2012年03月24日

いろいろ、です。

kiiさんの仕事が少し長引いて、先ほどようやく山入りした。
遅くなった分、明日はバッチリがんばらなくちゃ。。。

道中で食材を仕入れるが、野菜が高い。
ガソリンも高くなっているし、いろいろジリジリと値上がりしているような。
やだねぇ。
JAで買い物

荷物をあらかた下ろしてから、明るいうちにと庭の見回りに行ったkiiさん。
「フキノトウが出てないよ!!」
「エ〜ッ、今年も鹿に先手を取られたか!!」
みそ
ふきのとう味噌を作ろうと、味噌もたくさん買い込んできたのに。


ところで野菜が高いと書いたが、、、我が家のベランダの水耕ミニ菜園。
トウミョウ
町の近所のスーパーでずっと途切れていた豆苗だが、このところ週に一度ぐらい
スポットで登場している。
また入らくなったら困るから見かけると複数で買うようにしているのだが、二次栽培が
どんどん増えてこれは二箱め。

その傍らでは椎茸を干している。
椎茸
これは自家栽培ではない。
まだ寒いから山の椎茸は出たとしても時期はもっと先になる。
しかしこの椎茸、これだけで990円也。
椎茸に関しては育てるのが空しくなるね。

今日はかますごも夕食の一品に。
カマスゴ
私はもっと大きいものも平気だが、kiiさんはこのぐらいの大きさまでが好み。
上品にできているんですって。。。(笑)
焼いてポン酢に絡めたのが好きだ。

「かますご」って難しい字なのよね。
「梭子魚子」、、、ちょっと読めない。

関東では“こおなご(小女子)”大阪では“かますご”兵庫では“いかなご(玉筋魚)”
九州では“かなぎ(金釘)”と呼称も様々だそうで、西日本では“シンコ(新子)”とも
呼ばれるが全部同じものだったのか?
しかもどの呼び名も馴染み深いのが不思議だ。
それほど生活の中で親しまれてきた食材だということなのだろう。

小さなイカナゴのちりめんは“かなぎちりめん”として売られているが、これは
九州から来た呼び名なのだろうか?
ちりめんじゃこが大好きな私だが、このかなぎちりめんはまた格別に好みで、大袋
を幾つか切らさずに冷蔵庫と冷凍庫に入れてある。
おやつにムシャムシャ食べる私をいつも気味悪げに見ないでよね、kiiさん!!

posted by けい at 18:00| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええっ!そんなにたくさんの味噌でふきのとう味噌にするの?
どんだけ〜〜〜〜
ふきのとうって、生えるところと生えないところがあるのかえ〜?
うち、さくらんぼの下の日陰なんだけど、蕗はよく生えるんだけど、ふきのとうはあまり生えないのよ〜
どーしてなの?

ふーん、イカナゴで、私は知ってるけど、それ、ぜんぶおなじ魚なのか〜
今年も母が釘煮を作ってくれたので、私は買わずに済ませました〜
今回のはしょうがじゃなくて、山椒の実入りだったよ
Posted by ann at 2012年03月24日 19:02
トウミョウ私も重宝しています。
今日はおちび達のおやつに
コウナゴを出してあげました。
ちまちまと食べていましたよ。
イカナゴとコウナゴが一緒だったとは・・・
いつもsakkoさんのところでクギ煮を
みせてもらっていましたが
全くの別物と思っていました。
シカさんはフキノトウも食べてしまうのですね。
苦くないのでしょうか
Posted by ねねまぁにゃ at 2012年03月24日 21:27
おはようございます
寒いですね。エアコンのお世話になっています
そちらは銀世界ですか。
近くの農家の方もお野菜が収穫できないと
こぼしておられました
高くなるはずですね
「かますご」私はずっとそういっています
毎年春の香りといって友人が「イカナゴのクギニ」を
送ってくれます。
あのイカナゴとカマスゴが同じものだったのですか
チリメンジャコも?
カマスゴは以前は食べられたのですが
最近は一寸・・・になっています
クギニを美味しいと食べるのですから
カマスゴも食べられますね。
大き目のを買って来て焼いてポン酢で食べてみます
Posted by sakko at 2012年03月25日 06:50
☆annさん、おはようございま〜す

フキノトウがよく採れたときはこのぐらい作っていたのよ。
皆さん、喜んでくださってね。。。
最近は一袋分も無理よ。
希望的観測で、ずっと不作だから今年ぐらいうまくいくかもなんて
思ったのですが、甘かったです。
今年も鹿に先手を取られちゃったわ。

不思議だねぇ。
蕗がよく採れるのに、フキノトウは出にくいの?

annさんとこはやっぱりイカナゴだよね〜
本場ですもんね。
釘煮って美味しいですよね。いいなぁ、母上の手づくりかぁ。
私はよう作らんのですけど、作ってみたいとは思います。
山椒とも絶対に合うよね!!
Posted by けい@野迫川 at 2012年03月25日 07:33
☆まぁにゃさん、おはようございます。

私も、全部同じものとは思っていなかったです。
呼称と実物が同一のものかどうかは判らないのですが、
もしそうだとしたら面白いですよね。
どれもみななじみのある言葉なんです。

カナギチリメンはいつもい1キロ分ぐらいを小分けして
保存していますけど、私は好きですねぇ。
もちろんチリメンジャコも大好きですけど。

今年もフキノトウは数が少なそうです。
Posted by けい@野迫川 at 2012年03月25日 07:39
☆sakkoさん、おはようございます。

野迫川はうっすらと銀世界ですよ。

イカナゴは店頭で見るのですけど、作りたいなと思いつつ
今年もパスしました。
甘すぎるところもありますし、出来合いを買うのはちょっと
抵抗があって。。。

カマスゴはスズキ目なのだそうですね。
チリメンジャコはイワシ類なのだとか。
骨ごと食べることができるものって体にいいですけど、カマスゴ
の大きいのは頭から食べにくいですし、kiiさんはこのぐらい
の大きさまでが限度らしいです。
確かに言えてますけど。。。
Posted by けい@野迫川 at 2012年03月25日 07:48
おはようございます。
かますごは昔からよく
焼いて三杯酢で食べていました。
母が好きで懐かしい味です。
イカナゴのくぎ煮はよく知っていますが
かますごと同じなんて知らなかった。
かなぎちりめんもたまにおひたしに入れます。
うまみが出るので重宝ですね。

九州で思い出したのが
トビウオ
トビウオの煮干しの出汁を
あごだしと言うんですね。
この出汁はコクがあって非常にうまいです。
去年長崎に旅行したときに出汁用の
トビウオの煮干しを買いました。
あごだしの粉末パックも出ているのですね。
とっても美味しいですよ。

ふきのとう残念ですね。
山では以前見たふきのとうはこの所
とんと見ません。
千葉の田舎ではふきのとうがたくさんでて
先日夫がもらって帰ってきたのですが。
山の家ではなかなかお目にかからなくなりました。

画面のお味噌美味しそうですね。
ゆずみそとかも美味しそうですね。
Posted by Fiora at 2012年03月25日 10:16
けいさん、kiiさん、こんばんは!

これはまさしく「イカナゴ」ですね!しかもうちらの辺では「フルセ」と呼ぶサイズじゃないかと思います。ぼくもキイさんと同じで、このサイズになってくると、釜揚げは苦手で、釘煮なら大好きです。(*^_^*)

「シンコ」は、うちらの辺ではシーズン初め、イカナゴ漁が解禁されてすぐに出回る小さいやつをいいます。これが出始めると町内に甘〜い香りが漂って、宅配便屋さんには「イカナゴ宅急便」とか「イカナゴゆうパック」とかの幟が上がります。1人で魚の棚では5Kg、6Kgは当たり前で買って帰ります。

これがあるとご飯が進むんですよね〜〜 (*^_^*)
Posted by mic_river at 2012年03月26日 00:06
☆Fioraさん、おはようございます。

かますご、小さい時と大きくなってからでもいろいろ名前があるようで、
面白い魚類ですねぇ。。。
今年こそ釘煮にチャレンジ、、、と思ったのですが、頂き物で済ませました。
甘さや固さ加減は自家製に限ると思いつつ。

かなぎちりめんって美味しいですよね。
私、かなり好きで、じゃが若サラダにどっさり入れ込みます。

あごだしは有名ですよね。
使ってみたいのですが、ついカツオに走ってしまって。。。
島根でもトビウオのことをアゴと呼ぶそうですよ。
島根出身の方によくアゴちくわを頂きましたが美味しかったです。

フキノトウとカンゾウ、春一番の山菜なんですが、まだ出てないみたい
のkiiさんのコメントが信じられなくて見に行ったら、かなり食べられて
いるじゃないですか。。。
どこ見てた?とつい厭言が出てしまいました。(笑)

せっかくの味噌、役に立たないみたい。。。
せめて1キロだけでもフキノトウ味噌にしたいです。
Posted by けい@野迫川 at 2012年03月26日 05:23
☆mic_riverさん、おはようございます。

野迫川には「マツタケ宅急便」がありますけど、「イカナゴ宅急便」とか
「イカナゴゆうパック」というのも地域性が感じられますね。

mic_riverさんのところは釘煮の本場ですものね。
さぞかし、美味しいのでしょうねぇ。
来年は自家製を作ってみようかなぁ。。。

「フルセ」
ウ〜ン、納得の呼び名です。
kiiさんはこれぐらいが限度で、これ以上大きくなると骨がシガシガ
するといって嫌がります。

ご飯にバッチリ、これは大いに納得だわ。
食欲が進み過ぎて困るぐらいですよね。
Posted by けい@野迫川 at 2012年03月26日 05:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック