2012年11月30日

椿、ナンキン、思うこといろいろ。

我が家の椿は春咲きがほとんどだが、数種だけ年の内に開花するものがある。
寒い中で咲き出して、それから思い出したようにポツリポツリと。
開花の一番手は必ずこの木。
品種名はずっと「初刈り」だと思い込んでいたけれど、どうも違うような。。。
ツバキ
見上げる枝々にたくさんの蕾をつけているが、ほとんどはきつい寒さの中で
そのまま茶変してしまう。
開花時期をズラすなりの学習はしないのか、相変わらず律儀に守っている様子は
かなり頑固もののようだ。
(kiiさんイワク、「この椿は生態が、エゴの木は名称が、けいさんそのものだよね」
これって素直に頷けると思う??)


最近、ナンキンと言っても通じないことがある。
ナンキンはカボチャのことだけれど、地方や世代によって使い方に違いがある
そうな。
ナンキンと口にすると、貧しさの中でもそれなりに食に拘っていた亡母を偲び、
少し切ない思いになる。
確かに古い世代の言葉なのかもしれないが、昔から馴染んできたからつい口に
出てしまう。
そのナンキン(=カボチャ)だが、面白い姿のものを見つけた。
西洋カボチャではない気がするが、菊や黒皮のようでもない。。。
カボチャ
デコボコが妙に角々としているのだ。
この角々が「あたし!!」を主張しているようで、気になって仕方がない。
カボチャ
この品種は何??
美味しかったらまた数個、買ってこよう!!


北海道は停電が続いている地域があるそうな。
この寒さ厳しい中でどれほどの不便を強いられているか、、、一日も早い復旧を
心から祈っています。

先日の山での数時間の停電の中で、それにしても、とつくづく思ったのだが、
電気で支えられている社会は、いかにもろいか。。。
なにもかも即刻使えなくなる。
電話は勿論のこと、この季節に暖房器具が利用できないというのはかなりつらい。
灯油が満タンに入っていても電気がなければファンヒーターだって動かない。
石油ストーブや昔の黒電話がなんと輝いて見えることか。
危急存亡の折りにはアナログの道具たちが息を吹き返す、というのも哀しいものだ。
昔を捨て去り新しいものに飛びつく現代の風潮の前に、人はまだ立ち止まる気配も
ない。。。

ところで、朝日新聞夕刊には「素粒子」という小さな風刺欄があり、気の利いた
文言には時折ニマッとさせられるのだが、その11月28日付けから。

3年間の失敗に懲りて、膾(なます)を吹くようなマニフェスト。
3年以前の失敗は忘れて、進軍ラッパのような政権公約。

まさにその通りだと思わず膝を叩いてしまった。

“羹(あつもの)に懲(こ)りて膾(なます)を吹く”という言葉があるが、これは
「しでかした失敗に懲りて、必要以上の用心をする」ということ。

*******
暫しご無沙汰いたしました。
調子が悪いと陰気な文章しか書けなくなってしまうので、自粛しておりました。
支離滅裂ですがご容赦!!
posted by けい at 18:00| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
足の具合どうかなと案じておりました。
お大事にして下さい。

椿の頑固な律儀さ、カボチャの角々しさ
正直で良いと思いますよ。
今は人と話をしていても何処に本音、正体があるのか
処世術や利害関係に長ける世の中なのか。

3年前も3年間も原発を推進してきた人達や
懲りずに再開する人達
これから世の中がどうなっていくのか腹立たしい心境です。
最近その怒りを畑の鍬や薪割りの斧や
フラワーアレンジメントの忙しさで
紛らわせていましたが、
進軍ラッパの変な元気さに
ますます嫌気が差しています。

何処にいても何をしていても
真実を見抜けることは大事だと思います。
Posted by Fiora at 2012年11月30日 22:13
里がこんなに寒くては、お山はもっと寒いでしょうね
頑固な椿、律儀な椿、寒さに茶変してしまうのは惜しいですね

ナンキン・・・・私はずっとそういっていましたが
最近、ブログには「かぼちゃ」と書いています
ナンキンって古かったのですか。

小麦を「メリケン粉」と言ったら
aki君が怪訝な顔をします
これは中々なおりません。
ブログにもメリケン粉を使ってなど書いてしまったかな?

テレビを見ながら、なんやねん・・・と
○○党、○○党・・・・
なんやねん・・・・判らないsakkoです

体調を崩されていたのですか
お大事になさってくださいね

私も微妙に腰が痛くて、整骨院の先生も
「微妙ですね」と
年から言えばこのくらいの痛みや不調は当たり前なのかもと
納得の日々です
Posted by sakko at 2012年12月01日 07:56
花が遠くなって、外は雪遊びができるほど積もっています。

「頑固で律儀」って、頷くわけにも行かないけど、
kiiさんを否定することはできません。

こちらでは「ナンキン」で、カボチャだと分かる人は少ないかな。
分からないから「南京かぼちゃ」って言ってしまいます。
「ナンキン」は南京豆の方が馴染みがあります。
Posted by 南 常雄 at 2012年12月01日 11:13
南さん同様、もうスノーシューが必要ですね。♪

此方のカボチャも 今では「味平」「味王」「栗味」「雪化粧」等
次々と新しい品種が・・・

keiさんも 覚えて居ると思うけど
「マサカリ カボチャ」が懐かしいですね。
今の様にレンジも無く、ストーブに乗せて焼いて食べた・・

オイラは 「かぼちゃがい」? と確か我が家では云っていた・・
鍋に皮を剥いたカボチャを、もち米の上に乗っけてサッカリンを入れ
炊きあがったのをスリコギ棒で潰して・・・半殺し?

もう一度、食べたいなぁ~~ 
Posted by サンピラー at 2012年12月01日 19:07
☆Fioraさん、こんにちは。

すみません、メールをいただいていたことに気付かなくって。。。
ご心配をおかけいたしました。
足の具合はまだイマイチなんですけれど、次第に治るだろうと
希望的観測です。。。(苦笑)

Fioraさん、そうなのよね。。。
本音が判らない人と話すのはしんどいです。
私の臆病さはそこに原因があるのかもと思うことしきりです。

「福島を見よ」ですよね。
あってはいけないことが起こってしまったのですから、もう平静では
いられません。
よほど都合が悪かったのでしょうね。
菅さんを引きずり下ろした政界、経済界の事情に甘い顔をしてはいら
れないと強く感じます。
Posted by けい at 2012年12月02日 11:01
☆sakkoさん、こんにちは。

寒いです。。。
山入りしてから薪オーブンとファンヒーターに火を入れているのですが、
まだ室温は16℃です。
ログが冷え切ってしまうと回復するまでに丸二日はかかります。
夜入りの翌昼帰りでは暖まった頃に帰阪になってしまうのです。

ナンキンかカボチャか。。。地域と世代によって呼称が違うようですね。

「メリケン粉」この言葉は記憶にあります。。。
若い世代なら理解できない言葉も多々ありますよね。
言葉にも歴史がある、安易に死語にしてはいけないと、私は思うのですが。
Posted by けい at 2012年12月02日 11:12
☆南さん、こんにちは。

ゲッ。。。(笑)
古くからのお仲間、、、私の性格をすっかりご存知の南さんには
返す言葉がございません。

北海道ではナンキンでしたよね?
私の記憶にあるのはナンキンで、カボチャは関西に来てからです。

南京豆って懐かしいわ。
それも殻付きのほうではなかったような気がしますけど、どうでしたっけ?
Posted by けい at 2012年12月02日 11:24
☆サンピラーさん、こんにちは。

「味平」「味王」「栗味」は味わったかどうかが記憶にないのですけど、
「雪化粧」はバッチリ。
美味しいですよね。

でも私の記憶の中で一番色濃いのは、なんといってもマサカリカボチャ
です!!
種を探しているのですが、なかなか手に入れることができません。


「かぼちゃがい」
意味は分かるような気がするけれど、少し濃いめのおかゆさん?

おやつはとうきびやカボチャの蒸かしたのしかなくてね、、、
でも、物に溢れた今のほうが貧しく思えるのはどうしてでしょうね。
Posted by けい at 2012年12月02日 11:35
おかげんはいかがでしょうか?

クリスマス寒波が来る前に、すっかり真冬になってしまった高松で寒さにふるえているんですが
野迫川からみれば「晩秋」くらいかもしれませんね。
しかし、今年は、寒くなるのが早すぎます。
冬至もまだ先だと言うのに。
その冬至と言えばナンキンですが
なんだか角が鋭くて、モダンなカッコイイナンキンですね。↑
モダンだけど、在来種?昔からの品種なのでしょうか。
美味しければ、冬至カボチャは、これで決まりですね。

ところで、先日メールをお送りしたのですが
届いておりますでしょうか?
初めてお送りする先なので、念のため、確認させていただきたくて。
(届いてなかったらごめんなさいね!)
Posted by ちほあるいははるの at 2012年12月04日 20:27
☆ちほあるいははるのさん、こんばんは。

今年は11月末から年末の忙しモードに入ってしまいまして、
メールの確認を怠っておりました。
すみません。。。
つい先ほど、いただいたメールを拝見いたしました。
心から陳謝、、、です。
種はもうスタンバイで、週末には発送できる予定です。

このカボチャ、いかにも美味しそうだったのですが、、、
「が、」というのはこの先が想定できますよね。
不味かったのです。
数個買おうと意気込んでいたのですけど。。。(苦笑)

カボチャって当たり外れがあって難しいですよね。
Posted by けい at 2012年12月05日 21:36
はじめまして!

まさみと申します!

気になっていたので
はじめてコメントさせて頂きます。

すごく立派なかぼちゃですね♪

また遊びに来させて下さい(^-^)/
Posted by まさみ at 2012年12月07日 11:59
☆まさみさん、ご訪問ありがとうございます。

オーガニックにはとても興味があります。
無農薬栽培以外は考えていないのですが、土の力を高めるのは
なかなか難しいことなのですね。

いろいろ教えてくださいね。
Posted by けい at 2012年12月08日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック