2011年04月25日

小さな花たち(2)

カタクリ、ユキワリソウ、ヒメリュウキンカ、ローンデージー(イングリッシュ・デージー)

カタクリは二ヶ所あるうちの一ヶ所が食べられてしまった。
(カモシカか鹿、多分カモシカだと思う。)
増えていたのにと、プンプン。

此処だけでも花を見ることができてよかった。。。
カタクリ

カタクリ

「ユキワリソウ」二種
ユキワリソウ1

ユキワリソウ2
小さくて可憐すぎる。。。
細々と生き残っているが、地植えでは無理があるのかも。
手前の葉はワイルドストロベリーでユキワリソウのものではありません。

「ヒメリュウキンカ」
ヒメリュウキンカ
いろいろ植えていたが消えてしまい、これだけ。

「ローンデージー」
ローンデージー

最近の娘との話題は、花や野菜、ハーブに関することが多くなってきた。
「今まで気配もなかったのに。。。」などと言いながら、母は嬉しくて
仕方がない。
確かに遺伝ってあるものだわね。
宅急便の中に関連本をどっさり入れたのだが、担当のお兄さん、重くて腰を
抜かしそうだった。(笑)
posted by けい at 20:15| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
カタクリのサクラがきれいに写っています。
うつむいているのでなかなか写せないのです。
カモシカさんに食べられないでよかった。
周りに1枚葉も見えますね。
無事に育ってくれるといいですね。
お譲さんも園芸に目覚めてくれたのですか
これでうん十年後の後継者が出来そうですね。
めだたしめでたしです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年04月25日 22:02
野迫川も花盛りですね
小さなお花、いいですね。
カタクリの花、2枚目の写真いいですね。
葛城山のカタクリが咲いたら見に行こうねと友人と約束していましたが
今年も行かなかったです。
雪割り草もこの時期に咲くのですね
早春は黄色が似合って、この時期は紫がかった紅がいいですね。

お嬢さんも園芸大好き人間に・・・・いいな〜
我が家の息子は全然興味なしなんですよ。
日本人の血には農耕民族の血か流れていると思うのですが
彼には狩猟民族の血が流れているのかな?aki君は虫が怖いし・・・

宅急便のお兄さん「中身は?」びっくりの重さだったのですね。
Posted by sakko at 2011年04月26日 00:41
☆まぁにゃさん、おはようございます。

俯き加減の花が多いから、中を覗かせてもらうのはひと苦労ですよね。
撮っている姿は見られたくありません。(笑)
この桜が見たくて・・・。

いったいどこから入っているものか、探検隊をしているのですが見当たらず、
結局例の崖に太いテグスを張り巡らせました。
ネットではちょっと無粋なので。。。
駆け上って「あっと驚く為五郎、そして道路へドッテン」する姿を想像して
いるのですが、そううまくはいかないでしょうか。

娘との話に植物が登場するなど、想像もできなかったです。
彼女の興味の対象からはすっぽりと抜け落ちていましたもの。
本人には内緒ですが、野迫川を託せるかなと密かに期待してたり。。。
Posted by けい at 2011年04月26日 07:51
☆sakkoさん、おはようございます。

葛城山のカタクリ、それは見たかったです。
かなりの登山になるのかしら?

雪割り草、例年ですともっと早かったはず。
今年は思川桜もまだですから、ほんとうに遅れてますよ。

kiiさんも花や木にそれほど興味が有ったわけではありませんが、
いまは吃驚するほどの変化。
息子さんもいつか興味をもたれるかも。

ゆうパックは30キロまでO.Kですから、重い荷物のときは
特に重宝します。
24キロのうち20キロぐらいは本だったような。(笑)
配達される人も嵩の割りにズッシリなので吃驚しているでしょうね。
Posted by けい at 2011年04月26日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック