2013年06月26日

ハナエンジュとハリエンジュ、シャクヤクのことなど

「ハナエンジュ(バラアカシア)・ヒスピダ」
ハナエンジュ・ヒスピダ
切り詰めないとかなり間延びしてる。
昨年に比べると花数は多いが、樹勢は年々弱っている気がする。

ハナエンジュ・ヒスピダ

ハナエンジュ・ヒスピダ
挿し木が無理なら取り木しかないか。。。

「ハナエンジュ(バラアカシア)・ヒレリー」
ハナエンジュ・ヒレリー
こちらはヒスピダよりもかなり、息も絶え絶えという雰囲気。
ハナエンジュ・ヒレリー
kiiさん、お得意の取り木で何とか起死回生を計って下され!!

「ハリエンジュ」(針槐/別名ニセアカシア)
niseakasia01.jpg
偽という言葉が嫌いだから、ハリエンジュでいこう!
ログ前の庭からでも屋根越しに見える。

niseakasia02.jpg
切ろうか、、、一株だけならあってもいいか、、、
その逡巡が大変なことになるのかもしれないのにね。

原発の意義を問う小出さんと同じく、熊取六人衆のひとりである小林圭二さんの、
思い入れのある木だから、、、それを知っているからkiiさんが伐れないのは
判る。。。
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/hitorigoto01/hitori01-03.htm

斜面の土留めになるなら重宝だろうが、でも害樹呼ばわりされるほどに、根が
走って生育が旺盛すぎるのが難。
私は密かに、苗を見つけては抜き去っている。
niseakasia04.jpg
花は天ぷらや酢の物、サラダなどに。。。

白いシャクヤクは全部旬逃しだった。
蕾は見たのだが、気付いたら花が散ってしまったということばかり。
これは一番遅咲きの「かげろう」
かげろう
今年は 色が薄い。

ところで、ちほあるいははるのさんから戴いた「鬼あきた」の種。
発芽しなくておろおろしていたのだが、季節を戻して蒔くことを教えていただき、
種を冷蔵庫に入れてから再度チャレンジしたら。。。
鬼あきた
なんと、完璧!!  でも時期遅れ??
今がこの調子では先が懸念されるけれど、何とか頑張って成長しておくれ!!
辛味といい旨味といい、最高の唐辛子なのよ!

ブロ友さんたちのお庭ではもう茶色い実がぶら下がっているというのに、我が家の
キウィは雌花がこのぐらい。
地域的には季節は一か月遅れだけれど、それにしても遅くない??
キウィ
今年も実は生らないかも。
どうしたらいいの??

posted by けい at 19:00| 奈良 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 2013年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はえらい雨でしたね。
ハナエンジュ、ハリエンジュ、
大きな木になるのですね。
何でも真似て植えたいsakkoですが、花木は植える場所がありません
ハリエンジュは花を天ぶらやサラダに出来るのですか
花の天ぷら、どんな味でしょう
オニアキタノ種、発芽してよかったですね。
イチゴなどは苗を冷蔵庫に(低温にして)植えると
早く実がつくと聞きましたよ
このオニアキタモ、春だ〜急げ〜と
急成長するかも。頑張れオニアキタです。
私もタカノツメを植えるのを忘れていました
キッチンの瓶にしまっていたのを取り出して蒔きました
未だ10cmくらいです。
キーウィ、雌花の蕾ですね
雄花の蕾は付いていませんか
雄花の蕾が先に付くのですがね。
Posted by sakko at 2013年06月27日 06:48
☆sakkoさん、こんばんは。

よく降りましたね。
カラカラも困りますけど、ジトジトもたいがいですよね。
ほどほどを旨として欲しいものだと、これは空しい願望ですが。。。

ハナエンジュのヒスピダに惚れ込んだ知人が、何度挿し木を試みても
ダメだったそうな。
それを訊いて私も試みてみたのですが、毎年ポシャッてます。
気難しいのでしょうか?
ハリエンジュは厭になるぐらいに強いのですが。。。

ハリエンジュの花を摘んだ村の娘たちの話、とても心に残っているらしく
伐ろうかにkiiさんはいい顔をしません。

オニアキタ、とっても美味しいですね!!
何とかうまく育ってほしいです。
植物と付き合っていく方法ってなかなか難しいですよね。
経験がものをいう世界かなと思うこのごろです。
Posted by けい at 2013年06月27日 19:29
スギナ茶を煮出せるやつを見つけました!
まさかと思っていたちょっと深い皿が、実は火にもかけられるらしい。
かみさんが、「あっ、これは?」って出してきてくれた。
買わなくて良かった〜。
そんで、早速煮出しました・・・全然違います。
たっぷりとエキスをいただけるって感じで、味が濃いです。
これで、ますます続けられそうです。
Posted by Ken at 2013年06月27日 21:07
☆kenさん、おはようございます。

良かったですねぇ!!
何か代用できるものって探すとあるものですよね。

煮出すと全然違うでしょ!?
何とか飲める気がしてきました??(笑)

スギナ仲間が増えて嬉しいです。
雑草が薬草に格上げされ、鰯の頭が目からうろこのスギナになれば
最高なんですけど。。。
Posted by けい at 2013年06月28日 08:00
そう言えば、先日言った伊達の道の駅で10本2〜300円くらいで売ってました。
やはり、酢の物や天ぷらがお勧めのようでした。

ハリエンジュは、近くにひこばえが出ませんか。
Posted by 南 常雄 at 2013年06月28日 22:42
☆南さん、こんばんは。

え〜〜っ、花を売っているのですか!?
買っていく人が居るから売るのでしょうね?
北海道ならそこらにいくらでもある木、のイメージが大きいのですけど。

ハリエンジュはヒコバエだらけで引き抜いてます。
ハナエンジュのヒコバエも花は白なんです。
バラアカシアはどうして誕生したのか、接ぎ木なのかなと思っているの
ですが。
Posted by けい at 2013年06月30日 02:09
うわぁ。いっぱい蒔いてくださいましたね。鬼あきた。
無事に発芽して良かったです。
寒さには強くて、高松だと枯れてシーズンが終わるのは12月の半ば頃。
こちらの12月と大阪の12月って、そう変わらないと思いますが
大阪の12月って、野迫川だと何月くらいでしょうね?
高松では、8月は、いつも暑すぎて元気が無くなるくらいなので
野迫川の夏の方が、彼らは居心地が良いかもしれません。

ニセアカシアってハリエンジュのことだったんですか!
近くの山の斜面一面に、この樹、広がっています。
確かに繁殖力は強そうですね。
でも、花の季節は、近くを通るとハチの羽音がすごくって
昆虫を支えている良い樹なんだな
と感じてます。
しかしニセアカシアって、名前はひどいですよね〜!
Posted by ちほあるいははるの at 2013年07月03日 20:42
☆ちほあるいははるのさん、こんばんは。

鬼あきた、今のところはとても元気です!!
幾つかは双葉から本葉に成長していました♪
これほど美味しい唐辛子ですから、ぜひとも育ててみたいと、
必死です。
寒さには強いというのは朗報。
11月になるとしっかり寒さが堪える野迫川ですから、
何とか。。。と祈る思いです。
「頑張れ、鬼アキタ」と、大声でエールを送ってます。

ニセアカシアは害樹なんですよね。
北海道出身者としましては複雑な心境です。
花は美味しいんですよ!
Posted by けい at 2013年07月04日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック