2011年07月16日

ナツツバキとヒメシャラ

ぎっしりついたナツツバキのこの花芽、一日花だけれど次々と咲いて長い期間
楽しませてくれる。
木肌の美しさは天下一品だと思う。
ナツツバキ、英彦山ヒメシャラ、桃色ナツツバキ、ヒメシャラと全部の木肌を
撮ったのだが夕刻だったのでうまく個性が出ていない。
リベンジすることにする。

山の庭にはこのナツツバキが花咲くもので5株、実生を含めるとその数知れず。
ナツツバキ5
花は見上げる遥か彼方、いよいよ森っぽくなってきたでしょ。

ナツツバキ1

ナツツバキ2

落花したばかり。。。
ナツツバキ3

吃驚するような蕾の数。
ナツツバキ4
白い蕾が小粒の白玉団子に見えて、おいしそうだなんて如何にも食い意地が
張った私らしい。

ヒメシャラはナツツバキ以上に蕾がぎっしり。
英彦山ヒメシャラは花も大振りで花姿も美しく目立つけれど、このヒメシャラは
花が小さい。
ヒメシャラ1
幾らたくさん咲いても如何せん地味系。

ヒメシャラ2
花期は桃色ナツツバキや英彦山ヒメシャラよりも遅く、ナツツバキと同じ頃
なのでずいぶん損をしていると思う。
だって、つい比較してしまうもの。

このヒメシャラ、こぼれ種でドンドン増える。
ヒメシャラ3
実生の株にも花が咲き出した。
ところが彼らは邪魔なところにばかりボコボコ出てくるのが難点。
そして実生には、少々邪魔っけでもちょっとやそっとでは伐る決心がつかない
という愛しさがある。あぁ、つらい。。。

好きな桃色ナツツバキや英彦山ヒメシャラが、一向に実生で育たないのは
どうしてだろう。。。

椿屋敷の山姥と呼ばれることを懸念していたが、いずれ山の庭は椿よりも
ヒメシャラに席捲されるかもしれない。
posted by けい at 21:00| 奈良 | Comment(7) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
今日はの瀬川ですか?
今頃涼しい夜を過ごされているのでしょうか
今晩はお月さまがきれいですが
暑い夜です。
今日偶然シャラ好きな方と
話をして、木肌の美しさはヒメシャラの方が
断然きれいと教えてもらいました。
そうですか?
好き好きがあるけど株立ちがお勧めとも言われたのですが
我が家は1本でとても怖くて切れないと・・・
たくさんあったら株立ちに挑戦してみたいです。
今気付いたのですがもしかしてまぁにゃ
株立ちの購入を勧められたのかも・・・
今度会ったらもう一度聞いてみよう
自分中心に話を聞いているおとぼけまぁにゃです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年07月16日 22:03
野迫川がの瀬川になってしまいました。
ごめんなさい。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年07月16日 22:07
☆まぁにゃさん、おはようございます。

木肌、私は個性的なナツツバキのほうが好きですけど、人それぞれ
ですものね。
花自体もヒメシャラは地味系ですから、あまり目立たず、山庭では
ナツツバキの陰に隠れているような。。。
鬱葱と繁っているものですから、木肌は光の具合がいいときに撮ろうと
思っています。

株立ちは確かに風情がありますよね。
ヒメシャラ、実生でボコボコ出てますから、季節が良くなったら
鉢上げしておきますね。
保険の苗があったら安心かも。。。

株立ちは英彦山ヒメシャラを仕立てたくて、挿し木をしてみるのですが、
なかなか根付いてくれません。
発根剤があればなんとかなるかしら?
Posted by けい at 2011年07月17日 07:08
へえええ〜〜そーなんですか
ヒメシャラもナツツバキも、同じもんだというくらいの、お粗末な認識でした
木肌にも個性があるんですね
そしたら、けいさんくらいになると、木肌を見ただけで分類できちゃう?
私もナツツバキを1本植えたいな〜〜、でもどこに?
と言いながら何年も経ってしまったよ
ヒメシャラは、他のナツツバキたちに先駆けて、真っ先に咲くというくらいの努力をしないとダメですね〜
もっとも、街なかの庭では、ヒメシャラ1本あれば「きれいね〜〜」って感動してもらえると思うけど。
Posted by ann at 2011年07月17日 08:30
太陽があるうちは外に出られない暑さです、
畑も収穫以外は水遣り程度の仕事ですが、やはり草に圧されています

花木、いいですね。屋敷内に木を植える場所が無いので、諦めています。
ナツツバキは最近近所でも見かけるようになりました
息子宅にも小さいのが1株あります。
木肌・・・・今夜行くので観賞してきます

野迫川は涼しいといっても日中は暑いですから、
作業なされる時は、くれぐれも暑さ対策をなさってくださいね。
右下まぶたを虫に刺されて、膨れ上がっています。
見え難いので誤字があったらお許しを・・・。
Posted by sakko at 2011年07月17日 15:57
☆annさん、おはようございます。

夏椿の木肌はとっても美しいんですよ。
桃色夏椿もかなり個性的かな。
私、それぐらいの認識しかないですよ。(笑)

ヒメシャラと英彦山ヒメシャラは同族とは思えないぐらい、英彦山
の花姿は素敵です。
好きの順列を付けないようにしているけれど、やっぱり好きはあるよね〜
Posted by けい@野迫川 at 2011年07月18日 06:43
☆sakkoさん、おはようございます。

昨日はまたすごかったですね」。
大阪を出てくるときは、湧きあがる熱気にひっくり返りそうでした。

虫、ブヨですか。
免疫ができていないときついですよね。
私は相当に耐性ができているほうだと思うのですが、それでもかなり
堪えますもの。

うちは今、草花が鹿&カモシカ、イノシシのおかげで元気が薄いのですが、
だから花木以外になくって。。。(苦笑)
でもやっぱり草花は好きだから、かなり悔しいです。
Posted by けい@野迫川 at 2011年07月18日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック