2012年11月10日

コンギク

山渓ハンディ図鑑1「野に咲く花」によると、ノコンギクの自生品種の中から
選ばれたもので古くから観賞用として栽培されているそうな。。。
コンギク3
ノコンギクは優しい淡紫色だが、コンギクはかなりハッキリした濃い青紫。
自生のノコンギクの中にこの濃いコンギクが現れ、いつの間にか一角を占めて
しまった。

整った姿と色合いは、咲き始めからずっと楽しませてくれる。
コンギク1

コンギク2
野にある菊たちはどれも愛らしいが、中でもこのコンギクとリュウノウギク、
アワコガネギクは大好きで、どれが一番とは決められないほど。
サクラタデやアケボノソウなどと共に、増えても絶対に抜けない野の花なのだ。

posted by けい at 14:25| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンギクの青紫はかたまって咲いて
とても存在感がありますね。
ノコンギクとの区別はこの色合いなんですね。

朽木にもノコンギクだと思うのですが
咲いていて
しかも、まばらな咲き方なので
これほどかたまって花を付けている様子は
とっても可愛いですね。

犬の散歩のあぜ道などでも
ハッとさせられる可愛い名も知らぬ
野の花に出会ったりします。
Posted by Fiora at 2012年11月10日 21:42
秋の深まってきましたね
というより猛初冬かな。
ノコンギクの色も寒さとともに冴えてきましたね
野の花は可愛いのがいっぱいありますね
コロとの散歩で見つけてはつれて帰りたいと思うのですが
野の花は野に咲いているのが一番ですね
けいさんの広いお庭には野の花も好きなだけ
増えられますね
野菊とサクラタデとミゾソバを持ち帰って
その増えたかたに困惑のsakkoでしたが
今年は夏の乾燥で元気ありません
Posted by sakko at 2012年11月11日 07:23
☆Fioraさん、こんばんは。

コンギク、大好きなんです。
ノコンギクも優しい雰囲気で好きなんですけど、コンギクは
また格別です。

そのうちどんどん増えて群れになってくれますよ、きっと。

野の花って一輪でも可愛いですけど、こうして群生してくれると
美しいなぁとしみじみ。。。
園芸種にはない味わいがありますものね。
Posted by けい at 2012年11月11日 16:54
☆sakkoさん、こんばんは。

うちでも移植したものはいつの間にか消えてしまったりして、
結局自生種が一番強いというか、この地に合っているから増えるの
でしょうね。
最近は自然任せで、すっかり樹木の庭になりつつあります。

まだ居るんですよ、野ウサギが。。。
なにも植えられないなぁと諦めてます。

Posted by けい at 2012年11月11日 16:59
けいさんこんばんは。

ノコンギク・・北海道にはたくさんありますよね。 実はこの手の野菊は余り区別がつかないのですが・・・
車を走らせていると道端や空き地、人の住んでいる家の庭、廃屋の庭にもきっと野山から採って来たのでしょうが、この花を植えているところが多いです。ルピナスかノコンギクか・・?といったところでしょうか。
そんな中鮮やかな濃い色に出くわす時があります。 
車を停めて取ってきちゃいたい気分に駆られますが・・残念ながらまだ庭に植えるところまで行ってません。 
長い年月の中、選びぬかれて洗練され”野”が取れてコンギクになって庭に植えられて・・野生種から出世して・・平民から大統領になった感じですね。
Posted by あいやばば at 2012年11月12日 20:42
☆あいやばばさん、こんにちは。

菊って野生種も種類が多くて混乱します。
判るのは自分ちで咲いている分だけなんです。

ノコンギクは優しい色合いですよね。
群れ咲く様子はとても美しくて好きです。

北海道はルピナスが野生化して逞しいらしいですね。
素敵な風景だと思いますけど、それはそれであまりに増えすぎると
困ることもあるのでしょうね。
北海道の気候によく合っていて育つなら野迫川でもと思うのですが、
なかなかうまくいきません。
青や紫を一面に育ててみたいです。

>平民から大統領
すごく面白いです♪
Posted by けい at 2012年11月13日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック