2012年06月23日

クロバナロウバイ、ハナイカダ、ムサシキスゲやコウリンタンポポ

クロバナロウバイが次々と咲いている。
これは本体ではなくて、勝手に移動組。
クロバナロウバイ
好きなところで芽吹いたのだから動かすのは可哀想だなぁ。
これが私の弱点なのかもね。

ハナイカダは地味系だけれど可愛いでしょ。
あちこちに自生しているけれど、増えるに任せている。
ハナイカダ

ハナイカダ
若い葉は食べることができるが、あまり食指は動かない。

「ムサシキスゲ」
ムサシキスゲ2
今まで食べられてばかりでなかなか増えなかったが、今年はどういう訳か。。。
株がしっかりしてたくさんの花を楽しめている。

ムサシキスゲ1

「コウリンタンポポ」
コウリンタンポポ1
北海道では雑草化しているそうな。
一面のコウリンタンポポも見たい気がする。
山の庭では爆発力が発揮できないようで(暑さ、湿気なのか?)ゆっくりの増え方。

コウリンタンポポ2
「もう少ししっかり増えてくれてもいい」などと言っていると、悲鳴を上げて
難儀することになったりして?(笑)

日照状況が変化して、移植しなくてはいけない植物が多い。
ワレモコウ、ヒメシャガ、シュウメイギク、ホトトギス、ブルーベルやスズラン。
そしてこのフジバカマも。
これは古来の薬用のものらしいが、まだ花も見ていないので定かでない。
フジバカマ
作業が多すぎてアップアップしている。

posted by けい at 07:00| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コウリンタンポポ、初めてみました。たんぽぽもこんなにかわいかったら、増えてくれてもいいなあ〜。うちにはびこるタンポポはかわいげがないんですよね・・・・そしてやたら葉っぱを広げるので困ったもんです。芝生なんかに入り込むとかなり面倒です。
Posted by daizy at 2012年06月23日 08:01
台風のあとすっきりしないお天気が続いています。
ハナイカダ、地味だけどいいな〜と
当麻寺にボタンを見に行って其処で買ってきました
鉢植えでしたが2年目に枯らしてしまいました
真夏の蒸し暑さに耐えられなかったようです
コウリンタンポポ、花色がいいですね
ワレモコウも好きで何回も植えているのですが
育ちません。夏に水枯れさせてしまいます
今はタンナワレモコウというのを鉢に植えています
これは育つのですがね。
植えっぱなしというわけにはいきませんね
早く救出しないと駄目なのが出てきて移植させないとね

忙しいですね

私も草取りにアップアップです
Posted by sakko at 2012年06月24日 06:13
☆daizyさん、おはようございます。

コウリンタンポポって可愛いでしょ!
一面に増えてくれてもいいのですが、遠慮がちなんですよ。(笑)

西洋タンポポは強いですよね。
昨年、前面道路で関西タンポポの自生を発見して小躍りしたのですが、
草刈りで刈られてしまいました。
出てこい、出てこいと眺めているのですけど。。。
Posted by けい at 2012年06月24日 06:42
☆sakkoさん、おはようございます。

今日も午後から雨の予報で、作業予定が変更です。
ドクダミ茶作りが始まっていますので、天気が落ちなのは堪えます。

ハナイカダ、地味ですけど可愛いですよね♪

sakkoさんの所でもワレモコウはイマイチですか?
ワレモコウは何種か植わっているのですが、今まで新芽を全部食べら
れていたせいで、花が咲かなくなりました。
日向の斜面に移動したいのですが、草引きのほうに追われていてそこ
まで手が回りません。
救出作戦は幾つ実行できるでしょうか。。。
Posted by けい at 2012年06月24日 06:51
おはようございます!!
昨夜帰ってきました。
台風で飛行機が飛ぶか心配だったのですが、
幸運にも直撃ならずで
予定どおり行って帰れました。
南さんにもお会いすることが出来て
ますます、山野草にはまってしまいました。
関西は雨がすごかったようですね。
野迫川はどうでしたか?
まだ梅雨でどんよりしている京都に帰り着いて
北海道との湿度の違いに驚いています。

クロバナロウバイは今頃咲くのでしょうか?
黄色の甘い香りがするロウバイは
春になるといち早く咲きますね。
それとは種類が違うのでしょうか?

ハナイカダの葉っぱの上の花(?)は
見つけると嬉しくなりますよね。
キスゲを見てエゾカンゾウを思い出しました。
葉は細いですね。
コウリンタンポポは初めてです。
濃い色合いですね。
一面に広がるのも見てみたいです。

移植もしたいけれども
それで花の勢いが無くなったり
枯れると嫌だし、
躊躇しますよね。

作業でアップアップ
山での暮らし
あらゆる面で忙しいですよね。
Posted by Fiora at 2012年06月24日 07:29
コウリンタンポポ
ところ変われば? ですね。
花は可愛くて好きですが、庭に生えれば草取りの対象ですし、
路肩などに生えると、草刈の時に躊躇なく刈取られます。
みごとな群落に出会うこともあります。
こちらでも咲いていますが、鑑賞の対象になるとは思いませ
んでした。ビジターセンターのところに咲いていました。
Posted by 南 常雄 at 2012年06月25日 00:05
☆Fioraさん、おはようございます。

雨の隙間をうまく利用できてよかったですね!
Fioraさん、日ごろの行いがいいからですよ、きっと。。。
南さんのガイド付きなら図鑑要らずだったでしょう?
ガーデン主体とのことでしたが動物園はパスでした??

北海道はなんといっても湿度の低さは相当でしょう?
関西の梅雨から夏はいまだに酷く堪えるんです。

クロバナロウバイは今頃の花木なんですけど、なかなか
味わいがあるでしょう?
ロウバイはロウバイ科ロウバイ属ですけど、クロバナロウバイ
はロウバイ科クロバナロウバイ属なんです。
偽果も面白いですよ。

コウリンタンポポ、北海道では目にされなかった?
一面のコウリンタンポポなんてワクワクしますけど、北海道では
雑草化しているというのが驚きですよね。

冷たい雨を言い訳に、作業はどんどん遅れてます。(苦笑)
Posted by けい at 2012年06月25日 07:12
☆南さん、おはようございます。

コウリンタンポポ、北海道では雑草化しているとお聞きして
少し恐々としながら植えたのですが、もっと冷涼な気候が
お気に入りなのかもですね。
こちらでは増え方はとても緩やかです。

一面になると華やかで素敵でしょうね?(笑)
Posted by けい at 2012年06月25日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック