2012年08月25日

晩夏を彩る草花たち

どれも平地ではとっくに咲いている筈だが、山の庭では今が旬。

「エキナセア」
エキナセア1

エキナセア2

「スクアミゲラ」これはリコリスの早咲き種
リコリス・スクアミゲラ

「キキョウ」
キキョウ

「ホオズキ」
ホオズキ1

ホオズキ2
気候と土地に合っているのか、丈夫でよく増えるので悲鳴を上げている。
相変わらずの疑問なのだけれど、ほおずきってどうして鳴らすの??

「バジル」
バジル
今年はあまりバッタに食べられていない。。。
例年ならもう葉っぱが残っていないのにね。

ギボウシの花も咲き始めた。
ずっと食べられてばかりだったから、まともな花を見たのは久々の気がする。
ギボウシ

これはオオバギボウシ。
ギボウシ

ヤマシャクヤクの実は可愛くてとても目立つ。
ヤマシャクヤク

夏と秋が交錯する時季はもうすぐ。。。

posted by けい at 20:16| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山に帰られたのですね。
エキナセアって不思議な花ですね
花びらが下に垂れて・・・・
桔梗とホオズキはわが家も今です。
ギボウシはもうとっくに咲き終わりました。
花によって色々ですね
ヤマシャクヤクの実、変っていますね
私のも2個実が付いています
こんなのが見られるといいな
もう汗疹は引きましたか。
kiiさんのリハビリはもう終りましたか
Posted by sakko at 2012年08月26日 00:05
☆sakkoさん、こんにちは。

山に帰ってホッとしたら気が抜けてしまいました。
気温の変化に身体のほうがついていきにくいです。
山は朝晩急激に温度が下がり、窓締め切り状態で寝ています。
大阪の夜とのなんという違いか。

エキナセア、流行りなのかいろんな品種が登場していて楽しいですね。
うちは今のところ昔ながらのものしかないのですけど、数種類、植えて
みたいなというのを見つけてます。

ギボウシも今が旬なんですから呆れますでしょ。
紫陽花もまだ咲き続けてますよ。(笑)

この歳になって汗疹なんてね。

kiiさんのリハビリ、メニューを与えられてね、日に
何度も頑張ってやってます。
早く治ってもらわなくては。。。
Posted by けい at 2012年08月27日 16:26
エキナセア、
とても大好きな花です。
山の庭に購入した種を蒔こうと時期を狙っているのですが、
秋が良いのでしょうか?

ギボウシもいろんな種類があって、
葉っぱも花も楽しめますよね。
ほおずきの実は中の赤い実を揉んで
柔らかくしたところまでは覚えているのですが
それから先は記憶がないのです。
どうして鳴らすのでしょうかね。
Posted by Fiora at 2012年09月01日 11:34
☆Fioraさん、こんばんは。

エキナセアって丈夫で花期も長い優れものですよね。
うちは「ホワイトスワン」と「パープルコーン」しか
ないのですけど、いろいろ増やしていきたいです。

私も種から育ててみたいと思っているのですが、春蒔きは翌年、
秋蒔きは翌々年の開花と聞いていますがどうなのでしょう。

ネットinネットのお蔭で、野ウサギに散々食べられていた
ギボウシも復活の兆しなんですよ。
嬉しいです。

ホオズキ、私もその先が判らないんです。
ホオズキの赤い実、可愛いですよね。
増えすぎて困るといいながら抜けなくて。。。(笑)
Posted by けい at 2012年09月01日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック