2012年05月30日

スズラン、アケビ、山桑に花梨

まとまりのないタイトルですみません。
花たちに追いつかないので、いろいろ、ごったですが悪しからず。。。

「ドイツスズラン」
スズランはなぜか動物たちのお気に入り。
ここ数年葉が出る端から食べられてまともに花を見たことがなかった。
スズラン1

毒草といわれるクリスマスローズやフクジュソウ、水仙やスミレには目を、いや口を
つけることがないのに、全草猛毒といわれるスズランを食べても平気なのは何故か、
本当に不思議である。

スズラン2

黄金シモツケの陰が幸いしたのかドイツスズランは上の二本だけ花が咲いた。
二本だけなんて、、、哀しいでしょ、スズランはいったいどれだけ植えたと思う??
黄金シモツケ

日本スズランは私の原風景。
日本スズラン
もうこれ以上食べられるのはかなわないから、不細工だけれどしっかり防御。
いつかは昔日の面影を蘇らせてくれるかも。

***************

花梨はこの株が一番最初に植えたもの。
カリン1

今年はそこそこ花がついているので嬉しい。
カリン2
春先に長引く咳は、いつも花梨酒のおかげで和らいでいるものね。

こちらの株も花をつけ始めた。
花梨3
どんどん実れ!!

アケビ、これは三つ葉アケビ。
ミツバアケビ1

ミツバアケビ2
渋い花でしょ。

こちらは五葉のアケビ。
アケビ

ずっと食べられてばかりで育たなかったムベが今年は食害を免れて元気。
ムベ

桑は雌雄異株。
これは雄木の花。
山桑・雄木

こちらが雌木の花。
山桑・雌木
山桑のお茶は清肝効果が大きいとか。。。
薬効は置いておいても、とても美味しいお茶なのだ。

せっかく雌雄の木があるのだから遠慮しないでもっと増えてほしいと思うが、それが
なかなか。
挿し木も思うようにいかない。
今年もチマチマと摘んだ山桑茶で辛抱、でしょうか。。。

posted by けい at 19:30| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
きれいなスズランですね。
我が家のスズランも木の下にいますが
ほんとは原っぱですよね。
何となく咲かない株ばかりになっています。
アケビの花
今年は職場が変わって外に出る機会が
減ったので見ないで終わってしまいました。
五葉アケビの花
やさしい感じでいいですね。
こちらではミツバアケビが多いです。
でも二種類植えてあるお宅があって
昨年までは見せてもらっていました。
今は養蚕よりもお茶に使われる桑の方が
多いようですね。
すっかり健康食品ですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2012年05月30日 21:30
昨日は久しぶりに雨が降りました。
夕方畑に行って少し耕したのですが、
昨日の雨はなんだったのか、あれほど雷もなっていたのに
少し地表をぬらしただけの雨でした。
すずらん、クリスマスローズ、福寿草。スミレも毒草ですか
人間には毒でも他の動物には帰って薬ってこともあるのでしょうか
けいさんの庭や畑をあれだけ荒らしてまだ生きているのですもの
ドイツすずらん、2株だけでも残って良かったですね
カリンも今花盛りですね。
私のは、ピンクの花がたくさん見えていたのに実は??なんですよ
2個だけ確認したのですがね
三つ葉あけびは渋い花ですね
桑の木は雌雄異株ですか
畑の角に、桑?と思わせる木が生えてきました
桑の実をと思って残していますが、花芽らしきものは付いていません
偽桑ってあるのかな?もう少し様子を見ようと思います
Posted by sakko at 2012年05月30日 23:25
こんばんは
先日、広尾オフ会の帰りに、豚丼を食べたお店の庭のスズランは
ツボミでした。そろそろ、家のスズランも咲く頃だと思いますが、
数日見てません。

広尾町でオオバナノエンレイソウの群落を撮ってきたのですが、
明日から数日、道南へ虫こぶ観察に行くので、帰ってから掲示板へ
投稿します。
Posted by 南 常雄 at 2012年05月30日 23:28
☆まぁにゃさん、おはようございます。

スズランってそうです、野原にありますよね。
よく寝転がって香りを楽しみました。
その頃は毒草だなんて知らなかったですけど。。。
スズランは根を動かすといっとき咲きが悪くなると聞いた
ことがありますが、実際はどうなのでしょう?

アケビはツルがきつくて我が家ではあまり歓迎したい植物では
ないのですが、でも花の時だけはつい見上げます。
桑、お茶が多いのでしょうか?
薬効は別にしても美味しいです。
Posted by けい at 2012年05月31日 06:43
☆sakkoさん、おはようございます。

久しぶりの雨は嬉しかったですが、お湿り程度でしたね。
うちのほうでも表土を濡らしただけでした。
雑草だけが大喜びで繁茂するかも。

毒草図鑑は町にあるので手近の簡単なものを見てますが、
ジギタリスやシャクナゲ、エンレイソウ、エゴノキも毒性が
あるそうですよ。
獣たちにとっては適度な薬かもですね。
延命、健康に貢献しているなんてたまらないです。(笑)

花梨、実はイマイチですか!?
天候のせいでしょうか。
たくさん付いてくれたら嬉しいのですが。

私が桑とよく間違えるのがコウゾなんです。
一見、葉っぱはよく似ていますものね。
Posted by けい at 2012年05月31日 06:55
☆南さん、おはようございます。

最近ブログのアップが間遠くなっていましたので、どうされたかなと
心配してました。

広尾オフ会でしたか。
オオバナノエンレイソウの群落、それは楽しみです。
PCの背景用にリクエストさせてください。
拝見する前から予約しておきます♪

虫こぶ探索の旅、お気をつけて。。。
Posted by けい at 2012年05月31日 07:00
スズランを動物たちが気に入って食べてると読んで、「え、毒は?!!」と思ったらはやりけいさんも不思議に思っていたんですねえ。他の毒草は避けられてるとか。ホント不思議!スズランだけ免疫があるのかしら・・・。群生したらステキですね。

花梨の花も、アケビの花も初めて見ました!キレイですね。花も楽しめて、食べてもおいしい。それに、花梨酒!いいですね〜!私もそういうの、やってみたい。いつもブログを読ませていただいて憧れるのは、自宅で採れたものを生活に取り入れて口にされていることです。理想です。勉強させていただきます!

桑でお茶ができるんですか!それもおいしいとか。めちゃめちゃ気になります。うちで自家栽培してるのは、ドクダミとスギナ。いや、勝手に生えてるんですけどね(;^o^)これでお茶できますよね。やってみようかな・・・
Posted by daizy at 2012年05月31日 08:41
☆daizyさん、こんばんは。

スズラン、クリンソウ、ブルーベル、アヤメ、オダマキや
ワレモコウ、オカトラノオ、都忘れ、ムスカリ、ヒメシャガや
イリス・クリスタータなど、群生していたんですよ。
昔日の面影になってしまいました。
度重なるイノシシの横行の次に鹿やカモシカ、挙句は野ウサギ
にはもうマイッタです。
スズランを食べて平気ということは、大いに研究対象ですよね。(笑)

果樹って楽しいですよ〜
うちで一番多いのはブルーベリー、次いで梅なんです。
花梨は花もとても素敵で、しかも花梨酒は私の必須アイテムなんです。
子供たち用にはシロップ漬けにしてますけど。

我が家はお茶は野草茶と決まっているんです。
スギナ、ドクダミ、山桑は絶対に外せません。
ドクダミもうまく干せたらとても美味しいんですよ。
花が咲いたら摘み頃です。
私は風通しのよいところで陰干しにします。
連れ合い殿の夏バテ解消はドクダミなんですって。
Posted by けい at 2012年05月31日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック