2011年07月07日

桃色ナツツバキと英彦山ヒメシャラ

ナツツバキとヒメシャラはまだチラリと咲き出したところだが、その仲間内では
桃色ナツツバキと英彦山ヒメシャラが一番早い開花である。

「桃色ナツツバキ」
毎年挿し木で失敗しているのがこれとヤマボウシ。
桃色ナツツバ1

桃色ナツツバ2

桃色ナツツバ3
ほんのり朱を帯びた姿が可愛いでしょ!
今年は紅の入りが少し弱い。

「英彦山ヒメシャラ」
花は桃色ナツツバキと同じぐらいの大きさで、花期もほとんど同じ。
英彦山ヒメシャラ
どれも、大きくしすぎ。。。
奥が英彦山ヒメシャラで手前に見える花が桃色ナツツバキ。

英彦山ヒメシャラ2

英彦山ヒメシャラ1


**********
野迫川村は寒さが厳しくて柑橘系の果実やビワ、ヤマモモ、富有柿などが育たない。
ヤマモモの実を拝見して思わずそれを残念がってしまったのだが、今朝、ズシリと
重いマモモが奈良から届いた。
ルビーのような美しさに思わずため息。
ありがとうございます!!
ヤマモモ
早速リカーに漬け込み、出来上がる日を楽しみにしている。

今日はこんなものも見つけた。
シイラ
あまり店頭に並んでいるのを見たことがない、一般には馴染みのない魚だが、
これはシイラ。有効部分だけで40センチほどの大きさ。
夏のいっときだけお目にかかれる。
淡白な味わいで、塩焼きは勿論のことフライにしてもムニエル、ピカタ、何に
しても美味しい。
もっと買ってきたらよかった・・・と呟いたら、我が家の調理人が目を剥いた。(笑)
posted by けい at 22:20| 奈良 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
夏ツバキこちらもまだ少し花が残っています。
山の家では剪定なしなので
よく茂っていますね。

気のせいかなと思っていたら
少し長い地震になりました。
こちらではまだ小さな地震が続いています。

シイラ
釣り番組でお目にかかることくらいしかありません。
お弁当で知らないうちに口にしているかもしれませんが
店頭には並ばないお魚です。
大阪でもめずらしいのですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年07月08日 03:43
薄桃色のポッチが入る姫しゃらは、夜明け前?
私、一枝いただいたのを挿し木しているんですよ〜
こんな見上げる大木になるんですね
挿し木、つくといいなあ〜〜
ついたら、どこに植えようかな〜〜〜
すっごくキレイよね、白いのばかりしか知らなかったので、興奮してしまったの
Posted by ann at 2011年07月08日 05:55
6月の猛暑にこの夏はどうなるのかなと心配でしたが
7月に入って雨が降ったりで涼しい日が続いていますね

桃色ナツツバキ、これも例年より花が多いのですか。
緑の葉に白い花、ほんのり紅色が付いて
いいですね。
でも純白のヒメシャラもいいですね。

シイラって大きな魚ですね
これを2尾も・・・・
魚をさばくのはkiiさんですか。


ヤマモモ、無事に届いてよかったです。
透明のリカーが紅に変っていくのを楽しんでみています
Posted by sakko at 2011年07月08日 06:07
☆まぁにゃさん、おはようございます。

もう剪定不可能でしょ?(笑)
のびのびと自然樹形もいいですよね。
庭奥の樹木など特に伸び伸びしすぎです。

地震、続いているようですね。
そのたびにびくつくと言っていました。

シイラ
淡白で美味しい魚なんですけど、あまり出てこないですね。
ほんとう、釣り番組で見るぐらいしかないです。
たまに行く魚屋さんは時々変わったものを置いているので、
「ばばぁ」などもそこで知りました。
シイラを見たときは嬉しくて飛び上がりました!!
シイラご飯、お茶漬けにも美味しいんですよ♪
Posted by けい at 2011年07月08日 06:13
☆annさん、おはようございます。

桃色ナツツバキがまだ人の口の端に上らない頃に手に入れたもの
なのですが、最近はいろいろ銘打って登場しているようですね。
うちのは銘などなかったです。
単に「桃色ナツツバキ」
「夜明け前」というのもあるの?
うまく根付くといいですね。
また挿し木してみようかな。。。ずっと失敗してるのよ。

ナツツバキ系もヤマボウシ系も魅力のある樹木です。
うちのは自然のままに放任ですけど、剪定すればこんなことには
ならないから大丈夫。。。
Posted by けい at 2011年07月08日 06:23
☆sakkoさん、おはようございます。

ヤマモモ、ありがとうございました。
無事に届きました。
そうなんですよね。
ヤマモモ酒は色の変化も楽しみです。。。

ナツツバキ系もすごい花なんです。(笑)
ほんのり紅を差した雰囲気がなんとも愛らしいでしょう?
ヒメシャラは花が小さいのですが、この英彦山ヒメシャラは
花も大きいですし姿良しで大好きなんです。

シイラってもっと大きくなるそうですが、私たちが手に入れるには
このぐらいが手頃ですよね。
売っているのは皮も剥いてあるのですが、皮を引いてしまうと旨みが
少なくなるようで、それで一本売りでとお願いしたのです。
さばくのはうちの調理人。。。(笑)
中骨が硬くてごついので難儀したようですが、それなりになんとか
こなしてました。
全部冷凍庫行きになりましたが。
Posted by けい at 2011年07月08日 06:35
モモイロナツツバキっていうのですね
先日 友達のお庭を見せていただいたらこれがありました
私は「このナツツバキ 花がピンクなのね」って言うと「ナツツバキってこんな花なんじゃないの?」とのお答え
今まで見たのは白かったと思うのじゃが・・・と訝っていました

これですっきりしました!
この木肌が好きです
ヒメシャラも同じような木肌ですか?
そしてヤマモモってヤマボウシの実に似てますか?

こちらのブログをリンクさせていただいていいですか?
Posted by yuuko at 2011年07月08日 19:09
ごめんなさい 二つ入っちゃって
エラーです、って出るのでついでに書き加えたら 両方とも入ってました
お手数ですが上の方を削除していただきたいです
Posted by yuuko at 2011年07月08日 19:24
☆ yuuko さん、こんばんは。

夏椿の木肌は私も大好きなんです。
山の庭には夏椿が花が咲くものだけで5株、ヒメシャラは数知れず、
桃色夏椿が一株に英彦山ヒメシャラが一株あります。
そういえばみんな仲間なのに夏椿以外の木肌を今まで気を付けて
見たことがなかったです。
>ヒメシャラも同じような木肌ですか
に、ドキンとしました。
明日早速撮ってみますね。

ヤマモモはヤマボウシの実に似てますね。
味わいはヤマモモのほうがずっと上ですけど。
野迫川村は奈良にありながら寒冷地なので、柑橘類と枇杷、富有柿、
ヤマモモが育たないのです。
それだけが残念ですが、冬場マイナス15℃ぐらいまで下がる年もある分、
夏場の涼しさは最高のご馳走です。
大阪から一時間半(70キロ)離れているだけなんですよ。

リンク、ありがとうございます!!
私のほうからもリンクさせてくださいね♪
Posted by けい at 2011年07月08日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック