2013年04月25日

ヤマガラ夫婦の巣作り

庭仕事をしているとヤマガラ夫婦が頭上でけたたましく喚きたてる。
あまり煩く騒ぐので、私はそそくさと避難せざるを得ない。
いい加減に風景の一部として慣れて欲しいものだ。
ウリカエデ
今年は少し異変。
今までログのドア脇の巣箱を愛用してきた彼らは、ログ前の小池の向こう側にある
はてなの木に付け直した巣箱が気に入ったらしく、早くから出入りしているのだ。
「はてなの木」とはまだ樹種が定かでない木だから。。。
ヤマガラさん
「ログ脇の巣箱でkeiさんに頻繁に覗き込まれるのが、よほど厭だったんだよ」

脚立が必要な高所だし足場も悪いからもう覗き込むわけにはいかないけれど、
雛たちの飛翔が見られたら嬉しいなぁと希望、願望。

池に覆いかぶさっているウリカエデが邪魔をして、巣箱がだんだん見え難く
なってきた。
ウリカエデ
少し枝を整理しようか。。。と言ったら、即座にkiiさんから「ダメッ!!」
ウリカエデはモリアオガエルたちの定宿だものね。

このウリカエデは二株あるのだけれど、今年初めて気付いたことが。。。
ウリカエデ

ウリカエデ
一株は花芽や新芽が赤味を帯び、もう一株は黄色なのだ。
偶然とはいえ、なかなか美しいコントラストを見せてくれている。

ログ脇のもう一方の隅にある巣箱
ログ脇の巣箱
こちらは時折カタン、カタンと音がしている。
「絶対に覗くんじゃないよ」とkiiさんは煩い。

テントウムシ
ログの窓辺には、越冬していたたくさんのテントウムシが外へ出ようと集まって
きている。
昨年南さんに教えていただいた「カメノコテントウ」
「ナミテントウ」の大きさとの対比をしてみたら、ずいぶん違うんですねぇ。
テントウムシ
これだけ大きいと害虫駆除にも尽力してもらえそうだが、数はといえばナミテントウ
のほうが遥かに多い。

スズメバチが数匹目に付き出した。
スズメバチ
おぉ。早速にお入りいただきまして。。。
この時季に女王さんを捕獲するのが大事と、これも以前に南さんに教わって
から、彼らが躍動するシーズン前にも必ず数本のハチトラップを仕掛けている。

そのお陰で、この数年ひどい被害に遭わずに済んでいる。
鹿にカモシカ、野ウサギにスズメバチときたら悲惨ですものね。
災難を一つは回避できているのが嬉しい!!

posted by けい at 18:30| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スズメバチ、もう出てきたんですね。

「keiさんに頻繁に覗き込まれる」のもきっと恐いけど、
スズメバチはもっと恐いです。

昨年は、アブトラップを試して見たのですが「虻蜂取らず」
とは良く言ったものです。大失敗でした。
畜産などで「アブトラップ」が考えられているようですが、
けっこう大事のようです。
Posted by 南 常雄 at 2013年04月25日 22:45
いいですね。巣箱のあるお庭。
でも覗いてはならい。
わたしはだめですね。絶対覗くと思います
だからキジバトもこなくなったのかな。
カメノコテントウムシ、大きいですね
スズメバチももう出ているのですね
獣も困りますが、スズメバチも怖いですね
ここで食い止められるといいですね
今日は随分暖かかったですが
このまま暖かくなるでしょうかね
Posted by sakko at 2013年04月26日 00:13
鳥の巣箱気になりますよね。
生き物たちが身近で営んでいると
気持ちがほんわか暖かくなりますよね。
京都の自宅の玄関先に以前ツバメが巣を作っていました。
糞が落ちるのであまり歓迎しなかったのですが、
娘がツバメの来るお家は幸せが来ると
ズーッと観察していました。
最後は雛をかえして北に帰っていきましたが。
最近来ないなと思っていたら
お向かいのお家の玄関先に巣を作っているツバメがありました。
ひょっとしてあの時の子供か孫かなと思ったりも。

ウリカエデの2色
不思議ですね。
雄木と雌木なんですか?

これから暖かくなりますね。
スズメバチ気を付けて下さいね。
Posted by Fiora at 2013年04月26日 12:30
☆南さん、おはようございます。

スズメバチ、チラリと見かけだしたら女王蜂捕獲作戦遂行ですよね。
昨年など恐ろしい大きさのオオスズメバチが入りましたし、これは
絶対に女王バチだろうとしげしげと眺めました。
この時季に捕獲すると教えていただいたのがよく理解できます。

鳥たちは学習しないんでしょうか?
いつも居るものにもっと警戒心を解いてもいいと思われません??

アブはスズメバチ用のトラップには入ってくれないのですよね。
習性が違うからでしょうか?
なにかいい方法があればいいのですが。。。
発見されたら特許ものですね!!
Posted by けい at 2013年04月27日 07:02
☆sakkoさん、おはようございます。

やはり覗きたくなりますよねぇ。。。(笑)
でも今度の場所は高すぎて、覗き込むのも一苦労ですから、
雛の飛翔を楽しみにしておきます。
巣箱は何ヶ所も掛けてあるのですけど、kiiさんには
「覗きなさんな!」と釘を刺されてます。

カメノコテントウって、ほんと、大きくて吃驚します。
一見不気味。。。
これだけ大きかったら、アブラムシも大量に食べてくれる
のではないかと期待するのですが、棲息している数は少ないような。

南さんに教えていただいたおかげで、春先の女王蜂捕獲作戦が
うまくいっているんです。
敷地内には巣を作ることが無いですから幸いです。
Posted by けい at 2013年04月27日 07:09
☆Fioraさん、おはようございます。

生きものたち、心を癒す存在です。
鹿とカモシカ、イノシシ、野ウサギ以外は!(笑)

オオルリやキジバト夫婦が頻繁にやってきて、ほんと、
気になります。
眺めながらゆっくりしたいなぁと思いつつ、ずっと
バタバタしてますネェ。

ツバメもスズメも野迫川では見かけません。
ツバメって幸せを運んでくるって言いますよね!

ウリカエデは雌雄異株でしたっけ?
調べてみなくては。。。
自生で隣り合って二株あるのですが、色調が異なるのは
美しくてなかなか素敵です。
Posted by けい at 2013年04月27日 07:19
けいさんこんばんは。

いろいろ動物ばかりじゃなくて、手ごわい敵を多く抱えてますねぇ。

スズメバチのトラップは小生も北海道に来てたびたび見るようになりました。

ほんとうに蜂は恐いですもんね。 虫で一番嫌いなのはこのスズメバチです。

↓の水仙ですが・・・子供の頃に良く見た水仙ってどんなものか記憶が曖昧になってしまいました。 余りにもいろんな品種が出回って、今じゃどれだどれだか判りません。 日本古来の水仙って知ってますか? オリジナルに近いものでもあったら教えてほしいです。
Posted by あいやばば at 2013年04月28日 23:02
☆あいやばばさん、こんばんは。

ブログ村のクリックで早朝にお邪魔して、、、
衝撃の事実に愕然として、書き込みも忘れて帰ってしまいました。
二ヶ月もお留守になるのですねぇ。
寂しすぎるじゃありませんか。。。
でも、お仕事なら仕方がない。。。

獣害対策でこの連休もヘロヘロになってます。
やっと二ヶ所めのネット張りを終えたところです。

水仙ね、「水仙たち2」の6枚目と8枚目は日本古来の
ものなんですよ。
増えるのを待っていてくださいね♪

旭川にお住まいの南さんが自然暮らしの諸々のお助けマン
なんです。
お陰をもちまして、スズメバチの被害からも助けられて
います♪
Posted by けい at 2013年04月29日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック