2011年11月11日

紅葉・黄葉

今年の秋は木々の美しい彩りをあまり楽しめなかった。
紅く、或いは黄色く変化する前に茶色くなって舞い落ちてしまうのだ。
いつまでも来なかった春、それに続く長雨に渇水の夏、暖かすぎる秋。
今年も自然界は厳しかったが、そのせいなのか。。。
庭の様子

大手通販会社がメイプルリーフと間違って送ってきたカエデ。
名前もわからない。
もう10年は前のことになる。
??
お詫びと共に新たに送られてきたメイプルリーフの苗は、根付く前にイノシシに
蹴散らされて枯れてしまった。

メイプルリーフのある庭が夢だった。。。
本当ならもうこんなに大きくなっているところなんだよね。
シロップも少しは採れるようになっていたかもね。
見上げるたびにそう言われたんじゃ、あずましくないよね、きっと。

いつもは美しい紅葉を見せてくれるのだが、今年は黄色が多い。
落ち葉

山の庭は黄葉の樹木が多いことに今更のように吃驚する。
黄葉
ここはハクウンボクやシロモジ、ウワミズザクラなどの庭奥のエリア。
美しい黄色になる前に茶変してしまう。

カツラの葉もすっかり落ち、甘いカラメルの香りが確かに漂っている。
落ち葉1

辛うじて紅が映えるのは、ヤマボウシや柏葉アジサイ、ブルーベリーにモミジ。
ヤマボウシ

ヤマボウシ

柏葉アジサイ

ブルーベリー

モミジ
モミジは数株しかないので、少し寂しい。
赤の濃い種類を幾つか増やそうかな。
裏山の自生を探しに行こう。。。

オトコヨウゾメの実は気付いたらほとんど消えていた。
オトコヨウゾメの実
ヤマガラが集まっているなとは感じていたが、あれほどたくさん実っていた
エゴの実も今はもうチラッとしか残っていない。

ナツロウバイに実が付いていた。
ナウロウバイの実1
昨年は気付かなかったけれど、面白い形だね。

中を覗いて、、、根元に埋めておいた。
ナツロウバイの実2

こんな木あった?と首をかしげているのがこれ。
こんなに大きな木なのにどうして今まで気付かなかった??
それも庭の中ほどにデンとしているのにね。
ツリバナもそうだけれど、自生種にはこういうウッカリが結構ある。
これは何?1
柳だろうか?

今年思い切って切ったあのスモークツリーの大木。
またこんなに萌芽している。
スモークツリー
早めに切ってくださいよとkiiさんからの要望。

ふっと足元を見るとミョウガの実。
ミョウガの実
じつにおどろおどろしい不気味な雰囲気。
鹿に食べられて生育が悪いせいだろうか、ミョウガの実は滅多に見ない。
もっともこんなのがたくさんあったら、、、ちょっと引くよね。

訂正↑
「ミョウガの実」と頭では思いつつ、花と書いている。。。(汗

posted by けい at 20:30| 奈良 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
昨日は一日中雨でさすがのsakkoも畑行き無しでした。
この間まで暑すぎた秋で、紅葉、黄葉の色が悪いですね
毎年ポポーの黄葉を見ながら秋を感じるのですが
今年はいつの間にかなくなっているって感じです。
夏ろうばいの実、面白い形ですね
種まき、芽が出たらいいですね
茗荷の花、一度本物を見てみたいです
わが家の茗荷は柿の木の下になっています
柿を取るのに、上を見ながら歩くのでほとんど踏まれています
でも、探してみます
湿度や気温も左右するのでしょうね
Posted by sakko at 2011年11月12日 06:07
おはようございます
けいさんの所でもきれいに色づかなかったですか
モミジがまだ青いままです。
昨年は紅葉してくれたのに・・・
ミョウガ今年もできたのですね。
一度実物を見てみたいと思っていますが
採り残しの多い我が家でも
見ることが出来ません。
環境があるのでしょうね。
ロウバイは実生で芽が出ると
お隣で育てていますが
ナツロウバイも育つのでしょうね。
ちゃんと袋から出しましたか?
Posted by ねねまゃにゃ at 2011年11月12日 06:46
☆sakkoさん、おはようございます。

私たちの活動は天候に大いに左右されてますよね。(笑)

今年の紅葉は綺麗なところ取りで、部分的に見ることにしました。
ほんとうにイマイチです。
ポポーも黄葉ですか。。。
ナツロウバイも黄色なんですよ。
傍らにあった実生のヒメシャラを伐ってからグングン元気になってます。
日照が良くなって実が付いたのでしょうか?

茗荷の実、一見ドキンとしますよ。
不気味な雰囲気で、あの赤がどうも強烈過ぎます。
もう少し可愛くてもいいのにといつも思います。
(すみません、ミョウガの実と書いているつもりで、今見たら花に
なってました。)
Posted by けい at 2011年11月12日 07:09
☆まぁにゃさん、おはようございます。

秋のこの時期は庭巡りにも気持ちの余裕が出てくるのですが、
今年はご覧のとおりです。
イマイチの紅葉は寂しいですね。

ミョウガの株はたくさんあるのですが、実は限られるようで、
今年もまだこの一つしか目にしていません。
出来る条件はかなり難しいのですよね。

2009年11月11日の記事から
http://nosegawaclub.seesaa.net/article/132617848.html
茗荷は湿度や受粉の条件が整わないとなかなか実を付けないらしく、しかも
結実には50日もの日数を要するそうな。
結実しにくいのであまり見ることができないとも...。
白いのは仮種皮で、その中にある黒いものが種子なのだそうです

>袋から出しましたか?
ハイ、出しましたよ。
面倒がりやですからついそのままいっちゃいそうですが。。。(笑)
そろそろシオデの種も採り蒔きしなくては。
Posted by けい at 2011年11月12日 07:21
今年のミシガンも紅葉は期待できませんでした。
ミシガンには珍しく暑く雨の少ない夏でした。
それかな?小鳥さんが木の種を運んできてくれ
ますよ〜森もきっと賑やかになる。
Posted by みどり at 2011年11月12日 11:01
☆みどりさん、おはようございます。

ミシガンの紅葉はとても美しく感じられてましたが、
本来ならもっと素晴らしいのですね!?
野迫川は近年ないぐらいのガッカリの紅葉でした。

雪から始まって渇水、そして秋の豪雨と、厳しい一年
でした。
Posted by けい at 2011年11月13日 06:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック