2012年09月06日

タカサゴユリとコオニユリ

たくさんのユリに囲まれていた日々は遥か昔のことで、園芸種は全滅し、自生種も
コオニユリとタカサゴユリ、そしてササユリが僅かに残っただけ。
み〜んなイノシシや鹿のお腹行きになったのだった。
残されたものを主体に(特にササユリを)、力を入れて増やそうと思う。

「タカサゴユリ」
タカサゴユリ
増えてきたのが嬉しい。

この株は石に埋もれてひとり生えしたお蔭で食べられず、花付きも豪華になっている。
タカサゴユリ

タカサゴユリ

ミナヅキとタカサゴユリが咲いているので、ログ前の庭はとてもいい香り。。。

「コオニユリ」
コオニユリ

花付きがすごいでしょ。
コオニユリ
この株だけが何故か花数が多い。
これほど花が咲くのだから実生株がどっと増えてもいいようなものだが、それが
なかなか。
クリスマスローズのように自然任せじゃ無理ですかね?

posted by けい at 07:45| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鬼百合は自生していますよ〜うち。白いユリ。これも。
けどね、蕾を鹿に食べられちゃうんです。住宅街に
でるほど沢山いますよ。怖いでしょ〜〜〜〜〜!
ポチ
Posted by みどり at 2012年09月06日 13:22
雨が時々降ってさっと止みますね
一度にざ〜っとですが、いい雨です
タカサゴユリは今わが家でも咲いています
これは同じ時期に咲きますね
コオニユリはもうとっくに散ってしまいましたよ
kiiさんの肩はもう完治しましたか
たいへんでしたね。
Posted by sakko at 2012年09月07日 00:25
☆みどりさん、おはようございます。

鬼百合も山ユリも自生していたのですが、復活しませんね〜
ユリは根っこはイノシシの好物ですが、上部は鹿やカモシカに
食べられちゃいます。

雄の大鹿の亡くなって以来、食害が少し収まっているんですよ。
周囲の山には増えすぎてますから安心はできません。。。
Posted by けい at 2012年09月07日 06:45
☆sakkoさん、おはようございます。

ご心配いただきましてありがとうございます。
左肩を庇いながら仕事にはようやく復帰しました。
肩の位置で腕を維持すると痛いらしく、まだリハビリは続きますが、
とりあえずは一安心です。

遅い花や早い花や、今年はメチャクチャ。
それに咲かない木や咲かない花も多いです。
ここ数年、何だか変だとそればかり言ってますが。。。
Posted by けい at 2012年09月07日 06:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック