2012年06月13日

白い花たちの饗宴、再び

オオデマリは大場を取りすぎてしまい、移植したいのだが今更どうにもならず。
切り詰めているので姿が悪い。
オオデマリ

それでも健気に咲くのを見ると可哀相で、今年は挿し木してみよう。
挿し木には強い木なので今までたくさん根付いたが、全部お嫁入りしてしまった
のだ。
オオデマリ

オオデマリ


「テマリカンボク」(手毬肝木)これは日本原産とのこと。
北海道で生まれ育った私の思い出に繋がる木。
テマリカンボク2

カンボク(肝木)の仲間で、装飾花が手毬のように集まって咲くのでテマリカンボク
の名がある。
テマリカンボク1

オオデマリよりも大きいテマリは意外と優しい雰囲気。
テマリカンボク3

テマリカンボク4
見事でしょう?

カミキリムシのお陰で枯れかけた「西洋テマリカンボク」(西洋手毬肝木・
洋種カンボク/別名スノーボール)は大きくなってきたがまだ花をつけるまでに
はなっていない。
早く咲け、咲けと念じている。
テマリカンボクより葉も花も小型だが、スッキリした花姿が大好きなのだ。

「コデマリ」
コデマリ
あまりに育ちすぎるので一度バッサリ切ったら、それ以来咲かなくなった。
今年は小さな花を幾つか。

オオデマリやテマリカンボクのエリアは過密地帯になっている。
桃色ナツツバキや英彦山ヒメシャラ、ヤマボウシや紅花ヤマボウシなどという
好きな木々も多く、私は引き算に頭を痛めている。

posted by けい at 20:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさんのお山には白い花が咲く木が多いですね
わが家の狭い場所には植えられない木ばかりです
おおでまり、手まりかんぼくの花、
新緑と白い花、6月はこの組み合わせがいいですね

↓コノハズクの記事、
コメントを書く場所が無い・・・・・
一寸慌てて探したのですが無い・・・・
でも、元に戻ってよかったですね
遡ってコメントを読んでもらうことになるのでここに書いておきます
コノハズク,kiiさんの掌の上で固まっている様子
助けてもらってよかったが、怖かったのでしょうね。
でももう安心。
kiiさんの軍手をしっかり握って放さない
すごく、ジーンときます。
上から3枚目の写真はお目々パッチリなのに、じっとしているのですね

あの子は今頃どうしているかな
イソジンを塗って貰った事、家族に話しているかな
お山の夜を思い浮かべながら・・・・私ももう寝なくては・・・おやすみなさい
Posted by sakko at 2012年06月14日 01:09
アオバズクは耳がないの〜!?そーなのね!
耳があるのがミミズクだからアオバズクも耳があるのかと思っていたわ〜
いいなーけいさんは間近で見られるなんてうらやましい

月夜のミミズクは私、図書館で繰り返し借りて読んだよ〜
子供の教科書にも載ってたのかな?
子供と一緒に読んだ本はいっぱいあるけれど、ひとりで読んだ本より覚えているね、何度も何度も読んだからね

オオデマリも他の手毬たちも、すごいね〜、見事に咲いてる
うちにはビバーナムしかないけれど、色々は植えられないからね〜
緑の小さな手毬から、どんどん大きく白くなっていくのが毎日楽しみだったけど、ずーっと前のことよ
Posted by ann at 2012年06月14日 07:07
☆sakkoさん、おはようございます。

そうですね、山の庭には白い花の咲く木々が多いです。
意識したわけではないのですが、、、

オオデマリは何処にでもよくありますが、テマリカンボクは
あまり見かけませんでしょう?
大好きな木なのです。
まぁ、好きが多すぎるのですけど。。。(笑)

コノハズクの記事、ご迷惑をお掛けしました。
本文記事の中に右サイドバーが入り込んでしまい、私もかなり
慌てました。

削除して書き直して再度アップして戻りました。
Seesaaのほうも手早く対応してくださったのですが、
そのときにはもう直ってましたので、???だったでしょうね。

可愛かったですよ。
かなり緊張を強いられたのでしょう、ちょっとクッタリして
ました。
軽くて暖かだったそうな。。。
可哀相なことをしましたが、出合えたのは嬉しかったです。
忘れられない、貴重な体験をさせてもらえました。
Posted by けい at 2012年06月14日 07:12
☆annさん、おはようございます〜

フクロウやミミズクに実際に合ってみたいとは思っていたけれど、
自然の中ではなかなか難しいですものね。

annさん、「月夜のミミズク」ってすごくいい絵本よね♪
しんとした静けさが伝わってきて、好きな絵本の一冊なんです。

言えてる。。。
子どもと一緒に読んだ本っていつまでも心に残っているよね。
それに、もういっかい読んで!が子どもたちの口癖だものね。

季節の遅さがよく判るでしょ。
まだエビネだって咲いているのよ。
シャクヤクは咲きそうで咲かないし。。。
ビバーナムって「西洋テマリカンボク」のこと?
小さなボールみたいな?
Posted by けい at 2012年06月14日 07:22
まさしく白い花の饗宴ですね!!
テマリカンボクの花
真っ白で密なレースがたくさんぐぐっと
見とれていました。
優雅で繊細な花ですね。
普段見れない花を見させて頂きました。

コデマリも一つ一つ独立した花がはっきり見れますね。
とっても可愛い花ですよね。
白い花、深みがあって緑がかったのも
本当に惹かれます。
Posted by Fiora at 2012年06月14日 09:44
☆Fioraさん、こんばんは。

テマリカンボクって素敵でしょ!
せせこましい所に植えられているから、可哀相なんですよ。
移植は出来ないので挿し木しようと思ってますが、多めに
挿してみますね。
オオデマリよりもずっと、、、といえばオオデマリには
悪いのですが、やはり違います!!

旭川から帯広ルートって、いいですねぇ。
私も旭川から入りますよ、きっと。
「いい旅」はいつから出発でしょうか?
白花ヤマブキは帰られてからのほうがいいですよね。
Posted by けい at 2012年06月14日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック