted by けい at 2011年01月12日 06:57
☆まぁにゃさん、おはようございます。

トンネルの氷柱も昔はもっと凄かったのですが、年々細っているようです。
ログ屋根の氷柱も今年は小ぶりです。
どこもかしこも冷え冷えしていて、冷凍庫でした。

こんな日は動き難いですよね。
そういいながら、正月からこちらズボラばかりしています。(笑)
Posted by けい at 2011年01月12日 07:02
☆南さん、おはようございます。

凍てついていて歩くのも恐いです。
スパイク付きの長靴が必要だとつくづく。。。

そちらは一気降りの一気下がりなんですね。
旭川には届きませんが、関西にしたらなかなかの雪景色でしょう?
奥の別荘地では雪による倒木の危険性もあるそうで、関西電力の
高所作業者が出動していました。

ツルッ、と滑った感触って幾ら誤魔化しても判りますよね。(笑)
Posted by けい at 2011年01月12日 07:08
昨日の朝は一番冷え込みましたね
野迫川−12度から−13度でしたか
我が家の花畑に温度計を出しておいたら、なんと−9度でした
目を疑いましたよ

紀和トンネル、怖いトンネルですね
大きなツララが落ちてきたらと思うとぞっとしますね
壁面も全部凍っているのですね。
「ようご無事で・・・・」到着できましたね

雪も降り続いていたのですね
まるで別世界のようです

やまと国中(くんなか)は、雪はありません
周りに山をめぐらしたこの地は古代から雪が少なかったのかも
知れませんね。

寒い寒いといっていますが、
「昔はもっと寒かったね。干している洗濯物が直ぐ凍ったものね」と
言い合っています。

昨日コロと散歩に行ったのですが
道が凍っていてすごく怖かったです
けいさんも転ばないように気をつけてくださいね


Posted by sakko at 2011年01月12日 07:49
☆sakkoさん、おはようございます。

このところ冷え込んでいますね。
sakkoさんの所もかなりの冷え込みなので吃驚しました。

昔のトンネルでもまさか手掘りではないでしょうから、削岩機
かな。。。
いかにも恐そうな、何かが出てきそうなトンネルでしょう?
初めて通ったときは恐々でしたけれど、慣れるものですね。

西吉野よりも東吉野はもっと雪深いと聞きました。
奈良でもいろいろですね。。。
野迫川の開拓を始めからの年数でさえ、昔はもっと寒かった
といえますから、ジリジリと温暖化傾向なんでしょうね。
洗濯物が一斉にピンと凍ったのを私も思い出してます。
Posted by けい at 2011年01月13日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック