2011年11月16日

菊いろいろ

野生のキク以外は山庭には少なかったのだけれど、お嫁入りしてきた苗が
ようやくしっかりしたらしく、可愛い花を咲かせている。
幾つかは根付かなかったものもあるようだが、どれとは判らないのでごめん
なさい。
花が少なくなったこの季節はなんとも寂しかったが、彩ってくれるのが嬉しい。
小菊っていいですね♪
しっかり填まってしまいました。

品種名は???
キク1

キク2

キク3

キク4

キク5
最後のこれは確か食用菊の「もってのほか」ですよね?

ラベル:キク
posted by けい at 20:15| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
菊にもそれぞれ名前がありますね。
でも2年もするとみんなただの菊になっています。
最初だけはきちんとネームをつけているのですけどね。
最後の黄色もってのほかだけはわかりますね。
同じ食用菊でも地域によって呼び名が
異なるそうですね。
我が家の菊たちは咲いているだけの状態です。
従来の勝手に増えて行く小菊たちだけが元気です。
Posted by ねねまぁにゃ at 2011年11月17日 06:35
やっと11月の気温になりましたね。
あまり急なので寒さが身にしみます。
野迫川はもう霜が降りているでしょうね。
バラや他の花には皆名前が付けられているのに
菊は小菊、中輪、大輪などと区別されているだけのが多いですね
私の菊もお隣さんから挿し芽を貰ったのや
友人から貰ったのばかりで、名前は○○さんの菊なんですよ。
一番上の菊、優しい色ですね
Posted by sakko at 2011年11月17日 06:50
☆まぁにゃさん、おはようございます。

小菊いろいろ、楽しんでます。
小菊の愛らしさに目覚めました♪
ありがとうございました。
増えてくれると嬉しいのですが。。。

根付かなかったものもあって多分「もってのほか」は
ピンクもあったはずですよね?
枯らしてすみません。
Posted by けい at 2011年11月17日 09:01
☆sakkoさん、おはようございます。

まだいいかなと思いつつ、霜と凍結防止対策はチョビチョビと
していたのですが、終わりきらないうちにドカンと寒さがきて
しまいました。
どうなっていることやら。。。

おんなじで〜す。
もってのほか以外は品種がわからなくて、まぁにゃさんの小菊
と呼んでます。(笑)
Posted by けい at 2011年11月17日 09:06
我が家の庭でも最後まで咲いていたのは、菊でした。
品種は多いですね。食べられるといいのに^^’
食用でない場合、さて一体どんな副作用があるのでしょうか?笑
Posted by みどり at 2011年11月17日 12:25
☆みどりさん、こんにちは。

菊は花期が長いですよね。
花が少ない季節だからいっそう可愛く感じます。

食用菊でない場合。。。調べてみました。
鑑賞用の菊は、苦み、香りが強くて食用には向かないそうですが、
それが気にならなければ食べても大丈夫だとか。
ほんとうにいけるんでしょうか?
でもアクとかきつそうですね!

食用に改良された品種は「もってのほか」が有名ですけど、それ
以外にもたくさんあるそうですよ。
Posted by けい at 2011年11月17日 15:03
四季折々に季節の花が楽しめるのですね。
菊は地植えなんですか?
雪が積もるところでも、寒くても大丈夫なんですね。
画像を眺めていると小菊は本当にかわいいですね。
最後から2番目のピンクの小菊は色合いや形がかわいいですね。
これならドライにも出来そうですね。
Posted by Fiora at 2011年11月17日 21:44
☆Fioraさん、おはようございます。

菊って、それも小菊は意外な可愛らしさですね。
今まで野生の菊以外はあまり置いていなかったのですが、
填まりそうです。

>最後から2番目のピンクの小菊
私もこれが一番のお気に入りです♪
ドライには思い至らなかったです。

うちは全部地植えなんですよ。
山庭では水遣りはしない、が基本なのです。
保護されていない分野生的で強いのかもしれません。
鉢植えは完璧に住まうようになってからでないと無理なんです。
Posted by けい at 2011年11月18日 07:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック