2013年07月27日

黄金シモツケや源平シモツケ、京鹿の子

シモツケって呆れるほど丈夫。
暑さ寒さに強いのは勿論だけれど、湿度にも雪折れにも負けない。
それに獣害に遭ってもへこたれない。
種を飛ばすのかエリア拡大を常にもくろんでいるから、うっかり気づかずにいると
大変なことになる。

山の庭に植えたのは白と黄金葉。
「黄金葉」
黄金シモツケ
このこぼれ種から増えたのが緑葉の赤花で、これがとにかく一番逞しい。。。

「白花」
シモツケ白花
かなり好きです♪

「源平シモツケ」
植えたものではなくて突然変異か、この株だけが紅白入り混じり咲く。
源平シモツケ
初めて見たときは吃驚したが、最近は源平シモツケなどと称されて販売されている
そうな。
大きくなりすぎたので昨年バッサリと切り詰めたら、花芽も切ってしまったようで、
今年は花数が少ない。

緑葉の赤花は強いと先に書いたが、至る所に小さな芽をポコポコ出しているから
抜き捨てている。
これを鉢上げして少し大きく育て、鹿に荒されて崩壊の危機に瀕している裏山に
植えるのもいいかも。。。
うん、そうだ、その方向で考えてみよう。
斜面が紅に染まるのも素敵だろうな、、、その場面を想像してうっとりなんて
気が早すぎ。(笑)

白い京鹿の子。
京鹿の子白花
アヤメと一緒にネットの中で保護されている。
どこから付いてきたのか、太いトクサが数本。
京鹿の子白花

京鹿の子は紅花のほうがかなり多かったのだが相次ぐ食害で絶えかけ、残りの僅か
数株を慌ててこのエリアに移植した。
京鹿の子赤花
何とか復活して元気になってきたから、いつか花を見ることができるだろう。

ブランコ、ゆらゆら。。。子供の声が響くのを待っている。
ロープをつけ直したほうがいいかな。
ブランコ
流石にもうベンチ式のブランコには乗らないだろうけれど、私は好きだなぁ。
ゆったり本など読むのには最高なのだ。 (←そんな時間もないくせに)
どこか木陰にぶら下げてもらえない?とkiiさんに言ったら、アブの猛攻撃に
耐えられるならね、ですって。、

危険を避けるために番線やメッシュなども片付けた。
いくら大きくなったといっても、山には危ないものが多いものね。
刈払い機の故障というアクシデントで草刈りが思うようにいっていないけれど、そこは
早朝にでも頑張ることにしよう。

posted by けい at 07:37| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2013年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏休みですもんね。
賑やかになりますね。楽しみですね。
木陰で涼しそう!
けいさんがゆ〜らゆらしても、切れなかったら
絶対だいじょうぶです。(笑)
Posted by 南 常雄 at 2013年07月27日 14:56
ああ。草刈りをすごく頑張ってらしたのは、お孫さんたちのためでしたか。
お疲れ様でした。
夏山の日々は、きっととても良い記憶になっているのでしょうね。
大きくなったら、草刈りの助っ人になってくれるかな。
その日が楽しみですね。

前の記事のお茶の数々を見て
ああ、もうホント、自分も菜園のハーブをなんとかせにゃぁ
と強く思いました。
ミント、タイム、ローズマリー、ラベンダー、ブラックベリー・・・・・・・・・
その気になれば、どれだけ大量のハーブティーが出来ることか。
今は台所が暑すぎて、熱いお茶を入れる気力が出ず
水出しマテ茶とか、そういうのを買って来て飲む日々ですが
いずれ来る冬のために
乾燥ハーブを作っておけば良いんですよね。
私もやらなきゃー。
Posted by ちほあるいははるの at 2013年07月27日 15:27
☆南さん、おはようございます。

お出かけサポートというのを利用して、今回は下の子だけが
やってきます。
お姉ちゃんのほうはクラブやらいろいろ多忙のようです。
下の子ともいずれそうなるかと思うと、じじばばには貴重な
時間です。

ゆ〜らゆらしても切れなかったのですが、kiiさんが
全部やり直していました。
念が入っているでしょ、可愛い孫のためですもんね。(笑)
Posted by けい at 2013年07月29日 10:51
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

そうなんです。
草だらけであまり酷いことになっていると、二度と来てはくれない
のじゃないかと。。。(笑)

このところkiiさんが少し多忙なので、まとまった休みを取れず、
週末の僅かな時間しか充てられないから必死でした。
来る日が決まっていますし、迎えてからはできるだけ休みたいですし。
やり残したことはたくさんありますが、そこのところはkiiさんと
手分けして早朝にでも片づけようと思ってます。

野草茶に馴染みだしたらもう既成のものは飲めないです。
ドクダミ茶や山桑茶は胃腸にも優しいから重宝してます。
日本茶も何とか作りたいなぁ。
野ウサギに先を越されてばかりですけど、自分たちもしっかり利用し
なくては。。。
でも、緑茶は難しそうですね。

ハーブってほとんど利用していません。
入浴剤以外には花を楽しむほうが多いです。(苦笑)
和製ハーブのほうがつい馴染やすくて、そんなことはありません??
Posted by けい at 2013年07月29日 11:05
山から帰ってこの蒸し暑さに驚いています。
夏椿、嬉しいです。
囲いまくって鹿から防御しないと。
お忙しいと思いますので
いつでも良いですよ。

シモツケソウは強靱なんですね。
そんな植物は良いですよね。
雪にへし折られても平気なんて凄い!
食害にあってもまた復活するって凄いですね。
朽木の庭にもジキタリスを
たくさん植えようかと思っています。

小道のブランコ
郷愁を誘います。
可愛いなぁ。。
お孫さんたちが来られるの待ち遠しいですね。
うちは今週末に
3ヶ月の孫を連れて息子たちがやって来ます。
楽しみです。。。
Posted by fiora at 2013年07月29日 17:48
☆Fioraさん、おはようございます。

町は猛暑ですね!!
毎日へばってます。。。
山も日中は空気の透明度が高いからか相当暑いですし、紫外線もきつくて
堪えますけど、朝晩の涼しさは最高ですものね。

夏椿や、、、実生苗を見つけたらいろいろ鉢上げしてみますね。
根付くまで暫しお待ちを。。。
シモツケはもう植えられてましたか??

ジキタリスは鹿避け植物の有望株ですよね。
たくさん増やしてください。
今回は一部のクリスマスローズの葉を食べられていて、絶句でした。
まぁ、スズランを平気で食べる連中ですから、クリスマスローズなど
どうということはないのかもですが。

小道のブランコ、kiiさんの労作の二人乗りベンチ式もあるの
ですが、最近は出番がありません。
木陰の涼しい所に吊ってもらって、本を読むなど最高なんですけど、
そういうゆったりした時間はなかなか持てそうにないです。
理想と現実は大きくかけ離れていまして。。。(笑)

お孫ちゃ連れで帰省されるのですね。
楽しみでしょう♪
少し大きくなると朽木を楽しんでくれますよね、きっと。
もうその日を夢見ていらっしゃるのでは?
Posted by けい at 2013年07月30日 06:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック