2011年07月24日

いろいろ。。。

この二週間の多忙は少々堪えていて、哀しいかな、なかなか体調が戻らず
ゆっくりせざるを得ない。。。
でね、仕方なくタラ〜リ、タラ〜リと不本意な時を過ごしているのだ。

でもごろごろしているばかりではなく、それなりには動いているのよ。

kiiさんは台風の後始末に忙しい。
谷からの引き込み水の整備、風で倒された鹿避けネット(役立たず)の補修、
子供たちの来訪に備えての諸々、危険個所のチェックや切り倒した木々の後始末
など、二日ほどは回復期間にと言いながらそれなりに頑張っている。
一番きついのは木々を燃やして片づけることでしょうね。
何しろ、夏場の本格的な焚火(笑)ほど堪えるものはないものね。

私は暑い作業は一抜けた。。。
草引きと糧食当番と野草茶作りや梅仕事に。
野草茶
左がドクダミ、真中は山桑茶、右は虫避け特効薬のヨモギリカー。

摘んできた紫蘇をもんで梅の本漬け。
赤紫蘇摘み

糧食当番のネタはJAで仕入れてきた野菜いろいろ。
JAで野菜を買う

紫花豆もカラスやカメムシで受難なのだが、隠れてこっそり元気な子もいる。
紫花豆
このまま、うまく育ってくれるといいのだけれど。。。

植えこんだ苗は鹿の餌食になったと思っていたら、幾つか復活していたプチトマト。
花が咲き出した。
プチトマトの花
キュウリの苗は全部食べられていた。
あんなシガシガしたものをよく食べるものだ。

さて、モリアオガエルのおたまちゃん。
おたまちゃん
さっちゃんが喜ぶでしょうね。
カエルやバッタが大好きなんですって。
バッタさん
山庭はうんざりするほど虫だらけだものね。

谷からの引き水を整備に行ったkiiさん、700メートル離れていても
作業が順調かどうかは所用時間と水量で計れる。
出てきた、出てきた、うまくいっているみたい。
ありゃりゃ。。。
ふっと水受けを見て吃驚。
木の葉にしがみついている君はまるで一寸法師のような。。。

ミヤマクワガタの雌?
これはミヤマクワガタの雌??

不思議なことに我が庭への訪問者はこの種が多いのだ。
雄なら子供たちが大喜びするだろうにね。。。

追記:
「コクワガタの雄」なのだそうです。
まぁにゃさんに教えていただきました。ありがとう!!

posted by けい at 21:25| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
この間の台風はわが田原本では何事も無かったのですが
野迫川では鹿避けネットが倒れるほどの風が吹いたのですね。
お仕事でお疲れのkiiさん、山に来てもお忙しいですね。

野草茶も沢山出来ましたね。
紫蘇を摘んで梅仕事・・・・
私は梅の土用干しが出来る晴天を待っています

復活したプチトマト、お孫さんたち喜ばれるでしょうね

モリアオガエルの赤ちゃん、バッタ、カブトムシ・・・
お孫さんたちとの楽しい日が目の前に来ていますね。

Posted by sakko at 2011年07月25日 06:16
☆sakkoさん、こんにちは。

お腹がすいたぁ〜とkiiさんが煩いのと、雨が降ってきたのもあって
いったんログに引き上げてきました。
草だらけでね、半日だけで大山ができてます。

昨夜の地震、久しぶりだったので不気味でした。
十津川が震源とか。。。
海ばかりでなく、内陸部も・・・安心できませんね。

子供たちに怪我をさせたら大変だと、できるだけ危険排除。
じいじはひどく甘いのです。(笑)

Posted by けい at 2011年07月25日 13:32
こんにちは
けいさんの所が6号の被害は一番受けたのかな
お疲れ様でした。
小さい人たちを招き入れる前にやることいっぱいですね。
今年もあの大型プールを作るのでしょうか
オタマちゃんやバッタ
コクワガタの雄でしょうか
年を越して飼うことが出来ます。
派手さはありませんが丈夫で飼育しやすいです。
ゆっくりと言っても働き者のけいさん
しっかりやるべきことはこなしましたね。
野草茶も梅仕事も
お疲れ様でした。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年07月25日 17:17
☆まぁにゃさん、こんばんは。

コクワガタの雄、なのですね。
ありがとうございます。
なにしろ小さいから、雌かなと思いました。
それにしては角が凛々しいなぁ、なんて。。。

台風被害、樹木にも少し・・・。
ニセアカシアが一株完全に倒れ、キングサリも倒れかけでした。

子供たちを預かるのは怪我が一番心配ですね。
今回は子供たちだけの旅なんですよ。
だから内心は心配もしていますが、これも成長の証ですよね。
Posted by けい at 2011年07月25日 21:48
おはようございます。
本当にスローライフはビジーライフですね。
でも、いろんなことをなさっているのですね。
驚きます。
お茶の葉もたくさん作られて。
私も来年は野草茶作ってみたいと思います。
茶葉の刈り取り時期は初夏がいいのですか?

料理もあの野菜達を使ってどんなのが出来るのかなあ
と、想像してしまいます。
野菜の苗も育てておられるのですね。
カボチャは以前朽木でも鹿に食べられなかったです。
固いからかなあ、と思うのですが。
でも、成長するまでに葉っぱがやられますね。

冬場−15℃にも下がるのですか?
これも驚きです。 時計草、つぼみがでていました。
朽木はマイナスにはなりますが、それほど下がらないと思うので
大丈夫だと思うのですが。

夏休み、お孫さん達が来られるのですね。
にぎやかで活気があって良いですね。
私はお盆明けに千葉の袖ヶ浦に帰省して稲刈りです。

なかなか、ログハウスのこと集中できません。
Posted by Fiora at 2011年07月26日 11:26
すごい量ですね!
ドクダミ茶のことです
桑の葉はきれいな色に干せるのですね
今年は出来なかったけど来年は干してみます
うちのドクダミは明日晴れたら完璧に乾きそうです
陰干しのせいか色がいいようですよ

先日 熊谷榧さんの「ブナ林からの贈り物」が届きました
思ったとおりの本で さっそく読み始めています
写真も美しくて嬉しいです♪♪
いい本を紹介してくださりありがとうございました
Posted by yuuko at 2011年07月26日 16:53
☆ Fioraさん、おはようございます。

ほんとうはもう焼き物やいろいろ、手作りをして
楽しみたいのですけど。
保存食も作りたいですし、やりたいことがたくさん
あるのに、持ち時間は少なくなっていきます。

野草茶、ぜひ!!
ドクダミは花が咲いているときが薬効も高くて旬ですし、
他はまだ摘んで作っています。
今日はまた一時間ぐらい、山桑を摘もうかなと考えてます。
夏場が乾燥しやすくて一番適期かもです。
緑茶にもチャレンジしたいのですが、今年も鹿のお腹行
でした。(苦笑)

うちはすごい野菜喰いなんです。
野菜料理がたくさん並ぶととにかく嬉しい。
ベジタリアンではないですよ。
完全移住してもっと対策をきちんとしないと、畑も本格的には
作れなくてもどかしいです。

私は北海道十勝の出身ですから、寒いのは平気なんですけど、
それでも野迫川も年々温暖化傾向ですね。
Fioraさんは千葉でしたか。。。
Posted by けい@野迫川 at 2011年07月27日 06:05
☆ yuuko さん、おはようございます。

野草茶、今年はぜ〜んぜん、なんですよ。。。
一年分にはまったく足りません。
困った困ったと言い暮らしてます。
ドクダミはもう少し緑を残すのが理想ですが、天候の関係で
この程度なのは少々不本意ですけど。。。
緑を綺麗に残して干せたら、最高ですね!
いかに早く乾かすかがポイントなんですけど、これは天候も
大きく影響しますものね。

熊谷榧さんの「ブナ林からの贈り物」
最終章の圭二さん、素敵ですよ。
私は小出さんの「隠される原子力・核の真実」を読み始めました。
Posted by けい@野迫川 at 2011年07月27日 06:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック