2012年10月25日

ヒイラギモクセイ

出かけた折に目にしたのがキンモクセイの生け垣。
10株ぐらいが密植されていたが、濃厚な香りが一面に漂い、むせ返るよう
だった。
何処からともなく微かに香るキンモクセイは、いかにも秋を感じさせてくれる
が、これほどまでになるとあまり好ましいものでもない。

敷地内にもっと増やしたいと思っているヒイラギモクセイもまた然りか、
よく心しなくてはと思ったのだった。。。

左がヒイラギモクセイ、奥の黄葉はカツラの木。
ヒイラギモクセイ
相当大きくなり、見上げる先まで毎年たくさんの花をつける。
周囲にさりげなく香りちょうどよいバランスだから、ひと株でいいのかも。
もし増やすとすれば庭奥しかないね。。。

ヒイラギモクセイ

ヒイラギモクセイ
我が家にはヒイラギモクセイとギンモクセイがあるが、ギンモクセイは今年も
咲かなかった。
もう少し株が大きくならなければ無理なのかな。

posted by けい at 17:10| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真で拝見していると、野迫川もまだまだ秋の入り口を入ったところ
という風に見えるのですが
実際は、朝晩の気温がかなり低くなっているんでしょうね。
来月に入ったら、紅葉が一気に進むでしょうか?

ヒイラギキンモクセイって、オレンジ色のキンモクセイとは香りが違います?
写真を見ているとジャスミンの花を思い出して
私の鼻の中は、今、記憶のジャスミン香でいっぱいです。
ギンモクセイの、ちょっとくぐもったような柔らかい香りも大好き。
花より団子なので、A町には花の木は植えていないのですが
この時期は、ご近所からキンモクセイがほのかに漂ってきて、借景ならむ借香です。
もうすぐギンモクセイも香ってくるかな。
けいさんのところも、来年は咲くと良いですね!
Posted by ちほあるいははるの at 2012年10月25日 20:54
今朝、葉っぱの上の水玉が凍るような強い霜が降りました。
それでも、フウロウやナデシコ、ホトトギスなどが咲いています。
放射冷却で最低気温も氷点下、初氷も記録したそうです。
そんな訳で、先シーズンの雪で壊れたガレージ工房(物置)の煙突を
直しました。
ついでに、使わなくなったVHFのアンテナも取り外しました。
そろそろ冬支度に本腰を入れないと、雪が降ってきそうです。
Posted by 南 常雄 at 2012年10月25日 22:47
寒くなっていましたね
転寝→深夜に起きる・・・・・はやめて
早寝しないと風邪を引きますね

金木犀の香りは自転車で行くと通り過ぎてから
気付きます。
秋の香りの一つですね。
金木犀はこの辺りでも良く咲いていますが
銀木星は珍しいですね

ヒイラギモクセイ、大きくなるのですね
花も見事に咲きましたね。
わが家のヒイラギにも花が咲きますが
少しです。
あれは普通のヒイラギ?
今年も咲いているかな?明日見てきます
Posted by sakko at 2012年10月25日 23:05
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

このエリアはヒイラギモクセイや椿などの常緑樹が多いから、
秋の入口っぽいかもですね。
庭の大部分は落葉樹なので、もうすぐ道路から丸見えに
なります。(笑)

秋が駆け足なので美しい紅葉を見られることは少ないです。

ヒイラギモクセイはすごくやわらかい香りなんですよ。
キンモクセイとはまったく違う香りです。
ヒイラギモクセイは柊とギンモクセイの交配とのことですから、
ギンモクセイの香りに似ているかもです。

そうですよね、確かにジャスミンを小さくした感じ、ありますね!!
香り比べをしたくてギンモクセイの咲くのを待っているのですが、
なかなか咲いてくれません。
切っちゃうよと脅してみるのですけど。

>花より団子
今は私もそういう気分です。
庭を広げすぎたかな。。。
来年の目標は果樹と山菜を充実させること、です。
Posted by けい at 2012年10月26日 07:15
☆南さん、おはようございます。

氷点下に初氷ですか。。。いよいよですね。
南さんの情報をお聞きすると、「ヨシッ」と覚悟が
決まります。
昔は冬も夏も気合なんか要らなかったのですけど、
いつの間にか根性無しになってます。

今年もし残したことが多すぎて、でもこの時期になると
優先順位で誤魔化しちゃいます。(笑)
Posted by けい at 2012年10月26日 07:25
☆sakkoさん、おはようございます。

朝晩が急に冷え込むようになりましたね。
流石に長袖を出しました。(笑)

金木犀のほうがメジャーですけど、でも、あの芳香剤が
イメージを悪くしていません??

銀木犀って確かに植えているお宅はあまり見かけませんよね。
柊は近所のを香り体験させてもらおうと思っています。
ギンモクセイと柊の交配種がヒイラギモクセイとのこと
ですから、香りは似ていると思うのですが。。。
Posted by けい at 2012年10月26日 07:42
うちの近所にも生垣をキンモクセイにしていて、むせ返るくらいの場所があります。むせ返るほどのキンモクセイの香りを、遠くでほのかに嗅ぐのがいいですね(´∀`*)大好きな香りです。

うちでは今ハゴロモジャスミンを育てているんですが、今年初めて咲いた花一輪のにおいを嗅いだら、あんまり好きな香りではありませんでした。これ、株が充実して満開になったらどうなるのやら・・・・心配です(;^o^)
Posted by daizy at 2012年10月26日 09:24
いいですね〜白のきんもくせい。敷地内の香の
散歩道。これってどれほどの贅沢なんだか。
憧れます。働き者の夫ならね。うちは・・笑
Posted by みどり at 2012年10月26日 21:06
ヒイラギモクセイ満開ですね。
やはり白い小花の固まりに惹かれます。
残念ながら我が家にはどのモクセイも今は無いんですよ。
キンモクセイは昔あったのですが、
家のリフォームで切ってしまいました。

ヒイラギモクセイの葉っぱはヒイラギの葉っぱではなく
キンモクセイの葉っぱと同じですね。
ギンモクセイの葉っぱも似ているのでしょうか?
Posted by Fiora at 2012年10月27日 00:11
☆daizyさん、おはようございます。

キンモクセイ、大阪は今が真っ盛りですよね。
でも、生垣は濃厚すぎて参りました!!(笑)
嫌いな香りではないのですが、さりげないのがいいのですよね。

ハゴロモジャスミンですか。。。
散歩途中に、生垣一面に絡ませているお宅があるんです。
>あんまり好きな香りではありませんでした
頷きながら納得している私です。
Posted by けい at 2012年10月27日 07:05
☆みどりさん、おはようございます。

敷地内には各所に香りのあるものを配しているつもり。
一番多いのは白のジンチョウゲかも。。。
散策しながら花と香りを愉しみ、鳥の声に耳を傾け、
そういう優雅な生活はなかなか訪れませんが。(苦笑)

>働き者の夫
うちも なかなかです。
余程のことがない限り庭造りには参加してくれないんです。
庭はお好きなように、自分はログ関係責任者だと申しまして。
土木工事のときだけは手伝ってくれるのですが。。。
Posted by けい at 2012年10月27日 07:12
☆Fioraさん、おはようございます。

葉のギザギザ、言われて気付きました。
上部にはあまりギザ葉がないようですね。
下部はすごくて痛いですよ。
通るたびに数回は必ず「イタタタタ!」と叫んでます。

下部の葉はギンモクセイよりギザがきつく、柊よりも
少ないと認識していますが、しっかり確かめてみますね。

ヒイラギモクセイは香りがマイルドなので大好きですが、
たくさん植えていいものでもないですね。
こういうのが何株もあったら、やはり香りに卒倒しそうに
なるかも。
でも庭奥にも一株は欲しいです。
ところがね、挿し木、取り木、まったく受け付けてくれな
いんです。
再度チャレンジします。
Posted by けい at 2012年10月27日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック