2013年02月10日

本日の作業は。。。

雪が融けて土が顔を出すのは嬉しいけれど、そうなると雑草が目に入るのが難。
庭1
急がなきゃ、急がなきゃ、、、時計ウサギの心境になる。

もっとも庭の奥はまだこんな様子だから、少しだけ余裕はある。
庭2

今回は裏山に入り、雪で折れたたくさんの松の枝を整理する。
枝といっても太い部分で直径が15センチぐらいあり、しかも長い。
それが雪の重みで落下して、シャクナゲ群を直撃したのだった。
裏山で1
矢印は先端部に近いところ。
結構な太さでしょ?

折れたシャクナゲを引き上げてきた。
シャクナゲ1
花芽がたくさん付いているのに、可哀想なことをした。
シャクナゲ2

椿も何本か雪折れしている。
ツバキ
裂けて折れてしまったものは仕方なく伐採した。

こんな作業で庭の中を走り回り、一日が過ぎてしまった。
明日は薪を作ったり、次に手を付ける予定のログ裏の整理をしようか。

銀杏、柚子、昆布の仕事も残っているのだけれど。。。

ところで先日牛脂をぶら下げて留守にしたのだが、かけらも残っていなかった。
今日もぶら下げておいたが、私たちが居る間はなかなか姿を見せてくれない。
牛脂網テン
右の鉢皿には凍てた柿を山盛りにしてあった。
早朝、ゴトゴトとあまりに賑やかなので出てみたら、音の主はテンだった。
可愛い姿をゆっくり見せてほしかったが、なんというすばしっこさ。
一飯の恩義を知らないのか、君は。。。

**********
町のPCが絶不調でした。
PCとは永遠に仲良くなれそうにないわ。

posted by けい at 21:30| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野迫川はまだ雪が残っているのですね。
雪景色は綺麗ですがその下は
えらいことになっているのですね
シャクナゲはしっかりつぼみが付いていますね
テンは複数でいるのですね
テンとイタチの違いがよく判らないのですがね。
昨秋からイタチと思うのが出没していて
温室の中の小さな鉢が転んでいます
小鳥の写真を撮りたくてミカンを半分に切って
並べておいたのですが直ぐになくなりました
小動物の写真とって見たいのですがね。
Posted by sakko at 2013年02月11日 08:33
雪で枝がかわいそうなことになりましたね。
大きな枝に雪が被さって
さすがに重くて耐えきれずに折れたのでしょう。
雪で折れるのは朽木では毎年なのですが
やはりせっかく何年もかかって育った木々が
こちらも為すすべもなく
あっけなく折れているのを見ると
大袈裟かも知れませんが
自然の前には抵抗できないんだなと
つくづく思います。

可愛い動物たちもこの冬場
食糧集めに必死なんでしょうね。
でももうちょっと
愛嬌のある姿を見せてくれても良いでしょうにね。

今度の週末は久しぶりに朽木です。
Posted by Fiora at 2013年02月11日 18:37
☆sakkoさん、おはようございます。

日向は早く解けますけど、日裏はなかなかですから、
翳ると結構寒いです。

まだあの雪の際の後始末なんですよ。
急斜面なので少し解けなくては入ることが出来なかったです。
シャクナゲは一帯を染めるほど見事に育っていたのですが、
今回これだけではなく、ダメージが大きいです。

テンね、姿は目撃しましたがすばしっこいものですから
写真には撮れなかったです。
可愛いんですけどね。。。
テンは雑食でしたっけ??

牛脂はツルツルの単管に付けてありますから、鳥さんたちの
独擅場でしょうね。
ゲラが見たいです。
Posted by けい at 2013年02月13日 08:58
☆Fioraさん、おはようございます。

大木さえもへし折ってしまうのですから、雪の重みって凄いですものね。
湿った雪が降るとハラハラします。
自然の威力の前にはなす術がないです。
それでも危険性はいくらかは取り除くために、アンテナを張り巡らせて
気をつけるようにしています。
町の生活では関わることのない事柄、ですよね。

この冬意外なのは、猟師さんたちの姿を見かけないこと。
高齢化で少なくなっているとは聞いていますが、こんなに急にとは
なぜでしょう。
いのしかがまた増えすぎるんでしょうね。
カモシカも相当増えているそうな。。。
恐々としています。

朽木、久々ですね。
Posted by けい at 2013年02月13日 09:13
けいさんこんばんは。

テンは顔に似ず凶暴な動物と聞いたことがあります。 今は毛皮にされることも無いから横暴極まりない行動を取れるのでしょうか? 
今度はなかなか食いちぎれないようなものを置いておいたら、しばらくそれと格闘するんじゃないでしょうかねぇ。 その隙にシャッターを切る!っていうのはどうでしょう?

しゃくなげ・・・もったいな〜〜い。 今からでも挿し木で増やせそうな気もしますが・・雪ってほんとうにすごいですよね。 折れても生きてる木もすごいですが・・・。

まだまだあと数回は雪が降るんじゃないですか? 北側は根雪?
Posted by あいたばば at 2013年02月13日 19:44
直径15cmの枝って、細い木くらいありますね。
そういうのが折れて落ちてくるんだもの
積雪の時期は、やはり山に入れませんね。
マタギの人達って、何か、そういう危険を避けるコツがあるんでしょうけど
勇気ありますよねぇ。

まだ雪は残るものの
↑の写真の日差しは、ずいぶんと力強くなってきた感じがしますね。
山菜は、もう色々と顔を出しているでしょうか。
こちらでは
ツクシが出た
なんて町もあるようです。
でも2月にツクシは、さすがにちょっと早いなー。
あわて者はどこにもいるんでしょうね。
Posted by ちほあるいははるの at 2013年02月14日 20:36
☆あいやばばさん、おはようございます。

テン、そうなんですよね。
顔は愛らしいのですけど、木片など噛み砕いてしまいますし
行動は結構激しいです。
食いちぎられないもの。。。スルメとか、鮭トバしか思い
浮かべられないですけど、そういうのは私のお腹に入れたいし。(笑)

シャクナゲね、大きな株立ちがたくさんあるのですが、今回は
ダメージが大きいです。
かなりショックで落ち込んでいます。
無理かなと思いつつ、20本ぐらい挿しました。

雪は北海道に比べるとずいぶん少ないのですけど、近畿南部としては
多いほうなのでしょうね。
4月までは安心できないですけど、陽だまりでは少しずつ春の気配も。
Posted by けい at 2013年02月15日 10:36
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

雪も雨も風も、きついのは恐いですね。
自然の威力の前にはなす術がないんですものね。
自然と共に暮らすということは半端でない労力も強いられるのだと、
これは町暮らしでは体験できなかったことです。

そうなんです。
雪は残っていて冷たいですけど、光が少し変化したのを感じます。
季節は忘れずに巡るのだとしみじみ。。。

この辺りは3月に入らないとカンゾウも顔を出しませんし、
フキノトウもまだ見ていないんですよ。
何しろ梅の花も4月初旬ですし。

もうツクシですか!
あわてん坊すぎません?
Posted by けい at 2013年02月15日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック