2013年06月27日

夏ロウバイや高野ハンショウヅル

夏ロウバイが花盛り。
年々花数が増えて、見事になってきた。
夏ロウバイ
黒花ロウバイと同じく、あまり樹高が高くならないのがいい。
夏ロウバイ
今やkiiさんのお気に入りの木の一つになっているが、最初は夏ロウバイの
ナの字も知らなかったのにね。。。(笑)

育樹園のコゴミの具合があまりよくない。
日照不足になっているのかもしれない。
今年は何故かバッタが異常に多い気がする。

開拓当初に育樹園の片隅に植えたのが、僅か30センチほどだった娘の
クリスマスツリー。
成長して、周囲を覆い尽くすような大きな陰を作るようになった。
通風、日照、共にブルーベリーにかなり影響を与えてしまうなぁ。。。
成長した姿を考えずに此処に植えた私が悪いのだが、これは伐らなければ
ならないかも。
そのモミの木に絡まっているのが、高野ハンショウヅル。
クレマチスの和製の仲間。
高野ハンショウヅル

高野ハンショウヅル
大好きな植物なので増えてほしいのだが、山の庭の植物たちの中では結構
気難し屋さんだ。
ウワミズザクラに絡まって、白花のトリガタハンショウヅルも自生していたのだが、
食べられて枯れてしまった。
どこかに出てこないかと、目を皿のようにしている。

ログ前の庭で、クレマチスが小さな花芽を見せ始めた。
ネットで保護されているお蔭で、今年は食害を免れている。
クレマチス・ユーリ
これは「クレマチス・ユーリ」のはず。
開花までこぎつけてほしいなぁ。

ログ前の庭を盛んに飛び交っているのがこの鳥。
キビタキ?
キビタキだろうか。。。
とてもいい声で囀るのよね。

ツツドリにホトトギス、カッコウの声も山間に聴こえる。
托卵三姉妹が勢ぞろいしたね。
オオルリさんたちよ、どうか負けずに頑張ってね!!

posted by けい at 19:30| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナツロウバイはいいね〜私も植えたいけど
こないだ老医師の自宅の片付け手伝ってて、庭にあるのを見つけたので
そのうち機会を見て、挿し木させてもらおう〜
けいさんの山ではカッコウもいるんだね
私、生のカッコウの声、聞いたことない
実家の山ではホトトギスはいるけどカッコウはいないんだよ
Posted by ann at 2013年06月28日 06:43
☆annさん、こんばんは〜

ナツロウバイや黒花ロウバイは大きくならないからいいよね。
夏ロウバイは花も可愛いですしね。

挿し木でもいける??
なかなか立派な種ができるので、蒔いているんですけど。。。

カッコウの声は北海道を思い出させるので懐かしいです。
卵を蹴落とすというのがちょっと難ですが。。。
托卵三姉妹には複雑な気持ちになります。
Posted by けい at 2013年06月30日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック