2012年05月25日

ヤマブキいろいろ

暫しご無沙汰いたしました。
遅れを取り戻さなければいけないから、明日から頑張ってアップします。

皆様のところにもお邪魔できなかった、その事情につきましては追記にて。。。

掘られたり蹴られたり折られたりで散々痛めつけられていたヤマブキが、今年は
元気になってきたので嬉しい!
ヤマブキ

「八重ヤマブキ」は繁殖力が激しい、少し困りもの。
八重ヤマブキ

白花ヤマブキは昨年切り詰めすぎてしまい、不格好になってしまったが。。。
白花は大好きなヤマブキだけれど、この淡いクリーム色がどうして白なのかと、
解せない。
いつも首をかしげている。
白花ヤマブキ3

白花ヤマブキ2

白花ヤマブキ1
じつは先週末のこと、kiiさんが大ドジをした。
左足首の捻挫かと思っていたら、ヒビが入っていたような。
ドジッ!!と怒っても仕方がないけれど、二週間ぐらいはシャンシャンとは
動けないらしい。
請けていた仕事もあるので、応援部隊で借り出されていた。

おまけに町のパソ君が全面ストを起こした。
三隣亡だわね。
金環日食の日に調子が悪くなり、その後少しはだましだましで動いたのだが、
ジジジ、ギギギ、ブチッで動かなくなった。
パソコンって8年ぐらいで壊れるもの??

時間に追われていたこの一週間、修理に出すことも代わりのパソコンを手当
することもできなかったのだった。
仕事を片付け先ほど山入りしてようやくパソコンの前に座ったという次第。
また皆さんのところにもお邪魔させてくださいね。
posted by けい at 19:58| 奈良 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜大変でした。
ひどい目に合いましたね。
この間まで右足を引きずって歩いていたので
大変さが痛いほどわかります。
よく治してくださいね。
PCまで故障でしたか
踏んだり蹴ったりとはこのことですね。
これを乗り越えて
よいことが待っていてくれるといいですね。
八重山吹が一番元気ですよね。
せっせと抜いています。
白山吹はやさしい色で
いい雰囲気ですね。
おかげさまで楽しませてもらいました。
そろそろ鉢ごと埋めてみようかと思っています。
Posted by ねねまぁにゃ at 2012年05月25日 20:21
Kiiさん大変でしたね。
驚きました。
右足だと車の運転にも支障をきたすし、
移動もままならないですよね。
本当にお大事になさって下さいね。

山吹は八重のしか見たことがないです。
京都南部では、桜が終わると咲き出しますが、
そちらは今頃なんですね。
いろんな種類があって、
一重のはなんて可愛いいんでしょうね。
Posted by Fiora at 2012年05月26日 00:33
☆まぁにゃさん、おはようございます。

kiiさんもパソコンも三隣亡でしょ!?
まったく、もうっ、、、です。(苦笑)
一人で走り回ってましたからちょっと疲れました。
野迫川入りの荷物も一人で運んで一人で積んででしょ。
キムチと鶏の酒蒸しをうっかり忘れてきちゃいました。
ミツバと鶏の酒蒸しの辛子和え、ウ〜〜ン残念!!

PC、修理代のほうが高くつくのでしょうね。
どちらかというとノートは苦手でデスクトップ派なんですけど、
今は昔と違ってデスクトップ型よりノートのほうが安価なんですよね。

八重山吹は強いですよね。
うちでも一番すごいです。
可愛いんですけどね。
白花山吹は増えても嫌われないという、この差は。。。(笑)
Posted by けい at 2012年05月26日 06:10
☆Fioraさん、おはようございます。

ご心配いただきまして、ありがとうございます。
ほんとにドジなんですから。。。

白花のヤマブキ、淡いクリーム色なんですけど
優しい雰囲気で可愛いんですよ。
植えられますか??
大株に仕立てたら見事ですよ。
Posted by けい at 2012年05月26日 06:16
夕方、山から帰ってきました。
早く「山へ帰る」日が来ればと思っているのですが。。。

白花ヤマブキ、ぜひとも植えたいです!!
見れば見る程良いですねぇ。
厚かましいですがありがとうございます。
Posted by Fiora at 2012年05月27日 21:54
☆Fioraさん、おはようございます。

白花ヤマブキ、了解です。
掘り上げてみますね。
梅雨に入ってからのほうが安全でしょうね。
Posted by けい at 2012年05月29日 05:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック