2013年05月20日

ズミの花と山野草たち

「咲かなきゃ伐っちゃうよ」と脅し続けて数年、ズミにやっと花が咲いた。
ズミ
この株の傍らにはこれよりも少し低いズミがあり、どちらも一向に花を見せて
くれず、我慢も限度になっていた私なのだ。
ズミ?
でも、これ、ほんとうにズミ(コリンゴ)?

ここ数年は晩霜で痛めつけられ、満足な開花を楽しめなかったハクウンボク。
ハクウンボク
今年は今の所、すごい花芽。。。
hakuunboku02.jpg
高木だから花芽が見にくい。

ほら、ネッ!?
ハクウンボク

さて山野草たち。
「クマガイソウ」
クマガイソウ

「地エビネ」
地エビネ
エビネ群は晩霜の影響で花芽が真っ黒。
ヒメシャラの陰で生き残った僅かの株に、幾つかの花芽が。。。

「エゾエンゴサク」
エゾエンゴサク
たくさん増えてほしい。

オオバナノエンレイソウはネットの中なので健在だったが、
オオバナノエンレイソウ

ネットの外にあったエンレイソウはこんな具合。
エンレイソウ
エンレイソウも白花エンレイソウも、花芽をみ〜んな食べられてしまった。

posted by けい at 14:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2013年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エゾエンゴサクは種子、オオバナノエンレイソウは分けつに期待ですね。

広尾のシーサイドパーク一面がオオバナノエンレイソウの群落になっている
のですが、まだつぼみでした。
Posted by 南 常雄 at 2013年05月20日 22:25
ズミの木って大きいのですね
花木は植えられません(狭いですから)
クマガイソウ
エゾエンゴサク
エンレイソウ
皆、お山でなくては育ちませんね
ウサギ大暴れですか
奴も必死ですね
負けないでくださいね
私は折角根付きそうになった
サツマイモの苗、変だなと思ったら
ヨトウムシにやられていました。25株の内半分くらいです
被害は大きいです。
ニジュウヤホシテントウやヨトウムシなど相手は小者ですが
なかなか手強いです。
でも負けられません
Posted by sakko at 2013年05月21日 01:52
☆南さん、こんにちは。

エゾエンゴサクは数本しか出なかったのですが、ひょっとして
天地をさかさまに植えたのかと、掘り起こしてみたいところです。。。
でも来年までじっと辛抱します。

オオバナノエンレイソウの白は鮮やかで見事ですね。
惚れ惚れ!!
どちらも、いつか群生してくれますように。

オオバナノエンレイソウもエゾエンゴサクも単体でも素敵ですが、
群生の見事さは息をのみますよね。
Posted by けい at 2013年05月21日 13:13
☆sakkoさん、こんにちは。

うちは草花は大方が餌食になってしまいましたから、今はもう
「樹木の庭」です。
山野草は夏越しが特に難しいのですよね。
山でも育たないものもあり、ずいぶん枯らしました。
今残っているものは比較的強いと言えるのかも。

野ウサギとの攻防戦、いつも彼らのほうが一枚上手なのですが、
最近は努力の甲斐あり、少しずつ追い詰めている感じですよ!
早く諦めてくれるといいのですけど。

虫害もないことはないのですが、鳥さんたちのお蔭でずいぶん
助かっています。
Posted by けい at 2013年05月21日 13:21
エゾエゴンサク、オオバナノエンレイソウ
なんとも言えない花の色合いですね。
どちらも去年それらを見たくて
心惹かれて北海道に行きました。
北海道は群生が多いですね。
本当に見事ですね。
去年は時期がずれていてどちらも満開は見れなかったですが
大いに山野草の勉強になりました。

エゾエゴンサクやオオバナノエンレイソウの群生
野迫川での実現を心待ちにしています。
野ウサギたちとの攻防戦
仕事がたくさん増えるわけですが
高い樹木の下にたくさんの山野草
想像するだけでもワクワクしますね。
Posted by Fiora at 2013年05月22日 14:05
☆Fioraさん、おはようございます。

エゾエンゴサクもオオバナノエンレイソウも素敵でしょう!?
南さんが掲示板に貼ってくださったエゾエンゴサク、今夜は
ブログでもアップさせていただこうと思ってます。

野ウサギや鹿さえいなければ、今頃はいろいろな植物の群生を
見ることができたのにと思うと、悔しいです。
Posted by けい at 2013年05月23日 07:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック