2012年08月14日

赤い実いろいろ

ヤブデマリやカンボク、ムシカリの実が真っ赤になって美しい。
それを狙って訪れるのがヒヨドリだが、キィ〜ッ、キィ〜ッと朝から晩まで喧しい。
今朝数えてみたら6羽に増えていた。
もうすぐ熟しだすだろうブルーベリーが、この調子では危ういなぁ。。。

「カンボク」
カンボク

「ムシカリ」
ムシカリ

「ヤブデマリ」
ヤブデマリ

ヤブデマリ
ヒヨたちはヤブデマリの実が好みらしい。
いつもこの木に群がっているが、ガラス越しにでも私の気配を感じると素早く
飛び去り、また密かにやってくる。

ヒヨが来ると他の小鳥たちが近寄らないのが難である。
山の庭は害虫を食べてくれる彼らのお蔭で無農薬を保っていられるのだから。。。

posted by けい at 19:42| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨は降る素振りだけでなかなか降らなかったので
畑に思い切り水をやって「フン、もう降らんでいい」と叫んでやったら
相手も「降ったるでぇ」と土砂降りの雨が降りました。
今朝もぐずついたお天気です
一寸刺激が強かったかな?・・・・

赤い実がいっぱいですね
この実は人間は食べられないのですか
食べ過ぎてヒヨドリが赤い鳥になってしまうかも。

この雨、山のお家には被害は無かったですか
kiiさんの肩の具合はどうですか
早くよくなりますように祈っています
Posted by sakko at 2012年08月15日 05:52
☆sakkoさん、おはようございます。

局所的に集中豪雨ですごいことになってますね。
野迫川は今のところ大丈夫ですけど、あのぐらいの雨が
ちょこちょこ降ると地盤が緩んでくるので心配です。

今年は異変なんですよ。
夕立が結構多いです。
お蔭で草の繁茂が激しいです。

「降ったるでぇ」に笑いました!(笑)
Posted by けい at 2012年08月16日 05:54
こんばんは。
大雨の後、朽木に向かう道中で
土砂崩れが多かったのでびっくりしました。
迂回をしてようやく着きましたが
民家が被害に遭っている場面も遭遇しました。
住人は無事だったようですが
自然の驚異をまざまざと見せつけられました。
局地的な豪雨恐ろしいですね。

カンボク、ヤブテマリなど
春に見たあの白い花でしたっけ。
赤い可愛い実が成るのですね。
ヒヨドリのお陰で小鳥が来ないのですか。
小鳥たちは害虫を食べてくれるのですね。
うちの山の庭には大量のバッタが繁殖して
ジャーマンアイリスの葉やアジサイが
ムシャクシャ食べられてしまっています。
鹿除けにしっかりネットをしているので
バッタにとっては楽園のようです。
Posted by Fiora at 2012年08月17日 22:57
☆Fioraさん、こんばんは。

豪雨被害、やはりそうでしたか。。。
ニュースを見ながら案じていました。
近年、局所的な豪雨が多すぎますよね。

赤い実は可愛いですよね!
ずっとヒヨドリ一家が居座ってますよ。
ヒヨはあの声でもう卒倒しそうになります。
苦手だなぁ。。。
鳴き声に関して言えば、ヒヨよりはカケスのほうが
ずっとマシな気がしますもん。

バッタ、うちもそうなんです。
今年は異常発生してます。
天敵はやはり鳥かな?
Posted by けい at 2012年08月18日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック