2012年02月27日

今度はバッチリ!

午後七時、気温はグングン下がる。
今夜は星も煌いて凍み豆腐にはバッチリの予感。

午後七時

翌日は一度融けて、またしっかり凍り。
二日目
これを何度か繰り返すと美味しい凍み豆腐になるのだが、あいにく時間が
限られているもので。。。
それでも締まった仕上がりで最高の出来、kiiさんはホクホクしている。
よくもまぁ、飽きずに好きですねぇ。

遊びでも食べ物でも自然を利用するのは楽しくていいわね。

出汁を取った昆布じゃなくてほんまもんの昆布で煮てよ、、、などと言っていた
kiiさんに一矢を報いてと思った訳ではないが、今回は少し作り方を変えてみた。
今度はバッチリ
今回は抜群の旨さ。
(フラッシュで写真はミスったけれど、実際はすごく美味しく煮上がっている。)
もう出汁取り昆布などとは言わせない!!

今年の茸の植菌は寂しい。
多忙で適期にホダ木を用意することが出来なかったのだ。
ヒラタケ、ナメコ、マイタケと予定はしていたのだが、結局私が町で貰い受けて
山に運んだサクラのみ。
行きつけのHCにもう入荷していたので、無くならないうちにと買ってきた。
今年のきのこは。
早生のナメコは1000個の予定だったが、たった250個だものね。
仕方がないとは思いつつ、かなり落胆している。

posted by けい at 18:40| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
おかげさまで凍み豆腐はまねっこさせていただいて
美味しいのを食べることが出来ました。
こちらも今夜は冷え込んでいます。
今年も忙しそうでしたものね。
でもまだまだ機会はありますよ。
来年の秋がさみしいかもしれませんが
そんな年もあったなと
今回は250個のナメコで我慢してください。
きっと少し休ませてくれたのですよ。
忙しいばかりでは体がもちませんからね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2012年02月27日 20:55
おはようございます
この冬、1,2を争う冷え込みです。
花畑はマイナス8度でした。
凍み豆腐作りに最高の冷えです。
野迫川はもっと冷え込んでいますのもね
最高の仕上がりですね
この琥珀色の凍り方
美味しさが伝わってきます
昆布の佃煮は「少し作り方を変えた」
けいさん秘伝の味ですね。何と何が入っているのかな?
ずっとお忙しかったですものね
キノコ作りも大変な労力が要りますものね
一寸残念ですが、少なくても高品質のキノコが出来ますように。
Posted by sakko at 2012年02月28日 07:01
☆まぁにゃさん、こんにちは。

今年はかなりの植菌を予定していたのです。
まぁ、春は家造りに専念しなさいということなの
でしょう。。。
今年はもう、そこそこ恰好をつけていただか
なくっちゃね。
納屋も欲しいですし。。。ほんとうは休む間もない
ぐらいなんですけどね。

根性が大分へたれてきたのかも。
Posted by けい at 2012年02月28日 16:32
☆sakkoさん、こんにちは。

冷え込みましたね〜
凍み豆腐、今回のは最高の出来でした。
よく締まっていて美味しいです。
好きというと続くのが悪い癖ですが、凍み豆腐だけは
この季節だけのものですし、仕方がないかもと諦めてます。
kiiさんは定番のように「作るでしょ!」なんですから。

ホダ木は12月中には倒しておかなくちゃならないので、
それでも1月中なら何とかと思い、ジリジリしてました。
2月になってやっと諦めて。。。
毎年追加してきたから、今年はお休みもいいかもです。
そのかわり家造りでお尻を叩きます。(笑)
Posted by けい at 2012年02月28日 16:39
けいさんこんばんは。
凍み豆腐作ってるんですね。
子供の頃、豆腐を作ったのか買ったのか記憶に無いですが夜に薄くきった豆腐を何かに並べて夜に屋根の上に載せて凍らせたのを記憶しています。
食べたかどうかは覚えていませんが^^;

ところでずっと気になっていて・・・
以前けいさんに何かの種を差し上げる約束をしたのですがメモしていなかったのでわからなくなりました。
何の種か覚えていたら教えてくださいな。
何とも申し訳ないです。ごめんなさい。
Posted by ミント at 2012年02月28日 21:15
キノコの ほだ木の適期ってもう過ぎたんですか?

今年は初めてナメコ菌を打って見ようと白樺を10本ほど
頼んで在りますが・・・
お隣のログの暖房用にナラが積んで在るので
シイタケ用に10本ほど分けて貰おうかと・・・^^;
Posted by sumi at 2012年02月29日 22:48
☆ミントさん、こんばんは。

カメレス、ごめんなさい。
このところ花粉症に悩まされていまして、鼻はズルズル、
目は痛み涙ボロボロ、顔は晴れ上がってパンパンになってました。
こんなにきついのは初めてです。

ミントさんの所も凍み豆腐には合いますよね。
屋根の上で凍み豆腐作りって、それはまた豪快です!
昔はあまり好きではなかったものが、この年になると美味しく
思えます。
日向の味がするものって身体にもいいですものね。

種、、、何だったでしょうか。
フワフワした草か、亜麻か藍だったか、、、でもどうぞ気に
なさらずに。。。
今年また拝見しておねだりするかもですよ。
その節はよろしく!!
Posted by けい at 2012年03月01日 21:07
☆sumiさん、こんばんは。

野迫川では4月初旬までには植菌してしまいますので、
遅くとも1月中にはホダ木作りを完了しておくのですが、
(理想的には12月に済ませてしまいたい)北海道は
一ヶ月以上季節の巡りは遅いですから、大丈夫だと思う
のですが。

共に寒地ですから、ナメコは早生をお薦めします。
うちは当分、早生種以外は作らないつもりでいます。
Posted by けい at 2012年03月01日 21:14
こんばんは。

凍み豆腐、ぜひとも作りたいのですが
なかなか朽木では作るチャンスが無くって、、、
きれいな色に仕上がった
凍み豆腐を炊き合わせにして食べたいなぁ
さぞかし味がジワーッとしみ込んで美味しいでしょうね。

昆布も今せっせと冷凍庫に保存しています。
もう少したまると作ってみたいです。

そして茸は朽木でも今年、ぜひとも作りたいのですが
もう菌を買うのですか?
ほだ木はもう用意しておかないといけないのですか?
雪が融けてから準備をするものとばかり思ってました。
朽木はまだ雪の中です。
Posted by Fiora at 2012年03月01日 23:47
☆Fioraさん、おはようございます。

豆腐や高野豆腐とも違う味わいで、「ジワーッとしみ込んで
美味しい」という表現、そのものなんですよ。
先日は鯛のアラ煮にゴボウと一緒に入れてみたのですが、なんとも
深い味わいでした。

ホダ木は伐採後二ヶ月前後乾燥させるそうで、伐って即には植えられ
ないんです。
遅くとも4月初旬には植菌しますので、そうなると12月〜1月までが
ホダ木作りに最適な期間ということになります。

野迫川ではそんなタイムスケジュールなんですけど、平地ではもっと
早いようでキノコの種菌は3月に入ると店頭であまり見かけなくなり
ます。
うちの適期にお取り寄せしてもいいのですが(以前はそうしてました)
思う菌が品切れのことがあるし送料も別途でかかるので、見かけたのを
幸いに買ってきました。
開けないで涼しいところに置いておけばもちますしね。
Posted by けい at 2012年03月03日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック