2011年07月05日

田舎暮らしは忙しい。

先の記事の荒仕事で疲労困憊の二人。
でも翌日も作業は待ってくれないのよね。

鹿避け防御
これは頭の黒い動物ではなくて、四足の仕業。

野草茶作りが急務。
野草茶
kiiさんはドクダミとスギナが好みだが、私には桑茶がベスト。
やっと待望の桑茶摘みの適期が来た。
奥と手前が桑の葉。
体調が崩れかけていたが、これで何とかなるかも。。。

今年は何故かスギナもドクダミも激減している。
スギナは原因が不明だが、ドクダミは鹿&カモシカが因。
ドクダミまでをこれほど食べつくされる年は、今までに知らない。
これもドクダミ
でも、イノシシの土木工事のお陰で消えかけた斑入りのドクダミが、幾ら復活
の気配を見せようと、お茶には利用し難いのが不思議。

山椒の実も適期だが、二人で二時間も摘んでやっとこれだけ。
今年は今までに体験したことがないほどの大豊作なのだ。
山椒の実を摘む
山椒の実を摘むのはほんとうに時間が掛かる。
これでやっと一株の7割ほど。
まだ摘める雌木は三株あり、ため息。。。

梅の実はまだこんな感じ。
流石に奈良県の北海道?
梅
この株は早咲きの紅梅だが、白加賀などはまだまだ収穫には程遠い。

フサスグリ
ルビーのようなフサスグリの実。

ビックリグミは旬を逃した。
たくさん落ちてしまって勿体ないことをした。
ビックリグミ1

ビックリグミ2

ビックリグミ3
大きくて綺麗でしょ!!
少し渋味はあるけれど、甘くて美味しい♪

ビックリグミは二株あるのだが、奥の株を見に行って発見。
ケヤキについていた虫こぶ。(ですよね?)
虫こぶ1
虫こぶの権威である旭川の南さんのお顔を即思い浮かべる。

恐る恐る切開してみた。
虫こぶ2
ギャァッ、とは言わなかったけれど。。。(笑)

モリアオガエルは先の卵塊が孵化し、第二陣が登場している。
モリアオガエルの卵塊

「ホタルを見に行こう!!」
「もう疲れたからいやだよ、それにまだ早い。旬は来週だと思うよ!!」
なんやかんやと言い訳を並べ立てて行くまいとするkiiさんを脅しながら、
ホタルを見にそぞろ歩き。
ホタルはまだチラッと出だった。

遥か離れてとぼとぼと歩いてくるkiiさん。
ホタルを見に行く
この距離感が現在の二人の関係を如実に物語っていると思わない?
posted by けい at 20:30| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
大きな作業で忙しいでしょうに
細かいことも随分こなしましたね。
山椒の実がたくさん採れましたね。
これを作るのもまた時間のかかる仕事でしょう。
ほんとよく頑張りますね。
我が家のヒヨはビックリグミが大好きです。
赤くなったと思って写しに行ったら
もうなくなっていました。
なっている数も少ないからでしょうね。
けいさんのアキグミのジャムを真似て
一度作ってみたいと思ったのですが・・・
トボトボ歩きにkiiさんの疲れが出ていますね。
連日頑張っているのですものね。
やめたどこぞの大臣ではありませんが
B型は興味を持つと疲れなど吹っ飛んでしまいますからね・・・
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年07月05日 22:19
ケヤキハベリヒメタマフシ(形成者:タマワタムシ科の一種)ですね。
「ケヤキ−ハベリ−ヒメタマフシ」って読むとわかりやすいです。

週末に札幌までケヤキの虫こぶを観察に行ってきました。
北海道にはケヤキの自生はありませんが、道央以南では公園や庭園に植栽され
ていて、虫こぶもできます。
お世話になっている農業試験所の人から、調査に行っている試験圃場のケヤキ
に虫こぶがいっぱい付いているという連絡をいただき、いっしょに観察に行き
ました。こちらのは別種のタマワタムシ科によるケヤキハフクロフシでした。
どちらもケヤキに普通に見られる種ですね。
でも道北では見られない虫こぶなので、たくさんサンプルを頂いてきました。

タマワタムシ科はアブラムシ科のなかまですが、虫こぶを作るものが多いので
虫こぶの世界ではアブラムシ科と別けて扱っています。
Posted by 南 常雄 at 2011年07月06日 00:53
おはようございます
涼しい朝ですね。
田舎暮らしは忙しい。田舎の一人暮らしはもっと忙しいです。
年毎に草に負けて「ま〜いいか」と諦める場所が増えています

kiiさんけいさんの力仕事振りを見て「お若いな〜」と思っています。
山椒の実が経験したことも無い大豊作、
我家もヤマモモが・・・・これは毎年成っているのですが
虫が少なかったです。
白加賀が例年にない不作でした。
花時の気温が影響するのでしょうか
今年は何もかも、いつもと違いますね。
昨夕の地震は和歌山が震源地・・・・・
何かが近づいている気配・・・・
沈黙中のアライグマが大暴れする日が・・・・不穏な空気が漂っています

蛍を見にいこうと徒歩で出歩けるのがいいですね

写真では遠くに見えますが実際の 距離は5mくらい後ろかな
Posted by sakko at 2011年07月06日 05:29
☆まぁにゃさん、おはようございます。

この時期に片付けなきゃならないことってありますものね。
先延ばしに出来ないからつらいところです。

山椒の実、佃煮が美味しいのですよね。
雌木は6株あるのですが、2株はまだそれほど実が生らないので
放っておくとして、残り3株は摘んでしまいたいのですが、気力が
湧きません。
ほんと、山椒摘みは時間ばかりが掛かりますね。

ビックリグミ、意外な美味しさですね!
ヒヨが好きなんですか?
アキグミは昨年まったくダメでしたが、今年はどうでしょう。。。

こんなに離れてトボトボ歩きじゃ、マムシ避けの役には立たない
ですよね。
Posted by けい at 2011年07月06日 07:37
☆南さん、おはようございます。

「ケヤキハベリヒメタマフシ」
ありがとうございます。
答えがきっと得られるものと決め付けておりました。

ベースキャンプのケヤキは大きすぎて葉の状態などわからないのですが、
これは庭奥のまだ比較的小ぶりなケヤキなんです。
たくさんの虫こぶに吃驚しました。
ケヤキにも付くのですね。。。
アブラムシ科の仲間なんですか。
切開の瞬間、二人ともアブラムシを連想したんです。

虫こぶ探し、kiiさんがいろいろ目を走らせています。(笑)
Posted by けい at 2011年07月06日 07:45
☆sakkoさん、おはようございます。

家造りがなければ、もっと山暮らしを楽しみながら過ごせるの
ですが、ある程度家のキリがつくまでは仕方がないのですよね。
昔は平気で出来たことがしんどく思えるようになり、しんどさを
知恵でなんとかカバーしているというのが実態でしょうか?(笑)
体力、気力は確かに落ちてますが、やらなきゃと思うことがそれなりの
健康に繋がっているのかもですね。

草は呆れるほどすごいです。
私ももう今年は「ま〜いいか」の心境になりつつあります。

ホタルは最盛期は敷地に居ながら楽しめるのですが、まだちょっと
早かったです。
今週末ぐらいが旬でしょうか。

山椒の実は大豊作ですし、梅も今までよりは収穫できそうです。
でもまだこんな調子ですから、世間が梅干しの土用干しをする頃に
我が家ではやっと梅酢が上がるぐらいです。
sakko果樹園のヤマモモ、大収穫でしたね!
美しいヤマモモ酒がたくさん出来ましたね。
ビワ、柑橘類、ヤマモモ、富有柿など、野迫川では不可能な果樹です。

昨夕の地震、私は気付かなかったんですよ。(←鈍すぎ?)
kiiさんが「地震だ!!」
「何処が?」などとトンチンカンな言葉を返してました。
Posted by けい at 2011年07月06日 08:02
・・・・南さんともお知り合いなのですね
私のところに書いてくださっていましたっけ・・・
本当に驚きです
けいさんとはきっとご縁があるのですね
今度南さんとお会いしたら詳しく訊いてみます
そうそう、今日私が嵐山に行っている間に南さんが来て虫こぶ探しをして行かれました

メスの山椒が三本もあるなんて羨ましいです
すごい収穫ですね
けいさん 奈良の生駒山のそばにお住まいなのですか?
興味深い生活です
いろんなこと教えてくださいね、よろしくお願いします

Posted by yuuko at 2011年07月06日 20:49
☆ yuukoさん、書き込みありがとうございます。

生駒は奈良県の西北、野迫川村はずずっと南の端っこのほうなんです。
南ですけど気候はかなり厳しくて、奈良県の北海道などと呼ばれて
るんですよ。
植物などは寒冷地向きで、なおかつ暑さに強いものという難しい地域です。

yuukoさんのところで南さんと小出さんのお名前を拝見して吃驚しました。
ハクウンボクが結んでくれたご縁、心から嬉しいです♪

私たち、山椒狂いなんです。
庭には20株を超える山椒の木がありまして。。。(笑)
佃煮に花鍋にと、填まり込んでます!
今年も実生の苗木を5本見つけて大喜び、まだ増やす気でいます。

こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by けい at 2011年07月07日 07:44
こんにちは。雨が続いています。
私は自宅で久々にごろごろと過ごしています。
雨が降らないとなかなか休めませんね。
体力も維持しながら外での仕事は続けていかないと、と思っています。

野草茶、良いですね。私も大好きです。ただ、家族がなかなか飲んでくれなくて。
ドクダミは山の家では雑草と一緒に凄い繁殖振りを見せています。
かなり抜いてしまいました。
もったいないですね。

山椒の実も凄い量ですね。 料理にも使えるし、佃煮も作れるし、食欲をそそる良い薬味ですね。 
うらやましい限りです。

ビックリグミなど木の実もすばらしい。 私も刺激を受けて育ててみようかなと思います。

ホタル、まだこれからですか? 土、日と朽木に行きますがホタルはどうなっているのか楽しみです。

Posted by Fiora at 2011年07月07日 14:36
☆Fioraさん、おはようございます。

よく降りましたね!!
雨のときは諦めて(安堵してかも(笑))映画や読書に
浸りきることが出来るのが嬉しいです。
植物だけでなく、人間にも適度に雨は必要ですね。。。(笑)
昨日は知的好奇心を満足させた一日でした。

野草茶は昔はkiiさんも嫌がったのですが、スギナやドクダミの
効能を体験してから意識が変化したようです。
今では率先して摘む人になってますよ。
ドクダミは毎年恐ろしい量をお茶にしていたのですが、今年は異変です。
鹿はドクダミまで食べるんですよ。
薬用にしているのかもです。(賢い!!)
私は今は山桑茶にどっぷりと填まっています。

山椒の実、晩霜に遭わなければこんな収穫なんですよね。
もう摘むのもイヤになるぐらいです。
山椒は若い枝先の佃煮と花山椒の鍋が大好きで増やし続けてます。

この週末、ホタルを眺めながらオンザロックを楽しんでいると思います。
ただし、雨でなければ。。。
Posted by けい at 2011年07月08日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック