2012年11月13日

まだ紅葉が。。。

雨と風がきつかった日曜日、翌朝はすっかり裸木が目立つ庭になっていた。
裸木

ケヤキやハナノキのあるうっそうとしていた育樹園エリアも、ずいぶん明るくなった。
育樹園

庭一面に落葉が分厚く敷き詰められている。
落葉
この落ち葉の下には白い塊がたくさん出来ていて、何かなと怪訝に思って
いたら、どうやら有用微生物の土着菌らしい。
町では厄介ものの落葉も山の庭では大切な資源で、これが土を肥やし栄養を
与えてくれているのだと思うと、一見不気味に見えるこの白い塊が愛おしく
なるから不思議だ。
無農薬・無肥料の山の庭の一番の功労者は鳥と土着菌かもしれない。

ニシキギが美しく紅葉しないという私の厭言が聞こえたのか、「どうや!!」と
言わんばかりに、、、思わず「すんません!」
ニシキギ

モミジは葉を落としたものが多いが、晩生の紅葉がまだ残っていて、裸木だらけ
になったせいかいっそうの目立ちよう。。。
モミジ

こちらはまだ青葉も残っていた。
モミジ
全部赤というのも美しいが、こういうのも好きだなぁ!

ハクウンボク(左側)
毎年美しく黄葉するのだけれど、今年はイマイチ。
ハクウンボク
この数年花付きが良くないが来年はどうだろうか。

これはメグスリノキ。
メグスリノキ

ニシキギ、メグスリノキと共に、カイノキも紅葉が美しいといわれる樹木の一つ。
カイノキ
これから赤くなるのか、それにしては遅いね。

マンサクはどの枝にも蕾がぎっしり。
マンサクの蕾
来春もたくさんの花を見せてくれるだろう。

posted by けい at 15:45| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケヤキといえば、札幌周辺では葉にケヤキハフクロフシという
虫こぶをつくるケヤキヒトスジワタムシ(アブラムシ)が大発生している
らしいのですが、そちらではいかがです。

今週は初雪の気配、里山もすっかり葉がなくなってしまいました。
Posted by 南 常雄 at 2012年11月13日 23:00
午後から雨の予報が夕方まで降らなかったです
その代り雷がなって大雨でした
木も耳を持っているのかな
けいさんに言われれば、
こんなに赤く色づいてくれるのですね
ハクウンボクもけいさんにいまいちと言われれば
奮起して見る見る綺麗に黄葉するかも・・・

いろいろな木を植えていますね
メグスリノキ、珍しいですね
マンサクにはもうたくさんの蕾がついているのですね
Posted by sakko at 2012年11月13日 23:08
けいさんこんばんは。

紅葉の見られる木が沢山あって・・羨ましいー。

ニシキギやメグスリノキの赤もいいですけど・・モミジだかカエデの中に黄色から赤までグラデーションで紅葉する種類があるじゃないですか。
写真で見るとニシキギの後の2枚? 
こーゆーのもいいですよね。 オレンジ色とか朱色が中に入って・・・。

我が家にもこんなに木があったら寂しい思いはしなくて済むのですが・・・

どこからともなく風に飛んでか芽を出したカエデや?マークの実生の木が数本あるのですが・・踏みつけないように大事にしてます。 まだ10cmに満たないくらいですけど・・。
Posted by あいやばば at 2012年11月13日 23:09
☆南さん、おはようございます。

今朝のニュースで旭川の様子が流れてました。
初雪の遅さを更新ですって?
でも天気図を見ていると、今日明日にはいよいよ降りそうですね。

ケヤキヒトスジワタムシなるものがケヤキにも付くのですか。。。
ぜんぜん知らなかったです。
樹高が高いので落ちた葉しか目にすることが出来ませんが、落葉は
風に吹かれて何処へ。。。
でも探して確認してみなくては。
大発生とのことですが、これはケヤキにのみ発生するのでしょうか?
Posted by けい at 2012年11月14日 09:25
☆sakkoさん、おはようございます。

この数日、雷がよくなりますね。
出るに出られず、空を眺めてます。

厭ごと言いです。。。。(笑)
「咲かなきゃ伐っちゃうよ」が口癖なんですけど、
無視されている木も数本あるんですよ。
風情がいいのでなかなか伐れないのですけど、大きく
なっているのに花が咲かないのやら。。。

ニシキギやメグスリノキ、カイノキは世界の三大紅葉にも
数えられてますよね。
何を挙げるかはそれぞれ国によって微妙に違うようですけど。。。
Posted by けい at 2012年11月14日 09:32
☆あいやばばさん、おはようございます。

ほんとうは新緑も花も美しくて、実が収穫できて紅葉も綺麗で、、、
というのが一番理想とするところなんですけど。
欲深いかな?(笑)
そう考えたらジューンベリーなど代表格でしょうか?
ブルーベリーもそうですけど、花は可愛くても少し地味ですし、
アーモンドは花がきれいですけど、紅葉はどうなんでしょうね。
林檎はなかなか育ってくれませんし。。。

もうすっかり紅葉は終わりかと思っていたのですが、意外に
長持ちしてました。

>風に飛んでか芽を出したカエデや?マークの実生の木
私たちもそういうのが一番嬉しくて、植えた木よりも大事に
してしまいます。
自然生えの木々が育つのを見るのは何よりも充実感がありますよね。
今年も山椒やナツツバキ、クロモジや、他にも??マークの
小さい芽をたくさん見つけてルンルンしてます。
Posted by けい at 2012年11月14日 09:43
こんばんは。
実に様々な広葉樹があるのですね。
目を白黒させています。
変化に富んでいいなぁ〜
ときれいな紅葉の写真を拝見させて頂いています。
約10年でこのように大きくなるのですか?
朽木の山の庭も敷地にしっかりとネットを張らないと
やはり何年経っても同じですね。
来春には相方のおしりを叩きます。

Posted by Fiora at 2012年11月14日 21:45
☆Fioraさん、こんばんは。

そうですね、うちは9割が落葉の木々だと思います。
ですから冬は道路からスッポンポンの丸見えですよ。(笑)
常緑樹の場所はもう少し考えるべきでした。

うちの樹木は大きいものはだいたい10〜15年です。
しっかり定着すると大きくなるのは早いですね。
自生の木は鹿にも食べられないので安心して育てられますが、
植え込んだ木ほど被害が大きいです。
大きくなるまではしっかり個別に囲ってますが、大きくなっても
木肌を剥かれないように、注意が必要です。

BB畑も移動させないといけませんし、来年は忙しくなります。
Posted by けい at 2012年11月15日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック