2013年11月25日

落ち葉の庭

カサコソと落ち葉を踏んで歩くこの季節の庭が好き!
昨日は久しぶりに庭の手入れに入った。
庭奥への小道の入口に薪の原木を積み上げてしまったので、ログ前の別の小道
から。。。
落ち葉
この小道は朴の落ち葉が多い。

朽ちかけた丸太の階段を下りると、モミジが赤く染まっていた。
モミジ

ニシキギは最後の華やぎ。
ニシキギ

ブルーベリー群も青空に映えて美しい。
ブルーベリーの紅葉

昨夜からの強い風で大方散ってしまったようだ。
裸木だらけ
もう裸木だらけになってしまった庭。

十月桜と大阪冬桜がチラチラ咲いている。
撮りたいと思ったが突風で危ないから高い脚立に上るのはダメとのことで、
下から撮ろうとしたが枝は揺れるし遠いなぁ。。。
大阪冬桜
これは大阪冬桜。
花芽がたくさん見える。

テラスに置いてあるニオイバンマツリの鉢は、姫南天に占拠されているのだが、
庭植えのものと種は同じなのにこの紅さ。
それに葉も大きいような気がする。
とぎ汁しかやっていないのだけれど、効き過ぎ???
姫南天
姫南天の奥にあるのはジャカランダの鉢。
寒くなってそろそろ葉も落ち始めている。
先日から妙にいい香りが漂っていて、くんくんと盛んに嗅ぎまわった(私はわんこか。。。)
のに、香りの元が掴めなかったのだが、それがようやく判明した。
なんと、なんと、ジャカランダの葉が香っていたのだ。
想像もしなかったから吃驚した。
花は美しいし葉もこんなにいい香りがするなんてね。
枯らさないように大切にしなくては。。。

posted by けい at 18:37| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 2013年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入口から、家が見えたような気がしますが、木が大きく育ったんですね。
それとも方向が違ったのかな・・・?
野迫川倶楽部の歴史を感じます。
Posted by 南 常雄 at 2013年11月25日 23:49
今日は風が強かったですね
竜巻注意報がお隣の県に出ていました
けいさんは紅葉狩りに行かなくても
お庭で紅葉狩りが出来ますね
カサコソと鳴る落ち葉を踏んで
自宅の庭を散策、いいですね
ブルーベリーの木は大きいのですね
私の木は中々大きくなりません
気候と地質のせいでしょうかね
ジャカランダほ葉が匂うのですね
珍しいですね
Posted by sakko at 2013年11月26日 00:05
けいさんおはようございます。

散策して飽きない小路・・さすがに広さを感じます。 我が家はその一こまの写真の一角くらいの面積であーだこーだって唸ってますからねぇ。 

みんな良い色出てくれてますねぇ。 家が木に埋もれて見えないくらい早く我が家の木々も成長して欲しいです。

ジャカランダは亜熱帯の木っていうイメージがあって、長く仕事をしていたネパールのカトマンズにはこの木が一杯あります。 初夏には青紫の花一色になって見ごたえがありますが・・でもかなり大木になります。
そのうち地植えするんですよね? 時々零下になるような場所でも咲いていたから大丈夫なのかな?

桜の木も色んなのがあるんですね。 冬に咲くとは・・健気ですね。
Posted by あいやばば at 2013年11月26日 11:55
☆南さん、こんばんは。

ほんと!!
枝の隙間から辛うじて家が見える、という感じになってますね。

木々がずいぶん成長して、ところが管理者はなまくらなものです
から行き届かず、枝も伸び放題でどうしましょう。

途方に暮れて眺めているという感じです。
園芸用の脚立を購入して、何とかしなくては。
Posted by けい at 2013年11月26日 20:13
☆sakkoさん、こんばんは。

紅葉狩りも蛍狩りも居ながらにして楽しめるのは幸いです。
その分、もの知らずになる感は否めませんが。。。(笑)

木々の選定は必要なのでしょうが、素人には難しいですね。
切る時期や切る位置や、悩みながらちびちびと切るのが
良くないのでしょうね。

ブルーベリーは大きくし過ぎてしまって、今、少しずつ
小さくしているところです。

ジャカランダ、葉はほんとうにいい香りなんですよ。
吃驚しました。
Posted by けい at 2013年11月26日 20:20
☆あいやばばさん、こんばんは。

広さも今になると半分でよかったかな、なんて思う時も。。。
何しろ猫の手も犬の手も借りられませんから、常に二人でしょ。
常時「限界」が目の前にぶら下がっているんですもん。(苦笑)

ジャカランダは暖かい地域の植物ですよね。
野迫川では地植えはできないです。
北海道ほどではありませんが、マイナス10℃にはなりますので
室外にはもちろん置けませんし、昨冬、冷え込んだ室内で生き延
びることができたのも奇跡かも。

花は素敵ですけど葉もいい香りなんて、思いもよらないことでした。

カトマンズですか。。。
実際に見てみたいです。

桜、大阪冬桜も十月桜も春と初冬の二期咲きですが、春のほうが
華やかです。
冬の桜は少し寂しいです。
Posted by けい at 2013年11月26日 20:34
野迫川のお庭は獣害にもめげずに
良くこれだけ大きくなったのか
本当に感心です。
草花は1年単位で育ちますが
樹木は10年はかかりますよね。
本当に歴史ですね。
うちももっとネットを広げて
落葉樹を育てたいというのが
やはり夢です。
Posted by Fiora at 2013年11月26日 22:07
☆Fioraさん、おはようございます。

苗木や草花はかなりの被害に遭っていますが、その時点で
そこそこ大きくなっていたものは無事なんです。

ほんと、樹木は年数が掛かりますものね。
一面の草花が夢と消えて残念至極なんですけど、諦めずに
頑張るしかないです。

落葉樹がほとんどの庭は落ち葉がフカフカの土を作ってくれ
ますけど、冬場は見通しが良すぎて頼りないです。
Posted by けい at 2013年11月27日 09:30
例年より3週間くらい前倒しで季節が進んでいるので
高松でも、山はすっかり紅葉です。
でも、葉が落ちるのはもっともっと先でしょう。
野迫川は、凛とした冬の光景になっていますね。
雪になる前に、色んな作業、頑張って!

それにしてもジャカランダ?葉が香るって
どんな香りなんでしょう?
葉っぱって、指でこすると良い香りってのは多いですが
自然に遠くまで香ってくるなんて
面白い植物ですね。
クラブアップルには、「・・・・・・・・可愛らしいわね」
としか言えませんね。
種はリンゴと同じ大きさなんでしょうか?
だったら、ホンマに食べるとこないやん!と思ったのですが。
Posted by ちほあるいははるの at 2013年11月28日 20:06
☆ちほあるいははるのさん、こんばんは。

今年はいつまでもぐずぐずと暑かったのに、その後の
季節の進み方は異様に早いですよね。
そうです、野迫川はもう冬です。
仕事にも追われていまして、庭も、家造りもさっぱり進みません。
風防室の完成は真冬になるのでしょうね。。。(笑)

ジャカランダの葉がいい香りだなんて、知らなかったのです。
メチャ、感激でした。
挿し木もできるのかな?
増やしたいです。
ちほあるいははるのさんの地域でしたら難なく露地でも育つ
のでしょうね。

クラブアップル、味わいはイッチョマエにリンゴっぽいのが笑えます。
とにかく小さい。
実と種と、どちらが多いのか、味わう前に種でした。。。
Posted by けい at 2013年11月29日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック