2012年11月01日

くりくり頭のクリタケ君

「クリタケが出るとしたらそろそろだと思うよ、行ってみない??」
今年はキノコが不作で、ナメコもヒラタケもさっぱりなのだ。
「どうせクリタケもそうでしょうよ」と気が進まないながら、カメラ抱えて
敷地奥へ、急な斜面をえっちらおっちら。

「何処? ないじゃないの!」「足元をよく見てご覧よ!!」
どこ??

草をかき分けると。。。
草を払うと。。。

クリタケは地面に伏せて作っているが、その分、普通のきのこ栽培よりひと手間
掛かる。
摘んでいるのはkiiさん

栗の色に似ているのでこう命名されたそうだが、私はこのクリクリ頭から連想
するわ。
くりたけ
とっても可愛いでしょ?

クリタケの傍らには必ず出るというニガクリタケ、これは毒キノコ。
ニガクリタケ
この黄色いタイプは判りやすいが、ニガクリタケの中にはクリタケ似のものも
あるそうなので、少しビクビク。
(現在まで命があるということは、kiiさんの識別も間違っていなかったという
ことでしょうね。)

摘んだクリタケは定番のすき焼き風でいただく。
クリタケ
クリタケは煮ても炒めてもシャキシャキ感が残り、とても美味しいのだが、
残念ながら持ちがよくない。
軸は中空、傘はもろいのが難で、送ることも出来ないのだ。
こんなに美味しいのに勿体ないね、惜しいね、といいながら、居合わせたもの
だけに与えられる特典だと納得している。
そうそう、クリタケはパスタにも最高なのよ!!

残ったクリタケは干してみた。
干しくりたけ
いい香りがしている。。。
保存にはこれがベストかもね。

ラベル:クリタケ
posted by けい at 19:00| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ!
これがホダギ栽培のクリタケなのですか?
ホダギはひょっとして針葉樹ですか?

クリタケモドキのように見えます
クリタケよりもクリタケモドキの方が美味しいです

すごい収穫ですね!!
Posted by yuuko at 2012年11月01日 19:49
キノコの季節になりましたね〜じーちゃんちの椎茸はもう出てるのかしらあ〜?
まだ連絡ないのでまだなのかしら〜〜
クリタケってパックで売ってないですよね?
栽培されていないのかな?
毒キノコと一緒に生えてるっていうのは、ちょっと怖いね〜
Posted by ann at 2012年11月01日 20:07
くりたけ・・・
名前でくりくり坊主を連想しました。
栗色?、くりくり坊主が似合いですね。
こんな風に生えるのですね。
キノコ狩り、いいですね。
これはさっちゃん達に送れないのですね
でも乾燥させれば送れますね。
シメジに似た感じですね
でも毒キノコは怖いですね
kiiさんの識別の目は確かですね
11月、急に冬になったようです。
今夜も薪オーブンの火が燃えていることでしょうね
Posted by sakko at 2012年11月01日 23:30
 はじめまして!
 こちらは、田辺在住のものです。
 野迫川には一度アマゴを釣りに行きました。
 とても空気のおいしい場所というイメージがあります。
 
 しいたけはほだ木栽培しているのですが、きのこはスーパーで買って食べるのとは全然違いますね。
 クリタケは栽培って難しいのですか?
Posted by クーカイ at 2012年11月02日 15:01
クリタケも植菌からですね。
椎茸のようにほだ木を立てないのですね。
杉の枯れ葉の下はどうなっているのか、
これもまた気になります。

クリクリ頭がかたまってぼこぼこ出てくるのも
かわいいし、うれしいですよね。
山は食害がなければ昔ながらの食べ物の宝庫なんですね。
山菜やキノコ、果実などなど。
おいしそうなキノコを見ると来年は是非とも挑戦したいです!



Posted by Fiora at 2012年11月02日 17:29
☆yuukoさん、おはようございます。

ナメコなどは檜でも可能だそうです。
知り合いが実践していますが、成績は悪くないのだそうな。。。
うちはまだ針葉樹は使ったことがないのですが、朗報です。

クリタケよりもモドキのほうが美味しいのですか!?
うちのは買い入れた植菌用のクリタケなのですが、モドキに
興味津々です。

カメムシボトル、今日早速作ってみます。
Posted by けい at 2012年11月03日 08:35
☆annさん、おはようございます。

キノコね、今年はよくないんです。
ヒラタケもなめこもさっぱりですし、椎茸など冷やかしの
チョロですもん。

クリタケはシャキシャキしていて美味しいですけど、傘が
ひどくもろいんです。
触るのもそっとなのよ〜
こういう作物は流通ベースには乗りにくいですよね。
Posted by けい at 2012年11月03日 08:39
☆sakkoさん、おはようございます。

このくりっとした姿、ほんとうに可愛いでしょう?
傘がもろくなければ送ることができるのですが、残念です。
完走させると味わいが深くなりますね。

シメジよりも栗色が濃くてしゃきしゃきしている感じが強い
ような。

食べた後で調べたのですが、似たものもあるということで
一瞬加減が悪くなりました。(笑)
Posted by けい at 2012年11月03日 08:46
☆クーカイさん、はじめまして!!

海鮮が美味しくて、それを使った練り物もとても美味しいという
紀伊田辺、、、ですよね。
すみません、何処も食べ物の印象が一番大きくて。

渓流の釣りをされるのですか?
うちも渓流釣りが好きで、渓流巡りの先にあったのが野迫川村でした。

きのこは天然が一番でしょうが、ホダ木栽培は次いで美味しいと思って
います。
天然のキノコはよく判らないので怖いものですから、うちはホダ木。
今は椎茸、ナメコ、ヒラタケ、ブナハリタケ、クリタケを育ててます。
クリタケはホダ木を土中に埋め込むのがひと手間ですけど、難しいと
いうことはないです。
機会が有りましたらぜひ!!
とても美味しいキノコですよ。
Posted by けい at 2012年11月03日 09:03
☆Fioraさん、おはようございます。

クリタケは土中に埋め込むのでひと手間掛かりますけど、
ほんとうに美味しいのよ。
もろい、サクイ、が難点です。。。

自然の恵みって有難いですよね。
時節時節で滋養のあるものを送り届けてくれる。
感謝、感謝です。
獣害さえなければ、ですけど。
Posted by けい at 2012年11月03日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック