2013年08月05日

夏休み(1)

暫しご無沙汰いたしました。
ただいま孫守り中というか、、、こちらが守りされているのか。。。
日頃はkiiさんとの二人所帯なので、子供との生活は新鮮でもあり戸惑うことも
多い。
ようやく馴れてきた頃にはバイバイなんでしょうね。
7月31日
お出かけサポートで伊丹空港へお迎え。
8才ぐらいの子を懸命に探していたら、思ったよりもずっと背丈が伸びていた
のに吃驚。

翌日は買い出しや諸々の所要を片付けに出て、さっちゃんの好物の果物も買う。
買い出し

早朝はこの気温。
町のことを思うとクーラーも扇風機も不要の山の暮らしは極楽、極楽。
朝の気温

花火もたくさん持ち込んで、毎晩楽しんでいる。
花火

千早赤阪のニジマス釣り場へも。
ニジマス釣り

kiiさんのサポートもあるけれど、釣果が21尾。
ニジマス釣り
勘が良くて、最後のほうではうまく合わせられるようになりkiiさんは大喜び。

宿題の貯金箱作りにも精をだす。
貯金箱

なかなかいい手つきじゃない??
貯金箱
立派な貯金箱ができたけれど、まだ秘密なんですって。

来年から彼女も忙しくなりそうで、夏休みの訪問はこれが最後かも。
何にもない山暮らしなど、成長するにつれて興味が持てなくなっても不思議は
ないだろうしね。


posted by けい at 20:25| 奈良 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二人暮らしになれておられるから、
さっちゃんとの生活楽しいですが疲れますね。
我が家にも、息子達が来たらうれしいけれど
バイバイするとほっとします。
「孫って可愛いけど疲れるね」と友人も言います。
孫たちが小さかった頃、桃包み手伝うと皆出来てくれたり
畑で焼き芋をすると言って、枯れ草を片付けてくれたりしたのですが
最近は滅多に家に来ません
お墓参りの時ぐらいです。
ニジマス釣り、釣りの才能があるのかな
kiiさんの笑顔が目に浮かびます
貯金箱つくりもkiiさんが楽しそう。
バイバイしたらしばらく寂しいですよ。
Posted by sakko at 2013年08月06日 00:10
☆sakkoさん、おはようございます。

sakkoさんは息子さんご一家と夕食会やsakko便で
頻繁に交流がありますから、馴染み方も自然なんでしょうね。
二年のブランクは、相手が成長しこちらが老いた分 厳しいものが
ありますね。(苦笑)

私たちよりも本人のほうが、ないないづくしの山暮らしには
飽きてしまうのかも。
それがいいと思えるのは、自身が長い年月を経た先のことなの
でしょうね。
Posted by けい at 2013年08月06日 06:16
うちの子たちも小学生の低学年のうちは、ちょうど同じくらいの年のいとこたちと夏を過ごすために、じーちゃんちへお泊り保育に行ったものよー
大変だろうな〜申し訳ない、と思ってたけど、おじいちゃんたちも意外と楽しんでいたのかな
うちの子は、自宅でもあまり違いがない田舎暮らしだけど、いとこたちは都会っ子なので、成人してからもおじいちゃんちによく遊びに行ってるみたいですよ
大好物のブルーベリーはまだ熟さなかったの?
Posted by アン at 2013年08月06日 08:22
アハハツ、じぃじもばぁばも、そのうちお守りされなくなりますね。
うちは小6と中3の男の子は、隣に住んでいても顔を見ない日が多く
なりました。
可愛い女の子は年長さん、入学したら来年は2人きりの生活に戻り
ますね。どうするんだろ〜ぅ・・・
Posted by 南 常雄 at 2013年08月06日 08:35
はじめまして。
将来的に紀伊半島でワサビの栽培が出来ればいいなぁと考えている者です。
野迫川村のワサビ田を個人的に見学してみたい旨を、村役場と森林組合に電話でお聞きしたのですが、「難しいだろう」とのことでした。
今週末の土曜から一週間ほど お盆休みなので、その間に訪問して、栽培されてるかたの お話など聞ければと考えております。今回のお盆休みが無理でしたら、もう少し先になっても構わないのですが、どなたか お知り合いで栽培されてるかたに、「こんな人が居るよ」と伝えていただくなど出来ませんでしょうか?
いきなりの あつかましいお願いで大変申し訳ありません。
Posted by か at 2013年08月06日 09:42
☆annさん、こんばんは〜

うちは埼玉でしょ、行き帰りがね〜
もう少し近場ですともっと馴じみやすいんでしょうが、
遠距離は滅多に会えないから。。。
馴れたころにはさよならになりますもんね。

最近の子たちはデジタルなものが大好きだから、田舎の
アナログ生活には戸惑うことも多いみたい。(苦笑)

ブルーベリー、まだなのよ。
居る間には間に合わないかも。。。
Posted by けい at 2013年08月06日 19:38
☆南さん、こんばんは。

ほんと、そのうち見向きもされなくなると思います。
その日は近い?(笑)

最近の子供たちは多忙なんですよね〜

いろいろ、もうついていけなくなってます。
あ〜〜ぁ、ですよ。
Posted by けい at 2013年08月06日 19:45
土砂ダム災害を起こした2011年秋の豪雨で、わさび田などが
壊滅状態になったと聞いています。
再開の見通しはどうなのか、なかなか難しいとのお話でしたが。。。

村役場と森林組合に訊かれたそうですが、「難しいだろう」というのは
そういうことではないでしょうか?

残念ながらわさび田を経営されている方は存じ上げませんので、
お役にたてなくて申し訳ありません。
Posted by けい at 2013年08月06日 19:55
大きくなられたんですね。
前に来られたのは2年前?
でしたっけ。
子どもは成長が早くて驚きますよね。
うちは次回は11月か12月に再会できそうです。
赤ちゃんだからもっと成長が早く
顔も変わっていると思います。
でも可愛いんですよね。
ようやく我が子と違う可愛さがある
というのがわかるような気がしました。

釣りや木工
自然の中での夏休み
子どもにとって帰る田舎があるのは
大人になって良い思い出作りになるだろうなぁ
そう思います。
残りの日々楽しんでくださいね。
Posted by Fiora at 2013年08月06日 21:01
そういうことのようです。お返事ありがとうございました。m(..)m
Posted by か at 2013年08月06日 23:17
☆Fioraさん、こんにちは。

こちらのイメージは二年前のままですから、戸惑うことも多くて。
成長と老化ですからね、ギャップは大きい。。。(笑)

上の子は中学生ですし、下の子も来年から多忙になりそうですし、
その上に関東は夏休み自体が短いそうですから、また当分会えなく
なります。
何しろ遠方ですから。。。

Fioraさんは次の再会は年末ですか。。。
表情もしぐさもまったく変わっているのでしょうね。
Posted by けい at 2013年08月07日 13:09
私も、小学生のころは父の実家に1週間預けられました。
山の中なので、冒険し放題。
でも、同世代の親戚とかがいるわけでもなく、みんなは畑仕事とかで
忙しく、冒険に行っても、ヘビやらスズメバチやらに遭遇しても
4つ下の弟しかいないので、どう対処すれば判らず・・・。
逃げ足だけは速くなりました。まぁ、それも成果と言えますが。(笑)
こども達にとってはいい経験ですね。
私もその経験をさせたいということもあり、キャンプを始めました。
子供も中学生になると、部活とかで忙しくて、なかなか行けませんが。
Posted by Ken at 2013年08月08日 06:36
☆kenさん、おはようございます。

冒険好きな男の子にとっては、自然の中はワクワクしますよね。
でもやはり一週間ぐらいが限度なんでしょうね。
そろそろ飽きてきたようです。
女の子ですから虫取りも魚釣りもそこそこぐらいの興味かな。

家族キャンプ、それもワイルドなものは親も子も育てられますよね。
我が家もないない尽くしの手作りキャンプをよくしましたが、それが
娘にとってはいい体験になっているようです。

kenさん、子供さんたちが夏期旅行に出かけられて、寂しかったのでは?
Posted by けい at 2013年08月10日 07:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック