2013年10月16日

作業の進捗状況は。。。

このところ休日が変則的なので、作業は進んでいるような滞っているような。。。

先日から取り組んでいた本棚は一応完成。
この面の本棚が完成
一応というのは、、、天板に取り付ける予定の桟が未だのため。
木工事をしている間に端材が出てくるからそれまで待ってちょうだい、とのこと。
それ用の材をわざわざ買うなんて勿体無いでしょと言われたら、はぁ、としか言い
ようがない。

書棚や食器棚用のエコカラットも仕入れてきた。
エコカラット

もうすぐ薪オーブンに火が入るけれどその前には何とかと、少々焦っていた
シーリングファンを取り付ける。
シーリングファン
暖かい空気は小屋裏やロフトに流れてしまい、日常生活する場は足元が冷たい
という状況がこれでかなり解消されるだろう。
シーリングファンは薪ストーブ派にとっては必須アイテムだものね。

リビングキッチンの壁作りのその背面。
振動ドリル稼働中
ブロック面に柱を取り付けるために振動ドリルが稼働中。

こんな感じになった。
木工事
少しずつ家らしくなるね。。。

ところで、朝の気温はもうしっかり一桁である。
朝の気温
けいさん、外はこんなだし室内だって15℃しかないよ。寒いじゃないのさ。
火を入れようよ。。。
Kiiさんは早くからうるさくて仕方がない。
「好きにしたら」

薪オーブンには月末を待たずして火が入り、取り付けたばかりのシーリングファンは、
この朝、足元にプラス2℃の快適さを授けてくれたのだった。
厳寒期になればもっと威力を発揮するだろうとかなりの期待感。

posted by けい at 19:15| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お山は台風の被害は無かったですか
私の所は雨だけでした。
その後急に寒くなって、明日は最低気温が11度の予報です
そちらはもう一桁の気温なんですね
作業、進んでいますね。
シーリングファン、カッコいいのを付けましたね。
もう薪オーブンに火が入ったのですね。
暑い、暑いといっていたのに一気に秋になって
冬が来そうですね。
薪オーブンの活躍の季節ですね
Posted by sakko at 2013年10月17日 00:32
けいさんおはようございます。

外気が7℃じゃこっちと大差ないですね。 

室温に限って言えば・・・うちのほうが暖かいです。 もう薪焚いてますし・・。

シーリングファンは照明付きのものなんですね。 かなり豪華。 羽根は手作りじゃないですよね。 相方殿ならやりそうな気が・・。

ほぼ完成形・・まで・・あとどれくらいの木工事があるのでしょうか??

そういえば・・室内配線も全部やるんですね。 すごい。
Posted by あいやばば at 2013年10月17日 08:05
☆sakkoさん、こんにちは。

うちのほうは被害はなかったと思うのですが、伊豆大島は
エライことになっていますね。
各地が水に泣かされた一年というか、、、

山の家はもう火が入りましたよ。
常にお湯が沸いていることと、燃料費要らずでコトコト
煮物を作れるのが嬉しいです。

私はこのぐらいの寒さは平気なんですけど、Kiiさんは
辛抱が足りないようで。。。(笑)

仕事の合間を縫っての作業ですから思うように進んで
いないのですが、それでも少しずつ形になってきました。
ほんとうはもっと進んでいる予定なんですが、相方の私が
痛み中なもので、足を引っ張っています。
Posted by けい at 2013年10月17日 12:22
☆あいやばばさん、こんにちは。

夏場はどちらも冷え過ぎが苦手でエアコン嫌いと、意見が
合うんですけど、冬場は気が合わないんです。(笑)
連れ合いは室温を上げたい人で、私はのぼせてしまいます。
密かに下げているんですけど。。。

そうですよね、北海道はもうしっかり暖房が入ってますよね。
昔は大方が今ほど暖かくなかったので、ころころに着込んで
ましたっけ。
厚着から解放される日々が待ち遠しかったのを思い出します。
って、古いなぁ。。。

シーリングファンは照明付きでないものをずっと探していたのですが、
見つからなかったのです。
照明は不要なので悩んだのですが、小屋裏に暖気が上がるのに参って
まして、仕方なく妥協しました。
最近はなにもかもに余分なものが付いている気がしません?
家電にも道具にも。。。
シンプルなものは使いやすくて壊れにくいのに、と思います。
Posted by けい at 2013年10月17日 12:40
シーリングファンは山の家でもつけたいと思っているのですが
なかなか探すことも出来ず
我が家も照明無しのを探しているのですが
見つからないのです。
シンプルな羽だけのを
HCを回っても見つかりません。
ストーブを焚くとなると
やはりファンがあると違いますね。
足下の温度が上がるとなると是非ともと思ってしまいます。

ところでまだ水が出ず
山になかなか行けていません。
今後、異常な大雨や川の増水を考えると
同じことの繰り返しになるので
水道も考え見積もりをとってもらっています。
思わぬ出費で頭が痛いです。。。
沢水の取水や川への水中ポンプも
冬場の大雪が阻んでいます。
今年中にどうにかしたいと思っているのですが。。。
Posted by Fiora at 2013年10月19日 20:26
☆Fioraさん、おはようございます。

シーリングファン、、、そうなんです。
照明など不要なのに、ファンだけというのはなかなか無いのですよね。
HCで照明付きを見つけて、ファンだけでいいのになぁと仕方なく。。。
照明は消したままですけど、ファンは威力を発揮しています。
最遅速なのですが、足元は勿論ですがログ内にまで緩やかに温かさを
回してくれます。
冷たかった床が暖かいのです。
今までファンヒーターや灯油ストーブを副熱源として利用していましたが、
これからは出番が少なくなるかもと、嬉しいです。

うちも谷から取水している水は細くなっていて、見に行かなければなら
ないのですが、今日も雨。
時間が限られているので点検に行けそうにありません。

ところで、近在の別荘地も川から取水しているのですが、何年もいろいろ
試行錯誤して、やっと今年はあの災害にもめげず、水飢饉に遭わずに済んだ
との話。
「知恵あるものは山奥に暮らす」という言葉を思い出して、嬉しくなりました!!
Posted by けい at 2013年10月20日 06:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック