2011年06月27日

いろいろ作業報告

暑いですねぇ!!
大阪は今日は風があるだけまだ少しマシだけれど、連日の猛暑にはヘロヘロ
になる。
室内に居てもバテそうなのに、外気に晒され、その上に直射日光下では想像を
絶する暑さ。。。
皆様、体調管理はどうぞご充分に。。。

さて先週末の作業報告です。

ログの軒下で40℃超えである。
軒下で40℃超えです。
日の照る場所では何℃になっているのだろう。

外には一時間も居られないほどの暑さの中で、kiiさんはログのデッキの
作業に入った。
久々のログ作業1
今まで騙し騙しきたのだが、雨に晒されているデッキはついに朽ちて落ちて
しまった。
リビングキッチン内の作業を優先したかったが、致し方なく予定変更。
ひどい荒れようでしょ。

デッキに置いてあったものを片付けてから、解体作業へ。
久々のログ作業3

久々のログ作業2
手を付けるとなれば、いよいよ永久的なものにするための本格的な工事になる。

土台になる木は葉枯らしにするために数ヶ月前に伐ってあるのだが、それを
山から引き出してくるのが二人掛かりの一日仕事。(・・・で終わるかな?)
かなりの重労働になるので気合を入れてかからなきゃ。。。

日中は猛暑だが、日が翳ると別天地の野迫川村。
これが奈良県だと思える??
夜は鶏鍋(え〜っ、鍋?と思いっきり厭そうな顔をされた御仁もおありだろう)、
明け方は寒すぎて窓を閉め切る。
勿論扇風機の出番もまだない。

今回は久々にJAでいろいろ買い物して野迫川入りした。
お買い物

知り合いのところに立ち寄る。
薬効の高い野生の枇杷が欲しくてお願いしてあったもの。
野生のビワ

実は枇杷酒に、葉はお茶にする。
ビワ酒

此処まで片付けて「いざっ!!」と草引きに出て大ドジをした。
草引きをするときは手元などほとんど見ていない。
半端でない量なのでそんなことをしていては時の間に合わないのだ。
目線は先へ、先へ。それで、つい不注意になっていた。。。
左手の人差し指に山の大きな黒い蟻が上がってきたと思ってくだされ。
思わず捻り潰そうとしたら、蟻ではなかった。
蟻のような蜂?
チクッと刺して彼奴は飛んでいったのだ。

スズメバチならいざ知らず、たかがアリンコほどの虫なのにそれがまた
痛いの何の。
腫れあがるわ、疼くわ、悲惨な有様になり。。。。
ブヨにも十数ヶ所刺されて気が狂いそうになっているが、それよりも指は重症。
土曜日に帰阪したが、ようやくキーボードにも触れるようになったのである。

私はろくに作業ができなかったが、kiiさんはいろいろ頑張った。

鹿は何処からともなく入り込み、今ではシモツケやアジサイまで食い尽くして
いる。
草花がダメなら小低木でいこうか・・・と思った矢先だった。
私の思惑を読み取り、まるでせせら笑うかのように・・・
何度も点検するが侵入口がまるで判明しない。

ササユリの花芽が出てきたので食べられてはかなわないと急遽保護対策。
鹿対策2

花豆には青空がよく似合う。。。
ほんとうにそう思う!
2紫花豆
昨年お初の花豆をまぁにゃさんから戴いたが、花は見ることができたが実る
までには至らなかった。
あまりにガッカリしたのを哀れだと思ってくださったのだろう。
今年南さんから豆を送っていただいたのでリベンジである。
紫花豆1
花が咲いた、嬉しいねと大喜びしたのだが、株元を見て仰天した。
花豆の株元
葉っぱがない。 何、これ!! こんなことってあり? 許されないわ!!

鹿対策1
とりあえず保護はしたものの、今はどうなっていることか。
今回は蜂刺されで元気がなかったが、次回は唐辛子リカーをお見舞いするのだ!!
おのれ、待っておれ!!
posted by けい at 21:00| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロスズメバチではありませんでしたか
まぁにゃは2回刺されています。
痛いの痛くないのって
それはひどいめにあっています。
でも1回目は土手に作った巣穴を見つけて
父が止めるのも効かずに掘りかえして
丸いマンションみたいな
段々の巣を掘って遊んでいて
ズボンの裾には入れれて足を
さされて大泣きしました。
2度目はこちらに来て物置で
何もした覚えはないのですが
小さなクロシマのハチに・・・
傷みが納まったと思ったら
痒くなってまいりました。
アシナガバチや黄色スズメバチなどにも
刺されています。
でもハチは怖くないので平気でそばにいます。
大人しいイモムシが震えあがるほど怖くて
家に逃げ込むのに不思議ですね。
シカさんは相変わらず食べたい放題なのですね。
困りますね。
デッキの修復作業は一大事業ですね。
見ただけで気が遠くなりそうです。
でもログを作ったけいさん達ですもの
難なく頑張ってしまうのでしょうね。
と言いながら自然界では
アクシデントが多すぎますね。
気を付けて頑張ってくださいね。
ちちゃなビワ そのまま食べたいです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年06月27日 22:07
蜂に刺されたのですか? お大事にして下さい。 山での仕事本当に体が資本ですから。 週末は出かけていましたが今日も畑で、先週から草刈りで体はあせもだらけです。まるで幼児のような皮膚です。シャワーを浴びるのですが痒くて痒くて。ケイさん、ブヨにも刺されられたのですね。 私の場合ブヨに刺されると蜂のようにきんきんに大きく腫れてしまいます。蜂とブヨのダブルパンチさぞかしおつらいと思います。
鹿の進入口を見つけるのは本当に難しいですよね。 うちも以前、下からの予想もつかないようなほんの小さいすき間から子鹿が入って根こそぎ食べられた事がありました。 毎回、山の家に行くまで花の季節は特にハラハラです。 悔しいやらやりきれないやら。
次回は7月2日、3日と山に行きます。 アジサイが心配です。
Posted by Fiora at 2011年06月27日 22:20
こんばんは

花豆の花が咲いたんですね。
うちのも咲いて、昨日、写真を撮ったところでした。
今年の家庭菜園は成績が悪く、不作になりそうです。原因は古い種を蒔いたり、世話のしすぎだったりいろいろですが、毎年、安定した作付けをするのは難しいものですね。

昨日、虫こぶ観察の山でコガタスズメバチの巣に遭遇、写真を撮ってきました。まだ雌1匹だけで?兵隊さんの居ない小さい巣でしたが、近づいたらいきなり出てきて恐かったです。一度も蜂に刺されたことが無いので、痛さ痒さは分かりませんが、お大事に!!!
Posted by 南 常雄 at 2011年06月27日 23:52
おはようございます。
え〜〜つ、びっくりです。
ありんこ位の小さな蜂、それがえらい毒を持ってたんですね。
キーボードも打てないほどの痛みがつづいていたのですね。
私は毎年と言っていいほどミツバチに指されていますが、最近は10cmくらい赤く腫れる程度に免疫ができました。
草の中にいたのですね。
草の中っていろいろな虫が潜んでいて怖いですね。
私は以前、ムカデに指されたことがあります。
今でもムカデが一番怖いです。痛かったですよ。

デッキの修復作業暑い中、kiiさん頑張っておられますね

それに、野迫川も真昼は猛暑なんですね。
朝には弱いので夕方頑張っていますが、日中は畑など行けません。
6月でこの暑さ、7月8月が思いやれてますね
Posted by sakko at 2011年06月28日 06:32
☆まぁにゃさん、おはようございます。

クロスズメバチというのもありですか。。。
腫れて思うように動かなくなり、ジンジンと痛むしで参ってました。
毎年のように何やかやと刺されてますね、私。

>段々の巣を掘って遊んでいて
まぁにゃさん、結構大胆なことをされていたのですね。
そうです、腫れと痛みがマシになってきたら猛烈に痒いです。
比べたらイモムシなど可愛いものだと思いますが。。。(笑)

デッキはいろいろ考えていたのですがようやくお互いの見解が
歩み寄りを見せましてGOです。

屋根をつけないと傷むとの声もありますが、不細工なことは
したくないですし、そこはまだ思案中です。

ビワ、小さいけれど熟すと美味しいものですね。
野生のものは種が大きいのが難ですけど。
Posted by けい at 2011年06月28日 07:27
☆ Fioraさん、おはようございます。

黄色スズメバチとオオスズメバチ以外には何度も刺されているのですが、
刺されるたびに免疫が出来て軽くなるということはないのですよね。
ブヨはかなり耐性が出来ましたよ。
昔はお岩さんになっていましたもの。
アブはまだダメです。
腫れあがって水ぶくれになります。
毒虫は恐いです。

2メートルを飛び越えてくるのではもう処置無しです。
下部はもうほとんどカバーしていますので、飛び越えやすいところを
うまく見つけ出しているのでしょうね。
探索方も視点を変えなくてはいけないかも。

>悔しいやらやりきれないやら。
そうなんですよね。
今は少しだけ虚しさが勝ってます。
Posted by けい at 2011年06月28日 07:36
☆南さん、おはようございます。

花豆、ありがとうございました。
可愛いオレンジ色を見たときは小躍りしましたが、下部を見て
ギャァッ!!と悲鳴をあげました。
やるものですねぇ。。。
慌てて保護策を講じましたがネットが足りなくて不十分です。
次回は購入して野迫川入りしなければ。
うまく実を持ってくれたらいいのですが、それには葉の充実も
大切な要素ですよね?

種、最近はF1品種も増えているようですが、自家採取させない
方向は納得できないです。

スズメバチはキイロ、オオスズメ、アシナガぐらいしか知らなかったのです。
いろいろあるのですね。
調べておかなくては。。。
南さん、刺されなくてよかったですね!!
Posted by けい at 2011年06月28日 07:45
☆sakkoさん、おはようございます。

山の大蟻は15ミリはありそうです。
彼らも噛むんですけど、蜂のように腫れて痛み疼くことはないような。
指が腫れると不便ですね。
キーボードを打とうとするでしょ。
包帯を巻いているのでますます太くなり、隣のキーに当たるんですもの。

ムカデには遭遇したことはありますが、まだ刺されたことはないんです。
ムカデとマムシとオオスズメバチ、キイロスズメバチは体験したくないです。

この暑さ、堪えますね。
じっとしていてもきついのに動くといっそう。。。
でも外仕事は雨がない時期がベストですから、頑張らなきゃと思ってます。

野迫川は空気が澄んでいるし山が高いのでも紫外線がきついですし、日中は
凄い暑さですよ。
でも木蔭やログ内はずいぶん涼しいんです。
朝晩は別天地です♪
Posted by けい at 2011年06月28日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック